物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » アパレルの物流アウトソーシング・3PL会社

アパレルの
物流アウトソーシング会社・3PL企業選びのポイント

このページではアパレル物流業界の特徴を説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を紹介しています。アパレル業界にあったコスト削減&付加価値創造を実現できる、物流アウトソーシング・3PL会社を見つけましょう。

▼企業紹介はコチラ▼ 
アパレル業界の物流アウトソーシング・3PL

アパレルの物流に必要な要件

アパレルイメージ

アパレルと一口に言っても、種類は衣類から帽子、シューズ、アクセサリーまで様々です。また、一つの商品にサイズや色違いもあって、多品種商品の代表と言えるでしょう。

しかも、季節やトレンドによって売れる商品がガラリと変わりますし、商品によって素材が違うため、温度・湿度などを適切に管理する環境が求められます。さらに、特殊な流通加工も必要になってきます。

こうした一連の特性に適応し、スピーディーな納品を実現できることが、アパレルの物流の条件となります。

アパレルについての特徴 物流の良し悪しが業績に直結

販売チャンスを喪失しない物流

アパレル業界の競争は熾烈です。多様化が著しい消費者ニーズに応えるために、刻々と商品のラインナップを変えていかなければいけませんし、季節商品は店頭や販売サイトに並べる時期の見極めが必要です。

この販売機会はアパレル業界において大切な要素で、機会をうまく捉えれば売り上げは増えるし、逃せば確実に減ります。言い換えれば、消費者に絶好のタイミングで購入機会を与えることができるかどうかが業績に直結するのです。

このようなアパレルの世界において物流が担う役割は大きく、スピーディーで安定的な商品の供給が求められます。これがアパレル物流の大きな特徴と言っていいでしょう。 

販売機会を喪失しないようにするためには、バックヤードの物流には迅速性はもちろん、融通性が求められます。また、アパレル商品は多品種なだけあって、ターゲットとする客層が性別や年齢によって幅広く、デザインやカラー、サイズなどが豊富なため、物流現場ではその細かな違いを見極め、効率的かつ確実に処理していかなければなりません。

物流品質はブランドイメージも左右

また、物流品質の良し悪しは商品の売れ行きだけでなく、ブランドイメージに直結するのもアパレルの特徴です。会社のユニフォームなどを除けば、基本的にアパレルはBtoC(企業対消費者)の商売です。

それだけにブランドイメージは大切で、届けるのが遅れたり、物流作業の過程で商品に傷がついたりすると、それだけで消費者は同じブランドの商品を敬遠するようになります。

アパレル業界でよくある物流の課題

季節やトレンドによって動きが変わる

季節やトレンドによって動きが変わるアパレル物流において第一に求められるのはスピーディーな納品です。当日発着が当たり前のインターネットサイトはもちろん、店舗が販売機会を逃さないようタイムリーな品揃えをサポートする物流の迅速性は生命線です。この迅速性を確保するためには、トラック配送だけでなく、物流センターに入荷してから出荷するまでの作業を効率化することが非常に重要です。

特にアパレルは多品種商品

特にアパレルは多品種商品なので、入荷・検品から保管、送り状発行、ピッキング、流通加工、検品、包装・梱包、出荷までの流れが滞れば、消費者に届くまでのリードタイムも長くなり、信用低下を招きます。また、品質管理も大切なポイントで、段ボールだけでなく専用のハンガーに掛けて保管したり、帽子やアクセサリーなどは細かい棚ごとにピース単位の管理をするのが一般的になっています。

特殊な流通加工技術、独特な検品、細やかな対応

さらに、タグ付けやネームの付け替え、レーザー刻印、不良品の補修など特殊な流通加工技術が求められ、衣類などに縫い針などが付着していないか確かめる検針という独特の作業もあります。また、通販サイトでは積極的に返品に応じるのは普通になっているため、返品された商品を検品して再販できるか見極め、再パッケージをして販売するまでの物流も発生します。

アパレルは衣食住の一角を担い、生活するうえでは不可欠な分野です。それだけに安定した需要が望めますが、季節や流行によって荷動きの波動性が高く、緻密な物流システムを構築することが競争の激しいアパレル業界を勝ち抜くための重要課題と言えます。

アパレル業界の物流アウトソーシング選びのポイント

アパレル特化型の3PL業者も多い

アパレル物流のアウトソーシング先を選ぶ際は、これまで述べてきたような条件をどれだけ満たしているかをチェックするのがポイントとなります。アパレル物流は独特なノウハウが必要なため、アパレルに特化した3PL業者も多く、こうした業者の中から自社にあったサービスを提供してくれる業者を選択するのが近道です。

IT化やマテハン設備もチェック

その場合、選択基準としてスピーディーな納品や荷扱いの丁寧さを重視するのはもちろんですが、これに加えて物流センターのIT化も見逃せません。

最近は、商品タグにRFIDを導入したり、多品種のアパレルを迅速に、そして正確に仕分けする最新鋭のソーターを備える物流センターも増えてきました。デジタル化の度合いやマテハン設備のスペックは物流品質にも大きく影響しますから、一度、現場を視察しておくといいでしょう。

また、アパレル品は返品が多いので、返品した商品の仕分け・検品・棚入れなどの作業にどこまで対応してくれるかも確認しておく必要があります。さらに、売れ残りの商品や廃盤商品の管理が適切かどうかを見ておくことで、無駄な在庫を減らすことができます。

繰り返しになりますが、アパレルの世界では物流の良し悪しが業績に直結します。販売の最前線を後方から強力にサポートしてくれる3PL業者を選択し、末永く付き合っていきたいものです。

アパレル業界の物流アウトソーシング・3PL企業紹介Selection

申し訳ございません。現在、物流アウトソーシング・3PL企業紹介の掲載はありません。※掲載物流会社を募集中

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー