物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » 業界別 物流改善事例 » その他の分類の業界の物流改善事例

その他の分類の業界の物流改善事例

ここでは他のページでは分類できない業界・産業に関しての物流改善事例をご紹介します。
改善前にどのような問題があり、環境を変えることでどのように改善されたのか等を掲載していますので、物流環境の改善を考えている方にとって参考になるはずです。

入荷受付場所がないセンターも入荷受付サービスで問題解決

分類:その他業界 物流改善事例

課題:入荷受付場所がないセンターでどのように受付を行うのかで悩んでいた

とある物産ロジスティクス会社では、将来を見据えて新しいセンターを構築しました。幹線輸送の物流拠点として大きな役割をと考えてのものでしたが、新しいセンターでは入荷受付場所がないことが分かりました。
これまでのように予約せずに順番通りに受付をと考えた時、オペレーションそのものを変更しなければならず、大きな問題となることが予想されました。
また、事務所の人員も少ない点からシステムで解決できないかを模索していたようです。

改善:事前予約サービスで受付場所がなくても問題なし

環境改善のために事前予約サービスの導入を決定。既に他のセンターでは導入していたことから、信頼感もあったとのことです。
センターだけではなく、ドライバーや事務所、さらには倉庫内やサプライヤーなど物流に携わる人すべてに方針を伝えなければならなかったものの、理解してもらえたとのこと。
結果的に多くの人間からの同意を得てシステムを導入し、入荷受付場所がないセンターではあってもスムーズな業務を行えているとのことです。
また、ドライバー側も予約することで待機時間がほぼゼロになるメリットがあるだけではなく、庫内作業の効率化、事務所と庫内のコミュニケーションの円滑化など、様々なメリットがあったようです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu公式サイト
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1128

カゴ車では通過できない狭い通路の問題を改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:通路を通れないカゴ車の問題で悩まされていた

とある物流センターでは倉庫内の移動の際、大型のカゴ車で商品を移動していたものの、通路が狭いことから、移動の際に支障をきたすこともあったとのこと。

改善:従来よりも細長い台車を採用することで問題を解決できた

そこで新しい搬送用什器を採用。それまで利用していたカゴ車よりも細長いことから狭い通路でも移動が可能になったとのこと。また、一般的なカートと比較しても短い点が特徴であることから取り回しが良いにも関わらず、キャスターそのものは比較的大きなφ130を採用したことで移動もスムーズとのことです。事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流会社:三甲株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/sancartrack/

倉庫内での事故が頻発していたものの角当てによって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:倉庫の角当てが見にくくフォークリフトが商品を突き刺す事案が多々発生していた

角当てにクラフト色のものを使用していたものの、貨物と同系色で見分けがつきにくく、フォークリフトが商品を突き刺してしまう事案が多々起こっていて困っていたとのこと。

改善:目立つ角当てに変更したことで安全・品質管理双方が改善

そこで問題解決のためにエッジボードを採用。
虎柄や紅白柄など目立つ柄のエッジボードを角当てに採用したことで見た目ですぐに判別できるようになり、注意喚起効果の高まりから商品へのダメージが軽減されたとのこと。倉庫内の安全・品質管理双方に於いてメリットを実感できているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so42.html

作業スペースの狭さをロールスタンドによって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:作業スペースが狭く効率の悪い作業を強いられていた

新たに通販事業を始めたとある業者では、ノウハウがなかったことから作業スペースをあまり確保できなかった模様。結果、従来の倉庫の一角で作業を行わざるを得ず、緩衝材、テープといった資材を大量に使用せざるを得ないことから作業性の悪さに悩まされいたとのことです。

改善:ロールスタンドを採用したことで作業効率がアップした

そこで採用したのが緩衝材ロールスタンド。
梱包に必要な資材である緩衝材ロールスタンドのディスペンサーを配置。省スペースでの活用が可能だったことから作業性が向上したとのこと。また、梱包資材をカッターで切ることも可能なので生産性も高まり、荷物の上げ下げが減ったとのこと。年齢関係なく、スムーズな作業が実現した模様です。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so40.html

割高な旧式システムを最少システムに変えてコスト削減に成功した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:無線の費用が高くなっていた

とある海上コンテナの内陸輸送業者はそれまでGps搭載の営業無線を利用していました。しかし、無線そのものは利用していないことから位置情報取得のみを利用。すると、費用の高さがネックとなっていることに感じていました。

改善:動態管理システムによってコストが半分以下に

問題・課題解決のために動態管理システムを導入。2つのシーンで有効活用しているとのこと。
まずは配車担当による活用。次のコンテナはどれにするのかや車両の現在位置と荷主の情報を元に判断できるようになりました。
また、インランドデポでも活用しています。コンテナの置き場所次第でその後の作業動線が大きく変わってしまいますが、確認しながら効率的な作業を可能としました。
結果、コストは半分以下に収まりながらも車両の回転率は25%アップしたとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1944

ラッシングの作業性の悪さを改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:ラッシングを二人で行うので作業効率の悪さに悩んでいた

海上輸送業者はドラム缶輸送の際、作業性が悪いことに悩んでいた模様。
基本的に二人での作業となることから作業効率も悪かったことに悩まされていたようです。

改善:ベルトを採用することで一人でのラッシングが可能になった

そこで問題解決のためにとある業者に相談すると、とあるベルトを推薦されたので採用。
これにより、一人での作業が可能になったことで生産性が高まったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so77.html

スマホの限界からシステムを導入して改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:スマホではいろいろなストレスがドライバーに負担を与えていた

一般貨物と軽貨物を扱っているとある運送会社では、案件の多くがスポット運送となっていることからも、フットワークの良さが特徴。そのため、案件を受けた際に車がどこにいるのかが重要でした。
そのため、常にスマホを車に設置していたものの、スマホも安くはない点や常に電源を入れていなければならないのでドライバーとしても余計な気を使わざるを得ないなど、スムーズな作業とは程遠い環境だったようです。

改善:システムによって管理が可能になり業務量の抑制につながった

問題解決を図るべく、配送案件管理システムを導入。
リアルタイムでの軌跡が見えることから端末が外れてしまった場合、すぐにドライバーに連絡できるようになった点や速度管理も可能なのでスピードの出しすぎの抑制にもつながったとのこと。
複数の車両を一つの画面で確認できることから、案件を受けた際、どの車両に引き受けてもらうのかもわかりやすくなったとのこと。効率化をもたらし、業務量に関しては3分の2以下になっているとのこと。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/607

運送会社の人手不足をシステムによって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:依頼していた運送会社の人手不足で自社に影響が出ている

世界230の拠点で事業を展開しているとあるメーカーは、物流に関しても環境を整備していました。
とある工場では1日37台、95便を管理し、さらには毎月運行ダイヤも変更するなど、より良い環境を追求していたのですが、運送会社の人手不足から、それまで連絡を取っていた管理者さえトラックに乗るようになってしまい、問い合わせに対しての対応が遅くなっていたとのこと。

改善:動態管理システムを導入したことで自社での管理が可能となった

そこで輸送会社に頼らないトラックの動態管理をということで、動態管理システムを導入。
結果、ダイヤ変更の際の検証時間がおよそ半減。ダイヤが守られていない場合の見直し、さらには運航データの即時確認が可能となったことから、効率の良い運行も可能になったようです。
また、輸送会社に頼らないことから輸送会社や仕入れ先に対しての提案・確認も行いやすくなったとのことです。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1035

老朽化したシステムをクラウドシステムに変えて改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:自社設計システムが古くなっていた

プロダクションの機能子会社としてグループの物流を管理しているとある会社では自社システムを開発し、運用していました。
当初こそシステムを運用することでそれまでよりも効率の良い環境を構築できていたのですが、歳月と共にシステムでは対応できない点も増えていた点に悩まされていたとのことです。

改善:クラウドシステム導入によってシステム改修が不要になった

そこでクラウドタイプの新しい運行システムを導入。
すると、クラウドタイプということで新しい機能も随時追加されていき、かつ機能が多いことで設定内容の自由度も高く、決して大きくはない、およそ1日10台以下の受け入れ台数になることもあるバースでも十分に運用できるものだったようです。
自社システムをコストをかけて改修するよりもリーズナブルかつスピーディーに対応できたとのこと。また、それまではスケジュール管理のみだったシステムが商品情報取得、さらには台数や時間といった細かいデータを取得できるのでデータの振り返りが行いやすくなったと共に、他のセンターへの導入も検討しているとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1155

目視できない素材を風力選別機によって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:目視できない素材をどうすべきかで悩んでいた

とある業者は天然有機石灰の製品化のために小石や砂利、薄貝いった素材の選別作業をと思ったものの、目視での選別が不可能とのこと。効率の良い作業をと思っても、目視が不可能である以上お手上げ状態だったとのことです。

改善:風力選別機の導入によって選別精度が上昇した

そこでどうにかならないか業者に相談したところ、風力選別機を導入。
製品かを踏まえ、インバータにて制御できる風力選別機をコンベアにて一連稼働。結果、小石や砂利の選別精度が上昇したことで生産性も向上。また、製品の付加価値も高まるなど問題解決と共に様々なメリットを享受しているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so21.html

配置の悪さから生まれる作業員の負担を改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:作業環境が悪いことで作業員の負担が大きく、効率も悪かった

とある業者は倉庫内作業に於いて、作業台の高さが作業員にマッチしていないことから作業の際に負担があったとのこと。また、正確性を求める作業にも支障をきたすなど、改善策を模索していたとのこと。

改善:レイアウト等を変更したことで作業効率が改善された

そこでとある業者に相談したところ、台車の高さや位置を変更することで負担減少による作業効率改善を実現。作業者は歩数が減少したことで肉体的な負担も軽減されるなど、様々な改善効果を得られたとのことです。

事例の物流会社:パナソニック
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

パナソニックYoutube
掲載ページURL:https://www.youtube.com/watch?v=CGDkZr7O-s4

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー