物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » 業界別 物流改善事例 » 物流全般(加工、梱包等)業界の物流改善事例

物流全般(加工、梱包等)業界の物流改善事例

ここでは物流業界全般の中から加工や梱包に関しての物流改善事例をご紹介します。
改善前にどのような問題があり、環境を変えることでどのように改善されたのか等を掲載していますので、物流環境の改善を考えている方にとって参考になるはずです。

流通加工業務の
物流アウトソーシング会社
3PL企業選びのポイント

長期保管に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:長期間保管できる倉庫がないので屋外で保管できないか悩んでいた

とある倉庫では複数の大型機器の長期防錆保管を検討していたものの、保有している倉庫では保管スペースが確保できなかったので屋外での保管を検討。しかし屋外での保管は条件も悪いことから、何か良い手はないか思案していたようです。

改善:フィルムを活用することで屋外での保管に成功

そこでとある業者から推薦されたコーテック防錆材を採用。
防錆材としての性能もさることながら、耐候性の高さから悪天候も苦にせず、かつ紫外線からも守る耐UV性、さらには耐久性も保持。
フィルムで機械全体を放送した後はヒートガンにてんつ収縮加工することで、海岸付近の悪条件ではありながら数か月後の開梱では全く問題なく作動したとのこと。結果、保管費用およそ5,000万円の削減に成功したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so29.html

冷蔵環境の悩みを改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:工場内の冷気の問題で作業員が悩まされていた

とある冷凍加工業者では、常に倉庫内に冷気を放出していなければなりませんでした。そのため、冬場は労働者に大きな負担を強いており、環境改善を願う声が多々出ていたとのこと。

改善:新型のスノコを採用することで冷気だけではなく埃の問題も解決できた

そこでとある業者に相談したところ、発砲素材のスノコを提案されたので採用。
結果、冷気を抑えることに成功しただけではなく、足元の埃の付着も軽減。また、掃除しやすくなったことから配送用コンテナに異物が混入されることも防止できるなどのメリットも得られたようです。


事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/epsunoko02/

ボックスパレットの品質に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:ボックスパレットでは錆や効率の悪さ懸念されていた

大手自動車部品メーカーとの取引が決まったものの、これまで使用していたボックスパレットでは輸送効率が悪い点や、空のボックスを屋外に保存していると錆に悩まされるなど、搬送部品の品質低下などが懸念されていたとのこと。

改善:新型ボックスを採用することで悩みが解消された

そこでとある業者に相談し、新型のパレットを採用。従来の鉄型ボックスパレットよりも半分ほどの重量となったことで輸送効率がアップ。また、鉄製ではないので錆が発生せず、自動車部品の品質保持にも繋がり、取引先からの信頼を得ることに成功したようです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/conpalleter2/

ガラスの運搬に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:ガラスの運搬は作業の手間がかかっていた

ガラス輸送専用の木製ラックに関して回収と廃棄に悩まされていたとある業者。木製ラックが廃棄コンテナに入らないことから、解体しなければならなかったものの、一枚ずつ養生を行わなければならないことから解体作業に時間がかかっており、さらには重量もあることからユニックでのハンドリングに影響が出ていたとのこと。

改善:梱包を見直すことでコスト・作業効率などが改善した

そこでとある業者に相談したところ、包装材の見直しを提案されたようです。ガラスが自立・固定できる緩衝材を採用。結果、ガラスは差し込むだけになり、一人での作業も行えるようになったとのこと。また、マンパワーに頼らないことから誰が作業を行っても同じクオリティとなるなど梱包が簡略化され、さらには耐久性もアップ。廃棄もゼロになるなど様々なメリットがあったようです。
作業効率のアップだけではなく、回収費用が安くなるなどコスト面でもメリットがあったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so01.html

メーカーからの高い要求をとある製品によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:半年保管する製品の防錆をどうすべきかで悩んでいた

製品の輸送時、納入先にて保管する際、防錆保護手段が必要でした。しかもメーカーからは半年ほどの保護期間が求められていました。製品にダメージを与えないだけではなく、作業員の健康面にも配慮した防錆製品と、少々高いハードルが求められて悩んでいたようです。

改善:フィルムを併用することで長期間の防錆を実現

問題解決のためにとある業者に相談。
そこで提案されたのがコーテック防錆材でした。また、フィルムによって上部を閉じることで木製パレットを密封。こちらの防錆フィルムを使用してから2年間、一度も錆のトラブルが発生しておらず、メーカーからのニーズに応えることもできたようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so28.html

シートを突き破る家具をエッジボードで改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:家具がシートを突き破り破損が出てしまっていた

とある家具輸送業者は、家具の上下に段ボールシートを使っての梱包を行っていたとのことですが、輸送中の振動により、家具の角の部分が段ボールシートを突き破ってしまうことがあり、破損してしまうケースがあったとのこと。
お客に届けるための家具が破損してしまっては信用・責任問題にも発展しますし、破損部分が修理できない場合、家具は廃棄処分せざるを得ないなどコスト面においても大きな負担となっていました。

改善:エッジボードを使用することで破損防止が実現した

そこでとある業者に相談したところ、エッジボードを家具に合わせてカットして使用することに。展開された段ボールシートに家具を載せ、さらにはエッジボードを活用することでより強固な梱包にしたとのこと。
結果、家具へのダメージが軽減されたことでクレームが大幅に減少。また、自社の木材カット機でも活用できるので利便性も悪くない点や、PPバンドの食い込みからも保護できるなど、様々なメリットがもたらされたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so47.html

ロール品の輸送に苦慮していたものの梱包箱によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:ロール品の輸送で破損が多かった

ロール品の輸送を行っていたとある業者は、高機能ロールが輸送中に損傷してしまうことに悩まされていました。商品が傷つくことで信頼問題に響くだけではなく、保険費用も膨大なものになってしまっているとのこと。費用・信用共に悩まされており、輸送・保管効率を上げたいと考えていました。

改善:専用の梱包箱でロール紙の安全な輸送が可能になった

そこでとある業者に相談したところ、ロール品専用紙製梱包箱を案内されたとのこと。
こちらの製品は段ボールで設計されていることから原紙を収納できる一方で、800kg/本の強度を実現していることからロール紙保護も実現。また、保管スペースが従来の半分になったことで保管費用の削減が可能になり、輸送効率も30%ほどアップ。また、製品損傷の防止が可能になったことから保険費用の削減に成功。そして何より、製品が安全に納入されるようになったことから、納入先からの信頼度が高まるなど、様々なメリットが待っていたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so03.html

保管効率の悪さをポリゴンによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:フレコンバッグの状態の保管効率の悪さに悩まされていた

とある積載物をパレットに載せてフレコンバッグにて保管しているものの、荷物のすわりが悪いことで段積みができず、効率が悪かったとのこと。また、保管効率のみならず出し入れの効率も悪く、作業に支障をきたしていたとのこと。

改善:紙製梱包で補完効率がアップし、安全性も確保できた

そこでとある業者に相談したところ、グローウォール・ポリゴンを提案されたので採用。こちらはフレコンバッグの保管用紙製スリーブで、16角形であることから強度も高かったとのこと。
パレットに置いたフレコンバッグにこちらのグローウォール・ポリゴンを被せることで、2段、あるいは3段と段積みが可能になったとのこと。
また取っ手がついているので持ち運びしやすく、作業性も高まったとのことです。結果保管コストの削減につながっただけではなく、安全かつ簡単な作業も実現したようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so64.html

部品の錆びに悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:輸送時に部品が錆びてしまうことに悩んでいた

とある時計部品メーカーは保管や輸送の際、その都度防錆フィルムを使用していたものの、いくつかの部品からは錆が確認されてしまい悩んでいたとのことです。

改善:防錆材によって鉄・非鉄ともに問題を解決できた

そこでとある業者から推薦されたコーテック防錆材を使用。
すると、防錆剤の中に入っていた部品には全く錆が発生していなかったとのこと。また、鉄・非鉄に関わらずに素晴らしい結果を残したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so36.html

輸送の際の熱の問題を改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:輸送時のコンテナの内部の熱問題に悩まされていた

とある輸送業者は暑さに悩んでいた模様。
夏場の海上輸送や赤道地域への輸送する場合、コンテナ内の温度は50度にまで上昇。輸送中の製品に対しても悪影響を及ぼすケースもありました。特に飲料水や熱に弱い電子部品のダメージは相当なものだったものの、保冷設備等は輸送コスト増加になるなど採用が難しかったとのこと。特殊な設備を使うことなく改善できないかと悩んでいたようです。

改善:発砲ボードと段ボールによって熱の問題を改善

とある業者から発砲ボートと段ボールの組み合わせを提案され採用。
発砲ボードは断熱性の高さだけではなく、外部からの衝撃緩和効果もありました。また、ポリエチレン製であることから使用後は紙と分別しての廃棄も可能で、さらにはシンプルに組み立てられるなど何かと都合がよかったとのこと。
試しに使用してみたもののとても良い状況だったことから、本格的な導入を検討するに至っているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so62.html

梱包の手間とコストに悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:梱包に時間とコストがかかるなど効率の悪さに悩んでいた

とあるパーツ業者は、部品を緩衝材に包んで輸送していたことから梱包資材だけではなく作業の時間がかかる点にも悩んでいたとのこと。専用のパレットを使用していたことからこちらの制作時間、さらには廃材が増えている点など様々な悩みを抱えていたようです。

改善:とあるケースを採用することでコストも時間も軽減することに成功した

問題解決のためにとある業者に相談。
すると、とあるケースを推薦されたので採用。
こちらのケースは水濡れに強いだけではなく頑丈とのことなので雨天時の作業効率アップが実現。また、屋外保管での段積みも可能になったことからスペースの有効活用、さらには廃材量も3分の1に削減。パレットの制作や横持時間がなくなったことで作業時間は半減するなど、様々なメリットが待っていたようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so05.html

鉄道の輸送に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:鉄道の輸送で雨風による傷に悩まされていた

鉄道の海上輸送を行っていたとある業者。鉄道を雨風から守りたいと思っても、通常のシートでは破れてしまうことも珍しくなく、鉄道そのものが傷つくなど、対応に苦慮していたようです。

改善:性能の異なる二つのシートによって安全に輸送できるようになった

そこでとある業者から推薦されたラップを採用。
表面には雨や風だけではなく紫外線も防ぐ高機能シートを使用し、裏面は傷を防止できる柔らかいシートのダブル加工。これにより車体を保護しての輸送が可能となったことで、他の車両の輸送にも採用したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so82.html

パレットのコスト問題を紙パレットで改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:木のパレットを変更しようにもコストの問題で頓挫していた

物流コスト見直しに迫られていたとある業者。普段は木のパレットを使っているものの重く、かつ扱いにくい点に加えて周辺の作業員に対しての危険性も危惧。プラスチックパレットの導入を検討したものの、コストが高いので採用できないとのこと。

改善:紙パレットを採用することでコストダウンと安全性確保を実現

そこでとある業者に推薦された紙のパレットを採用。
軽量の紙ではあっても丈夫なので長期製品保管も可能で、さらには紙なので基本的に安全で、かつ木片を気にする必要がなくなったことから作業員からも高い評価を得ているとのこと。
また、プラスチックよりも安価であることからコスト削減にも繋がるなど多くのメリットが待っていたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so63.html

太陽光パネルのゴミ問題を梱包によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:太陽光パネルを梱包するゴミ問題に悩まされていた

とある太陽光パネル業者はその扱いに悩んでいたとのこと。
なぜなら、太陽光パネルは基本的に段ボールにて二枚一組で梱包されていることから、施工現場では開梱の手間、さらには段ボールの大量のゴミ問題に悩まされていたとのこと。
ゴミを片付けることができないままの設置作業は作業効率も悪いなど効率の悪さに悩まされていたようです。

改善:紙製桁材の採用でゴミ問題だけではなく作業効率まで改善された

しかしとある業者に提案された梱包を採用。紙製桁材はパネルを20枚から30枚同時に梱包が可能。パネル同士のこすれ防止のためにはコーナーパッドに角装着することで梱包だけではなく開梱時の作業も効率化。強度だけではなく、短時間であれば水滴も問題にしないこちらの素材を採用したことで開梱の手間が簡略化され作業時間の短縮に成功。
また、ゴミの量に関しては従来の10分の1まで削減できたことで環境面のアピールにもつながったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so66.html

段積みできない原反を段積みできるよう改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:段積みできない原反の積載効率が悪くて悩んでいた

タイに輸出していたとある業者は、フィルム原反を俵積みしていたものの、1パレットに10本しか積載できない効率の悪さに悩んでいたとのこと。結局は回数をこなすことになるので運賃も高くなるなど、積載問題が悩みの種だったようです。

改善:紙のパッケージで段積みを可能とし積載効率が高まった

そこでとある業者に相談した際に推薦されたフィルムロール梱包を採用。
こちらは原反を重ね積みできる紙製のケースなので1パレットに12巻積載可能になり、かつ段積みが行えるようになったことから積載効率が上昇。また、一人でも作業が行えるようになったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so65.html

盆栽の輸送で悩んでいたものの紙板材にて改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:盆栽の輸送トラブルが頻発して悩んでいた

とある盆栽輸送業者はトラブルに悩んでいました。盆栽は専門の梱包業者に依頼する必要があるものの、それでも上手く固定できずに輸送中に枝が折れるなどのトラブルが発生することが頻発。対応に苦慮していたようです。

改善:紙板材を採用することでトラブル軽減とコストダウンに成功

問題解決のために悩んでいたところ、とある業者に紙板材を勧められて採用。
紙板材はカッターでカットができることから、鉢の固定が行いやすく、様々な形の盆栽の固定化に成功。
また、自社で梱包が可能なものであることから、外注費用のカットにも成功。コストだけではなく、時間の短縮も実現するなどのメリットもあったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so67.html

大型プラントの輸出の悩みを改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:大型プラントの輸出方法で悩んでいた

大型のプラントを輸送しているとある業者は、海上輸送の際に製品を雨風から守る必要があったものの、大型製品ということで、木枠梱包が困難だったとのこと。また、ブルーシートの場合、海上輸送では破損リスク、さらには破片が海上にゴミとなって落ちてしまうリスクなどもありました。

改善:ドクターシュリンクフィルムのリパックによってコストも期日も抑制に成功

そこでとある業者に相談すると、専用のドクターシュリンクフィルムを提案され、採用。
従来の木枠と比較するとコストは10分の1。また、施工日数に関しても5分の1とコスト・期日ともに抑制に成功。また、木材と比較するとゴミも少ないことから開梱作業も楽だったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so81.html

流通加工業務の
物流アウトソーシング会社
3PL企業選びのポイント

重機の錆に悩まされていた工場が防錆剤によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:重機の錆問題に対して決定的な対策を講じることができずにいた

とある工場は沿岸部に位置していることから、重機の錆問題に悩まされていたとのこと。沿岸部という立地から、短期間でも深い錆ができるものの、対策を講じにくいことから何もできずにいたとのこと。専門業者にメンテナンスを依頼すると高額な費用となるものの、どうすればよいのか打開策を見つけられずにいたとのことです。

改善:防錆剤を使用することで自社での防錆が可能になった

そこでとある業者に相談すると、防錆剤を勧められた模様。自社での塗布が可能な防錆剤を使用したことで錆の防止が実現。錆び落とし作業が不要となった点や、塗布作業は決して難しいものではいので経験のない人間であっても作業を行えるとのこと。
また、天然成分なので危険性もなく、自社で安心して利用できる点や、屋内外を問わずに使用できることから、問題解決となったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so23.html

巨大設備の保管に迷っていたもののフィルムによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:巨大設備の保管方法について悩まされていた

とある製造業者は10m×5m×5mの巨大大型設備を製造したものの、出荷までおよそ半年の間が発生してしまう問題に直面。屋内で保管しなければならないものだったものの、ここまで大きなものを半年も保管できるだけのスペースはなく、倉庫を借りることを検討。しかし費用の高さから、解決策を見いだせずにいたようです。

改善:フィルムを採用することでコストダウンと品質保持の両方を実現

そこでとある業者に相談したところ、シュリンクシートを提案されたとのこと。
こちらは沿岸部での屋外保管にも耐えられる丈夫なものであったことから屋外での保管を実現。結果、倉庫を借りる必要がなくなりコストダウンを実現。
もちろんフィルムの破損もなく、追加コストもかからなかったとのこと。
もしも屋内に保管していた場合、何か所も移動しなければならなかったので費用も発生していた模様ですが、その費用を抑えることにも成功したようです。


事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so52.html

属人的な防錆加工をフィルムによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:防錆の塗布は作業者によってクオリティが異なりコストがかかるケースも

こちらの輸送業者は海外の工場に部品を輸送する際、防錆油を塗布していたものの、作業員によってムラができるなど属人的な作業になっていたとのこと。また、その際に錆が発生することもあり、サビ落としのために業者を呼ぶなど別のコストが発生するケースなど、様々な問題に悩まされていたようです。

改善:フィルムを使用することでクオリティの均一化と外部委託コスト削減に成功

そこで錆対策として気化性の防錆フィルムを採用。
塗布するものではなく、フィルムへと変更したことで誰が作業を行ってもクオリティに差が出ることがなくなっただけではなく、それまで使用していた防錆は塗布や脱脂、さらには洗浄が必要だったもののこれらがすべて不要になったことで手間とコストが削減。また、サビがなくなったことで錆落としの外注コストも不要となり、さらにはフィルムは目視での確認も容易になったことからミスの削減にも成功するなど、環境改善を実現したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so83.html

梱包のコスト高を梱包材変更で改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:梱包材のコストが高いので見直しを迫られていた

とある業者は紙製輸送容器に関しての見直しに迫られていたとのこと。というの段ボールパレットは構造が複雑なことから製造コストが高くなり、かつ作業者が二人は必要とのことで人件費もかかるなど、問題に悩まされていたようです。

改善:新しい梱包材のおかげでコスト削減に成功した

これらの単価を抑える方法を模索していたところ、紙製包装設計品を提案されたとのこと。
本来こちらの紙製包装設計品は寸法・重量が不揃いのものをランダムに入れる際に使用していたものとのことですが、こちらを上手く活用することでコスト削減を実現したとのこと。
特に1人でも貨物を並べられるなど、作業がおよそ半分になったことでコスト削減だけではなく梱包スピードもアップするといったメリットも確認できているようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so69.html

包装器具の問題を改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:透明性が低い容器は見栄えも悪く中身を傷つけてしまうこともあって悩んでいた

とある食品加工メーカーでは、それまで透明性が低い容器にて梱包していたものの、中身が見えない点から商品の見栄えが悪く、かつ段積み用のリブによって中にある商品を傷つけてしまうこともあったようです。

改善:透明性の高いプラスチック容器にて包装することで問題を解決

そこで小型プラスチックに変更。すると、商品の見栄えが良くなり商品の高級感の演出に成功。また、中に突起物がないことから作業性を維持しつつ、商品の品質保持にもつながったとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/sancase/

緩衝材の問題に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:段ボールカットによる隙間埋めは手間がかかり統一感もなかった

とある倉庫では資材の緩衝材として段ボールとプチプチを使用していたのですが、その都度段ボールをカットする作業が必要になる点や、統一化されたものではなく、あくまでも作業者の直感的なものなので作業者が変更すると梱包の仕様そのものまで変わってしまうことに悩んでいました。

改善:エアー緩衝材の導入で手間も軽減し誰が作業しても均一化された

そこでとある業者に相談すると、エアー緩衝材を提案されたとのこと。
採用すると、誰が作業を行ったとしてもほぼ同じ仕様となるなど作業の統一化に成功。また、段ボールのカットの手間もなくなったことから作業効率も向上。特に作業者の中には女性もいたことから、段ボールのカットのように力も不要での梱包が可能になったとのこと、さらには作業が統一化されたことで製品の見栄えも向上。結果、企業イメージのアップにもつながったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so09.html

防錆材を入れてもサビで悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:防錆材を入れているのに梱包製品が錆びてしまって困っていた

とある業者は気化性防錆フイルムを使用していたものの、製品がサビてしまって悩んでいたとのこと。シリカゲルも使用しているものの、効果があるのか不明だったことから、防錆梱包に関しての見直しを迫られていました

改善:補助剤を活用することでサビがなくなった

そこでとある業者に相談。すると、コーテック気化性防錆フィルムを提案されました。
防錆効果が高いとされているこちらの防錆フィルムの使用と共に、シリカゲルではなく気化性防錆パウダーが入っているポーチを追加したことで、内部には気化性防錆材が充満する環境となりました。
結果、製品のサビがなくなったことを確認できたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so85.html

段ボールの強度に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:段ボールが潰れることで商品価値そのものも低下することを懸念

とある輸出業者は段ボールに悩んでいたとのこと。海外へ野菜か果物を輸出すると、海上輸送では湿気に、航空輸送では結露にそれぞれ悩まされていたとのこと。結果、段ボールの旧度が損なわれてケースがつぶれやすくなり、商品にまで影響が及ぶリスクが懸念されるなど、段ボールそのものに悩んでいたようです。

改善:エッジボードの採用で段ボールが潰れなくなり商品価値の低下も減少

そこでエッジボードを採用。
エッジボードを段ボールの内側にセットすることで段ボールの強度がアップしただけではなく、段ボールの箱がずれることも抑制。箱破損のクレームが減少しただけではなく、積載率アップによって輸送コストの削減も成功。また、箱潰れが少なくなったことで荷受けしてもらいやすくなった点や商品価値の低下も減少するなど、様々なメリットが待っていたようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so50.html

梱包作業の把握ができなかったものの機器導入で1名で最終検査まで可能に

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:作業効率が悪く何をしているのかさえ把握できない

梱包作業の工数を正確に把握できていなかったのも、工数が多々あり、かつ梱包のための箱が場所を取っていることから狭い場所での作業を強いられていたとのこと。製造のために段ボールを用意すると、作業場に段ボールが山積みになってしまう状況で実際の作業コストの把握さえできない状態だったとか。
また、細かい部分を把握できていなかったがために、段ボールの箱が足りなくなってしまったとき、検査から梱包までの流れが止まってしまっていたとのことですが、この問題は日常的なものだったとのことです。

改善:機器導入によって1名体制が可能に

それまでは2名体制で行っていた最終検査が、機器の導入によって1名で可能になったとのこと。また、それまで検査と梱包合わせて1台3分少々かかっていたものが、2分台でおこなえるようになり、1日あたりおよそ1時間ほどの工数削減効果が表れたとのことです。
また、作業がよりスムーズになったことで、作業の途中で止まってしまったりといったこともなくなり、管理側も作業の工数・工程の把握が可能になったとのこと。
さらに作業場そのものがすっきりしたことから見た目も整理できた点もメリットになったようです。

事例の物流会社:株式会社トヨコン
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社トヨコン公式サイト
掲載ページURL:https://www.toyocongroup.co.jp/case-other001/

紙製のパレットで起きていた問題を改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:紙製のパレットでは輸送中に箱が壊れてしまった

様々な考えから、木製のパレットを使用せずに段ボールで発送していたとある業者。しかし、輸送中に段ボールが破損するトラブルが発生していたとのこと。パレットの使用を検討したものの、燻蒸処理、さらにはパレットをいずれ処分しなければならない費用等を踏まえると、良い答えが出なかったとのこと。

改善:様々な製品を組み合わせることで破損リスク軽減に成功

そこでとある業者に相談すると、APPAパレットを提案されたとのこと。
角はエッジボードにて補強。また、PPバンドによる結束、ストレッチフィルムを巻くことで箱全体を梱包したパレットは、強度も十分。また、人の手で持ち上げるのではなく、あくまでもフォークリフトの使用が前提となったことから製品は存立が減少したとのこと。また、APPAパレットは箱同様紙製であることから輸出先での処分も問題とならず、製品寸法に合わせたことで輸送費コストも想定内に収まったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so61.html

輸送保管効率の悪さを改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:1段しか置けないロール状の輸送保管に悩まされていた

とある業者はこれまで梱包は木のパレットに製品を直に置いていました。しかし、ロール製品の場合1段しか積めないことから輸送保管効率の悪さに悩まされていました。

改善:段ボールスリーブを採用することで2段で運べるようになった

そこでとある業者に相談したところ、段ボールスリーブ仕様を提案されたとのこと。
結果、それまで1段だったものが2段で積めるようになったとのこと。また、製品を出し入れしやすいようにとスリーブ形状も工夫することで梱包の工数も削減。
結果、輸送効率が向上しただけではなく、製品出し入れの際の作業性も向上したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so58.html

屋外での保管に悩まされていた鉄道車両をシートによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:屋外で保管する鉄道車両の保管コスト・手間がかかっていた

とある鉄同車両製造会社は、電車の車両を出荷まで保管しなければなりません。しかも出荷までは長い場合は半年程度もあり、その間屋外で保管することから赤外線、傷など劣化防止のための対策が求められました。
特注のブルーシートを被せての保管を行っていたものの、1両梱包するだけでも2日間必要で効率の悪さに悩んでいたとのこと。手間も費用もかかれば、現場は雪の多いエリアだったことから、雪の重みでシートが破れてしまうこともあったとか。さらにはそこから水が浸入するなど、効果的な手段を講じることができずに悩まされていたようです。

改善:とあるシートを採用することで屋外保管が可能となり保管費用削減に成功

そこでとある業者に相談し、耐候剤入りシュリンクシートを導入。
風雪のシート破れ・異物混入を防ぐためにフィルムを熱収縮。製品に密着させることができるこちらの製品はそれまで利用していた特注ブルーシートよりも安く、かつ最後にいたで塞ぐ必要がないので梱包時間も大幅短縮を実現。シートの破損がなくなったことから屋外での長期保管も可能となり、保管費用の大幅削減に成功したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so51.html

輸送効率の悪さを流通加工導入によってコストダウンに成功した改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:加工後の製品の収容効率が悪く輸送費用が高くなっていた

とある部品メーカーでは完成品の状態によって積載効率が変動していたとのこと。
特に最終工程に曲げ加工がある場合、どうしても積載効率が悪くなってしまっていたものの、運ばなければならないものである以上、積載効率が悪い中でも輸送しなければならず、輸送コストが高くなっていたとのこと。また、自社で加工を行っていたことから部品・製品の在庫もある程度確保しておかなければならず、在庫に関しても膨らんでいた模様。

改善:流通加工から依頼することで輸送効率が改善

そこで流通加工まで依頼することに。最終加工した商品ではなく、加工途中の形の良いものを輸送。最終工程、そして組み立て工場への輸送を依頼することで、収容数が大幅にアップ。輸送効率の向上と共に、輸送費用のコストダウンにも成功。納品先近くの依頼先のセンターを利用することでリードタイムの短縮も実現。在庫の削減にもつながるなど、様々なメリットを享受できるようになったとのことです。

事例の物流会社:大興運輸株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:大興運輸株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.taikoh.co.jp/kaizen2/

パレットの重量と釘に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:パレットから突き出た釘が荷物を突き刺したり重量から取り扱いに悩んでいた

とある業者はこれまで木製のパレットを利用していました。頑丈さに関しては問題なかったものの、突き出してしまった釘が鉄粉を入れているフレコンバッグに刺さったことからクレームが発生。また、重い木製パレットは現場も扱いにくく、大きな負担となっていたことから生産性も低下していたとのこと。しかしながらパレットのコストを上げるだけの余裕もなかったとのことです。

改善:紙製パレットによって重量を半分に実現。釘の不使用からクレームもなくなった

そこでパレットをハニカムボード(紙製)に変更。20㎜の厚さのハニカムボードを2枚貼りして強度を保持。また、トラックの荷台の汚れを想定。特に濡れていると大きな問題になりかねないことから底シートには耐水段ボールを使用。結果、木製パレットよりも半分の重量となり、かつ釘の使用をやめたことからクレームもなくなり、かつ自社の環境対策にも貢献するなど様々なメリットを享受しているようです。


事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so60.html

流通加工業務の
物流アウトソーシング会社
3PL企業選びのポイント

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー