物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » EC通販の物流アウトソーシング・3PL会社

EC通販の
通販物流アウトソーシング会社・3PL企業選びのポイント

このページではEC通販物流業界の特徴を説明したうえで、通販物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を紹介しています。EC通販物流業界にあったコスト削減&付加価値創造を実現できる物流アウトソーシング・3PL会社を見つけましょう。

▼企業紹介はコチラ▼ 
EC通販業界の通販物流アウトソーシング・3PL

▼企業紹介はコチラ▼ 
EC通販業界の通販物流アウトソーシング・3PL

EC通販が物流をアウトソーシングすべき理由とは

設備には莫大なコストがかかる

EC通販イメージ

中小企業や個人でEC(電子商取引)を行う際、通販物流をアウトソーシングするかどうかの判断は悩ましいところです。

ECにおいて通販物流を顧客サービスの一部と考えれば、自社スタッフで丁寧な作業を心掛け、顧客満足度を上げる方法もあります。

しかし、一般的にECのコア業務は商品の開発や販売、マーケティングですから、そちらにヒト・モノ・カネの資源を集中させた方が効率的と言えます。

では、アウトソーシングを選択する基準はどこにあるのでしょうか。

商品を仕入れて保管し、流通加工して梱包・出荷する場所はあるか?

判断基準のポイントはまず、商品を仕入れて保管し、流通加工して梱包・出荷する場所です。

自前の倉庫なら賃料はかかりませんが、逆にECの通販物流に使わずに別の用途に使っていれば利益を生み出す場合があります。

例えば、外部の企業に丸貸するケースです。こうした見えにくいコストを明らかにするとともに、設備もチェックする必要があります。ECで販売する量にもよりますが、ある程度のボリュームになれば、ラックなどの保管器具や倉庫管理システムなどが必要になり、単独で揃えるとすると莫大なコストがかかります。

最初からこれらの設備を備えている3PL業者に任せた方が得策ということになります。

雇用主のリスクも考慮

次のポイントは、人の部分です。自社社員やアルバイトを雇う場合は、採用コストや給与など人件費のほかに、雇用主の責任として労働基準法などを順守する義務が発生します。

これに対してアウトソーシングの場合は、倉庫内でのシステム料などは月額いくらの固定費となり、検品やピッキング・梱包、出荷などの作業は、荷物1個あたりいくらの変動費となるのが一般的です。どちらのコストが低いかはケースによって異なりますが、直接雇用の見えないリスクを考慮すると、アウトソーシングの方がトータルコストは低いのではないでしょうか。

外注を判断する際の目安として1日当たりの出荷数、入荷から出荷に至るまでの時間、倉庫スペースなどに基準を設ける方法もありますが、いずれもスタッフにどれだけの負担がかかり、単価がどうなっているかを見極めて判断する必要があります。

通販物流の品質は外注の方が有利

第3のポイントとしては品質です。前述のように通販物流を消費者サービスの一環として重視する考えがありますが、リスクも忘れてはいけません。

ECは商品が購入者のもとに直接届くため、出荷のミスがクレームにつながりやすいのです。プロの3PL業者はクレームを最小限にするノウハウを蓄積していますから、結果的にサービスレベルはアウトソーシングの方が高くなる場合がほとんどです。

また、制約の多い自社物流では、扱う商品や商圏などが限られてきますが、プロの3PLに頼めば選択肢も広がってきます。

▼企業紹介はコチラ▼ 
EC通販業界の通販物流アウトソーシング・3PL

ECの通販物流アウトソーシングには
パッケージ型定額系物流サービスとカスタム系物流サービスの2種類がある

EC通販物流の3PLサービスは、料金の設定などによって大きく2つに分かれます。

1.配送の種類や料金体系など、サービス内容があらかじめ決められている「定額系物流」

2.サービスの内容を個別にカスタマイズでき、保管・出荷し金額が荷主や案件によって変わる「カスタマイズ系物流」

の2タイプです。

料金がシンプルな定額系

定額物流の1個からの出荷が可能で、料金体系もシンプルです。個人事業者などにはありがたいサービスと言えます。

また、サービス内容が決まっているため、見積もりや個別の調整が不要で、すぐに利用できるというメリットがあります。

反面、イレギュラーな要請には対応してもらえず、臨機応変な顧客サービスが出来ないデメリットがあります。

細かな対応も可能なカスタマイズ系

カスタマイズ物流は、個別の利用者の実情に応じて臨機応変にサービス内容をアレンジするのが一番のポイントで、定額物流では不可能な細かい点まで対応してもらえるメリットがあります。

また、アレンジした仕組みで運用していくため業務効率が向上し、顧客満足度のアップも期待できます。

その反面、導入までに手間がかかるし、ランニングコストも割高になります。このため、荷物の量が少ない利用者には不利な方式と言えます。

ECの通販物流アウトソーシング選びのポイント
(パッケージ型定額系物流サービスとカスタム系物流サービス)

定額系にはオペレーションサービスもある

定額系物流は1個の出荷から対応してもらえるサービスですから、在庫数や出庫数が多くない場合は、定額系を利用した方がコスト面で有利です。

ただ、定額系は、扱う商品に一定の制約があり、サイズが大き過ぎたり、商品特性から特別の保管環境や梱包が必要な場合などは対応してもらえないことがあります。

また、トラックで配送できるエリアが限定されるケースもありますから、大量の商品を広範囲に販売したい場合は、複数の運送会社を使い分けられるカスタマイズ系の方が効率は上がり、コスト面も低くなります。

融通が利かないのが難点の定額系ですが、オプションサービスを用意している業者もあり、基本サービスとオプションを組み合わせることもできます。この場合、トータルのコストを計算し、カスタマイズ系と比較しておく必要があります。

カスタマイズ系は提案力がカギ

カスタマイズ系を選択する場合は、料金が割高になっても高い物流品質を求めるケースが多いわけですから、3PL業者との緊密な連携は不可欠になります。

自分たちの商品と類似の商品を扱っているか?

選択する基準はまず、自分たちの商品と類似の商品を扱っているかどうかです。似通った商品なら、荷扱いや保管、輸送面などで注意すべきポイントが分かるし、悩みを理解してもらいやすくなります。また、業務の引き継ぎや、外注後の意思疎通もスムーズに行われます。

プラスアルファの提案力があるか?

次のポイントは提案力です。利用者が悩みを打ち明けた場合、営業マンが真摯に耳を傾け、プラスアルファの提案をしてくるかどうか。この点をよく見極め、長く付き合っていけるかどうかを判断する必要があります。提案力がないと、トラブルが発生した場合などに有効な解決方法も提示してもらえず、物流が停滞してしまうこともあります。

営業や現場の「人」からうかがえる仕事へのスタンスは?

また、営業マンや現場責任者の人間性や仕事に取り組む姿勢も重要です。物流現場はデジタル化が進んでいるとは言え、まだまだマンパワーに頼ることの多い仕事です。社員のレベルによってサービス品質も決まってきます。

企業理念・ミッションに共感できるか?

さらに、企業理念にも目を向けておくべきでしょう。理念のない会社は発展しないと多くの経営者が口を揃えます。理念がちゃんと現場に徹底されていればサービス品質はおのずと高い水準に保たれているはずです。

EC通販業界の物流アウトソーシング・3PL企業紹介Selection

株式会社リーヴオン(LVON)【PR】

リーヴオンビルイメージ

JR山手線 西日暮里駅より徒歩5分

引用元:リーヴオン公式サイト
http://live-on13.jp/work/logistics

柔軟性高く、小回りが利く東京の物流パートナー

「できるかどうか」ではなく「やるかどうか」で難題を解決!

東京のJR西日暮里駅から徒歩5分の場所に物流センターを構える「株式会社リーヴオン(LVON)」。

他の物流会社で断られてしまったような仕事でも、問題を解決して、さらなるパフォーマンスを発揮できるよう支援しています。小回りがきき、柔軟性の高い対応が可能な物流アウトソーシング・3P事業を展開している物流会社です。

例えば出荷スピードが求められていた大手おもちゃメーカーの案件では、大手倉庫で10000件まで対応可能だったところ、リーヴオンでは25000件まで対応可能にしました。

他にも某化粧品メーカーの期間限定、短納期(入荷~出荷5営業日)、大量の商品数(20万点)の案件では、提携倉庫の3社にお断りされた内容を問題なく納期通り対応しています。

様々な難題について「できるかどうか」ではなく、「やるかやらないか」という攻めスタンスの物流アウトソーシング会社です。

株式会社リーヴオン(LVON)
に相談する

【ピックアップ特集】物流の枠を超える!
マーケティング支援から、人の集まる場所づくりまで

イノベーティブな取り組みをされている物流会社として、株式会社リーヴオンの代表取締役松永社長へ直接取材をしてきました。「この会社と付き合うことで自分たちが成長できそう」という熱い気持ちになれる物流アウトソーシング会社でした。詳細は特集記事をご覧ください。

【特集記事】物流の枠を超える!
株式会社リーヴオン(LVON)

会社名 株式会社リーヴオン(LVON)
所在地 JR山手線 西日暮里駅から徒歩5分
東京都荒川区西日暮里6丁目65-1 日本運輸倉庫(株) 東京食品事業所A棟4F
電話番号 03-6807-7022
WEB URL http://live-on13.jp/

株式会社リーヴオン(LVON)
に相談する

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー