物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » 業界別 物流改善事例 » アパレル・繊維業界の物流改善事例

アパレル・繊維業界の物流改善事例

ここではアパレルや繊維業界に関しての物流改善事例をご紹介します。
改善前にどのような問題があり、環境を変えることでどのように改善されたのか等を掲載していますので、物流環境の改善を考えている方にとって参考になるはずです。

倉庫内作業の負担が台車によって改善した物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:平置きにしていたので作業が負担だった

とあるアパレル業者の物流倉庫では、床に直接段ボールを置いて保管していたとのこと。
そのため、先入先出の時には全ての段ボールを移動しなければならないなど、大きな手間、そして時間がかかっていたとのこと。また、床への直置きは段ボールや商品を傷つけてしまう恐れがあったことから、慎重な作業が求められました。結果、スタッフにとって大きな労力になってしまっていたとのこと。

改善:台車の活用で作業が容易になった!

そこで段ボールの下に積み重ね可能な台車を採用。結果、段ボールの移動がスムーズになったと共に、平置きではなく台車の上に於いての保管となったことで商品の衛生面も改善したとか。段ボールの持ち上げ作業に関しても地面からではなく、多少高さが出たことで作業員の負担も軽減されたとのこと。
さらに、台車は使用しない時には積み重ねての保管が可能なことから場所を取らずに台車を保管できるとのこと。移動だけではなく、倉庫内の掃除も楽になるなど、様々なメリットを享受しているようです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b002/

段ボールから引き出しケースに変更して作業環境が改善した物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:段ボールでの保管のおかげで時間と手間がかかっていた

とあるアパレルの物流倉庫では倉庫での商品管理は段ボールで行っていました。しかし、中身を確認する時、商品の出し入れ時、さらには棚の奥にある段ボールを取り出すときなど、作業の度に大きな負担となっていました。段ボールの重さもさることながら、関係ない段ボールまで移動しなければならないなど、作業の手間・時間共にムダがあると感じてたとのことです。

改善:引き出しケースを採用したことで時間と労力が大幅に改善

そこで導入したのが引き出し式ケースです。
透明のボックスは外から中身を確認できるので出し入れすることなくある程度中身の確認が可能になりました。また、引き出し式なので上に棚が乗っていても出し入れ可能。段ボールのようにわざわざ上の物をすべて下げる必要がありません。
また、専用カートに乗せていることで移動もフレキシブルなものとなり、配置・レイアウト変更も簡単に行えるようになったとのことです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b003/

検針前後の分類の手間がパーテーションで改善された物流事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:検針前後の分類ができなかった

とある繊維製品の保管・物流加工業者では、検針前と検針後の商品が混ざることで困っていたとのこと。倉庫内の柱の間にネットを張り付けるなど工夫を行っていたものの、商品の移動が難しい点やスペースを無駄にしているなど、効率の良い作業とは言えませんでした。特に変動する商品の在庫に対応することができずにいたとのことです

改善:パーテーションの活用で場所の問題も解決

環境改善のため、パーテーションを導入。エリアを区切ることで、検針前後の製品置き場が明確になりました。また、パーテーションにはキャスターが用意されていることから、パーテーションの位置変更も簡単に行えます。容量の変化に応じて移動を簡単に行える環境となったことで、レイアウトの自由度も高まったとのこと。
さらにはパーテーションのフレームを明るい色にしたことでパーテーションの区切りも分かりやすく、検針前後の商品だけではなく、作業員もどこでどちらの作業を行っているのか認識しやすくなったとのことです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b004/

トラックの待機時間問題がシステムによって短縮された物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:トラック着車の重複や待機時間の長さに悩んでいた

カジュアルファッション専門のチェーン店業者は、調達から物流まで一括管理しています。
国内6か所に構えた自社物流拠点では全国1,400の店舗とECサイトと連携。在庫管理から流通加工、配送まで行っていますが、荷受け業務の効率化が大きな課題だったようです。
納入量が増えると着車時間が重複してしまい、トラックの長時間待機も発生。一応はデータを取ってはいたものの、アナログなものであったことから調整策はおろか改善策も見当たらなかったとのこと。

改善:システムによって平均待機時間が20分も短縮

そこで予約システムを導入。以降、コンテナドレージやチャーター便に関しては事前予約をお願いすることになったのですが、結果、車両の平均待機時間は38分から18分に短縮。
また、予約状況に応じた庫内作業が行えるようになったとのこと。人数配置も最少人数で可能となったことから人件費の抑制にも成功。メールや電話でやり取りしていたことがすべてシステムで行われることになったことから誤入力もなくなり、予約内容と実際の作業データの一元化も可能となるなど多くのメリットが待っていたようです。


事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1819

店舗スタッフの負担を与える物流の悪さが改善した物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:在庫が全国に分散していたことから管理業務の負担が大きかった

とあるアパレル業者は在庫管理スペースが全国に分散していたことから作業の煩わしさだけではなく、コストも高まってしまっていたとのこと。また、小売店のスタッフにとって大きな負担となっていたことから、販売業務だけに集中できる環境ではなくなっていたとのこと。

改善:店舗で行っていた業務を委任することでコスト削減と効率化を実現

まず、それまで店舗で行っていた検品や検収を物流センターで行うことにしました。そして商品の保管・配送ルートも見直し。全国にある仕入れ先メーカーとの情報連携も開始。
結果、店舗スタッフの作業が軽減されることになりましたので、小売業務のみに専念することができたとのこと。また、物流がスムーズ化されたことでコスト削減も実現したとのことです。

事例の物流会社:株式会社アイビーカンパニー
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社アイビーカンパニー公式サイト
掲載ページURL:https://www.ivycompany.co.jp/case.html

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー