物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » 業界別 物流改善事例 » エネルギー、化学業界の物流改善事例

エネルギー、化学業界の物流改善事例

ここではエネルギーや化学業界に関しての物流改善事例をご紹介します。
改善前にどのような問題があり、環境を変えることでどのように改善されたのか等を掲載していますので、物流環境の改善を考えている方にとって参考になるはずです。

棚卸の負担に悩まされていた問題を改善した物流改善事例

分類:エネルギー・科学 物流改善事例

課題:棚卸で毎回在庫が合わないなど常に大きな負担を強いられていた

工業用潤滑油の輸入販売を行っていたとある業者では多くの在庫を扱っていることから棚卸の際、毎回在庫データがあっていなかったとのこと。棚卸の際には営業販売業務を中止し、かつ大人数で倉庫に足を運ぶなど手間がかかっていたとのこと。さらには在庫が合わないと思っていたものの、後日倉庫内で発見されることもあり、その場合は事後処理にも時間がかかるなど大きな負担となっていたようです。

改善:在庫管理を委託することで負担が軽減された

そこで物流管理を業者に委ねたところ、日々の在庫管理が徹底できたことでそれまでの多人数x長時間x数日間x年2回だった棚卸が1人x数時間x半日x年1回に改善されたとのこと。
また、棚卸業務の負担が軽減されたことで、営業販売にリソースを割くことが可能になったようです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:https://www.shinozaki.co.jp/%e7%af%a0%e5%b4%8e%e9%81%8b%e9%80%81%e5%80%89%e5%ba%ab%e3%81%a7%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8/%e6%94%b9%e5%96%84%e4%ba%8b%e4%be%8b/k%e7%a4%be%e6%a7%98%e6%a3%9a%e5%8d%b8/

31ヵ所あった拠点の管理ができていなかったものの集約化によって改善した物流改善事例

分類:エネルギー・科学 物流改善事例

課題:31ヵ所ある倉庫のそれぞれの状況が把握できていなかった

とある石油化学メーカーでは全国に倉庫が31ヵ所あるとのこと。そのため、管理が頓雑なだけではなく、倉庫感の移動の手間、輸送コスト、さらには長期滞留品とみられる在庫の多さなど様々な問題がありました。

改善:倉庫を3か所に集約、受付と一元管理することでおよそ20%のコスト削減に成功

まず、全国31の拠点を3か所に集約。さらに受注業務に関しては一元化。在庫・貨物配送状況をWEB上で共有可能な環境尾構築。結果、在庫の大幅削減に成功。また、業務の一元化により情報の集約も可能になった点、さらには物流のコストも20%削減を実現。それまでの複雑な納品がシンプルになったことで作業の手間も軽減されたとのことです。

事例の物流会社:丸全昭和運輸株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:丸全昭和運輸株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.maruzenshowa.co.jp/case/case01.html

在庫管理に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:エネルギー・科学 物流改善事例

課題:従量制と個数制の異なる管理体制で悩まされていた

とあるガス用の配管材料や工具等を販売していた業者は、仕入れと在庫管理は重量性でありながら販売は個数管理をしていたことから、在庫には常に誤差が生じていたとのこと。
メーカーコードを自社コードに置き換えての管理は手間がかかるだけではなく、熟練倉庫担当者がいない時には大きな労力となり、業務に支障をきたしていたとのこと。また、物流拠点が一か所しかなかったことで販売エリアに制約があるなどいくつかの問題点に悩まされていたようです。

改善:個数管理の徹底と対応表の作成で問題を解決

そこでとある業者に相談。まずはすべての商品を個数管理へと変更。さらにメーカーコード対応表を作成してもらったことで誰もがオーダーが可能な環境も構築。また、拠点を別のエリアに設けたことで営業エリアが拡大。結果、販売実績も上がったとのことです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:https://www.shinozaki.co.jp/%e7%af%a0%e5%b4%8e%e9%81%8b%e9%80%81%e5%80%89%e5%ba%ab%e3%81%a7%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8/%e6%94%b9%e5%96%84%e4%ba%8b%e4%be%8b/%e6%94%b9%e5%96%84%e4%ba%8b%e4%be%8b-s%e7%a4%be%e6%a7%98/

トラックの受付という課題をシステム化によって改善した物流改善事例

分類:エネルギー・科学 物流改善事例

課題:ドライバー同士のトラブルに発展するほど入出庫が混雑していた

とある危険物倉庫事業を展開している業者は、長距離トラックの輸送も珍しくなく、朝の受付が始まる前の時点で既にトラックが10台以上も並んでいる状況があったとのこと。
さらに、並び順が不明確なため、ドライバー同士でのトラブルが発生したり、周辺の他の倉庫の入り口を並びのトラックが塞いでしまうといった事態が発生するなど、問題に悩まされていたようです。

改善:システム導入によって庫内が整然とした

改善策を検討した結果、受付システムを導入しました。
導入後は完全にシステムだけに依存するのではなく、システムの受付順は番号制にするなど上手くアナログな部分も取り入れるなど独自に工夫。結果、ドライバー同士のトラブルもなくなり、現場が混乱することもなくなったとのことです。
また、トラックが順番に入ることから構内の安全性が高まった点もメリットとなったようです。それまでは順不同で随時トラックが入ってくることから、構内の安全性は高いとは言えない状況でしたが、入出庫がシステム化されたことで無駄な時間がへり、トラブルや混乱も減るなど現場環境の改善につながったとのこと。また、改善のためのデータも集まりやすいので、さらなる改善もイメージしやすいとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1200

バラバラだった31の拠点を統合することで改善した物流改善事例

分類:エネルギー・科学 物流改善事例

課題:31の拠点がそれぞれ独自に動いていたことで効率が悪かった

とある科学メーカーでは国内外に多くの工場を抱えていたことから組織系統にバラつきがあった模様で、効率の悪さに悩まされていたとのことです。

改善:お客様専用コントロールセンター設置でコストダウンに成功

そこでとある業者に改善の相談をすると、専用の3PLコントロールセンター設置を提案されたとのこと。
それまで個別に動いていた工場をセンターの設置によって連携。結果、グループネットワーク活用による配送コストの削減や物流拠点の統廃合による輸送ロットの大型化や輸送モードのモーダルシフトに成功。
また、管理体制の改善により物流トラブルの再発・未然防止にも役立っているとのことです。

事例の物流会社:丸全昭和運輸株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:丸全昭和運輸株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.maruzenshowa.co.jp/case/case03.html

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー