物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » 業界別物流事情 » 物流改善事例集

物流改善事例集

医薬品業界の物流改善事例

医薬品(GDP対応)の
流通事情・物流会社の選び方

薬事法の基準に合わせた高度な設備を活用した物流事例

分類:医薬品 物流改善事例

課題:よりワンランク上の環境を求められた

よりワンランク上の設備を求めた時、小回りが効いて医療現場に近いシステム作り、そして衛生や安全面を完璧に満たしたうえでのコストダウンなど、ハイレベルなものを求めていたようです。

改善:物流コスト削減に成功

実際の医療現場の実情を踏まえたうえで、シンプル&スピーディーなシステムを構築したことでコスト削減に成功。また、医師一人一人に合わせたニーズにも応えられる環境を構築したことで、コストダウンと質の高い医療の双方を実現したとのことです。

事例の物流会社:ハマキョウレックス
当事例の詳細は下記URLページに記載されています。

事例の物流サイト:ハマキョウレックス公式サイト
掲載ページURL:https://www.hamakyorex.co.jp/case/medical/

サイズ毎に異なる医療器具の緩衝材の問題をパットの導入によって解決した事例

分類:医薬品 物流改善事例

課題:複数サイズのある医療器具の発送をスムーズにしたい

サイズが異なる医療器具の発送に関して、同じ緩衝材で行いたいとの要望があったようです。

改善:兼用パットを導入することでコスト削減を実現

大きさの異なる製品でも問題なく使用できる兼用パットを導入。結果、これまでは異なるサイズに合った形の緩衝材を必要としていたものの、兼用パットを使用することで手間が省略されるなど作業性が大幅に改善。また、同じ緩衝材を用いることで材料コストを抑えることにも成功したようです。


事例の物流会社:株式会社東北ウエノ
当事例の詳細は下記URLページに記載されています。

事例の物流サイト:株式会社東北ウエノ公式サイト
掲載ページURL:https://premium.ipros.jp/
touhokuueno/product/detail/2000483072/

限界を感じていた自前のインフラを全国に拠点を持つ外部業者に依頼することで改善した事例

分類:医薬品 物流改善事例

課題:自前のインフラでは成長に追いつけないと感じるようになった

それまで自前で倉庫を確保するなど運営を行っていたとある業者ですが、成長を遂げることで喜びを感じつつ自前のインフラに限界を感じていたとのこと。
成長すればするほど事業も複雑になっていくことから、倉庫などの物流インフラにまで手を回すことができず、従業員の満足度の低下を招くなど、成長を支える土台ともいうべき物流インフラに多くの課題を残していた

改善:安全、品質、生産性の担保ができた

とある業者に改善を依頼したところ、様々な提案をしてくれたことで抱えていた課題を改善。また、全国に拠点を持っている業者の力を活用することでコストダウンも実現。
また、需要が一時的に増える時期であっても従業員に無理をさせることなく稼働できるようになるなど、様々な点に於いて改善を実感しているとのことです。

事例の物流会社:Suzuyo
当事例の詳細は下記URLページに記載されています。

事例の物流サイト:Suzuyo公式サイト
掲載ページURL:https://medical-logi.suzuyo.co.jp/case/medline/

改正された薬機法への対応に困っていた歴史ある業者が外部に依頼することで環境等が改善された事例

分類:医薬品 物流改善事例

課題:薬機法が改正されたことで壁にぶつかった

創業から100年以上の歴史を持つとある医療機器製造業者は、ピンセットやメスなど医療現場に欠かせない医療機器を製造していました。
しかし薬機法が改正されると、医療機器業界に様々な業者が参入してきたことで競合が増えました。
そのため、老舗もこれまでにはないサービスをということで、減菌商品の導入を決定。
しかし減菌前の洗浄を行おうと思ったものの、それらのノウハウがなかったことからどうすべきなのか頭打ちで困っていたとのことです。

改善:自社のニーズを把握してスピード感を持って対応してくれた

とある業者に相談すると、スピード感を持って接してくれたとのこと。
承認申請まで1年かからなかったとのこと、また、社内ニーズの理解度も高かったことから、自社が必要としているアイテムの製造を手助けしてくれたとのことです。

事例の物流会社:Suzuyo
当事例の詳細は下記URLページに記載されています。

事例の物流サイト:Suzuyo公式サイト
掲載ページURL:https://medical-logi.suzuyo.co.jp/case/tanaka/

より高度な医療の提供を求められた医療機器メーカーが外部業者に依頼することで事業改善に成功した事例

分類:医薬品 物流改善事例

課題:より高いレベルを目指すための環境を欲していた

心臓病や糖尿病、癌、さらには慢性閉塞性肺疾患、末梢血管疾患など慢性的かつ重篤な疾患の延命・回復機器を取り扱っていたとある医療機器メーカーは、医療の進歩によって、よりハイレベルな機器を求められるようになっていました。
しかし質を重視しながら医療の提供体制にスピード感を持たせるのは至難の業。また、事業の今後の拡大等にも対応できるのかなど、不安が多々あったようです。

改善:外部の力で質の高い医療機器の提供を可能に

そこで問題解決のためにとある外部業者に相談。
一定の温度・湿度を保つ空調完備の保管環境を持つ業者であったことから、レベルの高い品質管理が実現。
また、製品の外観検査や表示検査、管理・保管など様々な医療機器製造サービスを提供していたことから、質の高い医療機器の提供の継続が可能になったとのことです。

事例の物流会社:日本ロジステックホールディングス株式会社
当事例の詳細は下記URLページに記載されています。

事例の物流サイト:日本ロジステックホールディングス株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.nippon-logistech.com/casestudy/case_supplies/

自社保有の悪立地の物流センターの悩みをセンター展開の見直しは内製化によって改善した事例

分類:医薬品 物流改善事例

課題:これまでの環境では限界を感じていた

物流センターの立地に問題があるとは思っていたものの、自社所有だからこそ何もできずにいたとある業者。物流部門に問題があるとは分かっていても、なかなか抜本的な対策を立てられずにいた中で、経営陣トップから25%のコストカットを命令されました。
すると、もはやこれまでの延長線上の対策ではなく、抜本的な対策が必要だと実感したようです。

改善:コストダウンだけではなく社内体制の抜本的な改革に成功

自社だけでは難しいと感じたこちらの企業はとある業者に相談。
すると、物流センター展開の見直しだけではなく、調達物流の内製化やアイテム数削減など様々な提言をしてくれたとのことで、抜本的な改革に着手。
コストダウンはもちろんのこと、社内体制そのものを見直すきっかけにもなったようです。

事例の物流会社:日本ロジファクトリー
当事例の詳細は下記URLページに記載されています。

事例の物流サイト:日本ロジファクトリー公式サイト
掲載ページURL:https://www.nlf.co.jp/logi/2018/02/1770/

医薬品(GDP対応)の
流通事情・物流会社の選び方

食品業界(冷蔵)の物流改善事例

食品(日配品・チルド食品等)の
流通事情・物流会社の選び方

長時間バースを占拠するトラック問題をシステム導入によって改善した物流改善事例

分類:食品(冷凍・冷蔵) 物流改善事例

課題:長時間バースを占拠するトラックに悩まされていた

とある水産物流業者は冷蔵倉庫業務を展開しています。全国にいくつかある冷蔵倉庫の一つでは、到着したトラック順に接車するシステムとなっていました。事前にシステムを通して入庫をオーダーする手はずとなっていたものの、結局はオーダーのないトラックが入場してバースを長時間占拠してしまうことも。オーダー確認ができるまでは追い返すこともできず困っていたとのこと。
実際、トラックの作業時間は1台あたりおよそ15分程度とのことだったので、長時間の占拠に頭を悩ませていました。

改善:トラックの待機時間を削減できた

状況改善のためにと新しいシステムを導入。
受付システムなど、これまでにはないシステムは、当初はドライバーさんも戸惑っていたようですが結果、倉庫内の空きベースに接車してもらうシステムは作業の開始や終了も記録。
必要なトラックのみが接車するので倉庫内も常にスムーズな作業が行われるようになったとのこと。まさに「スマート」な環境が手に入ったとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1368

輸送品の保冷品質の悩みを新型ボックスにて改善した物流改善事例

分類:食品(冷凍・冷蔵) 物流改善事例

課題:県外への輸送ではドライアイスが解ける等、保冷品質に悩んでいた

給食食品輸送業者は、それまで利用していたボックスでは県外に出荷する際、ドライアイスが溶けてしまっていたとのこと。ボックスにドライアイスを入れるだけでは県外のような長距離輸送では対応できず、悩んでいたようです

改善:新型ボックスによって保冷効果が改善。品質面での問題も解決した

とある業者に相談するとエペラン容器を提案され、採用。
すると、長時間の輸送でも保冷効果を維持できたことから品質保持に成功。また、発砲スチロールと比べると欠けたり削れたりといった問題も起きにくくなったことで保冷性だけではなく耐久性に関しても高い評価を得たとのこと。
また、輸送だけではなく保管の際のスペース削減にも役立ったとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/EPbacket/

無駄の多かった環境が予約受付システムにて環境改善した物流改善事例

分類:食品(冷凍・冷蔵) 物流改善事例

課題:バースのルールが確立されておらず待機車両が問題となっていた

とある冷凍食材物流サービスでは食品に関して輸出入手続き、通関、保管、配送の一環業務、さらには物流センター業務も請け負うなど大きな事業を展開していました。
しかし課題がいくつかあったのも事実。まず、バースの運用ルールが確立されていませんでした。そのため、空き状況が把握できず、さらには施設で待機しているドライバーへの連絡手段もなく、直接声をかけなければなりませんでした。
待機車両の増加も問題となっていました。バースに接車・受付から出庫準備。結果、作業にどうしても時間がかかってしまい、バースを長時間占拠する形になってしまうことも。他のドライバーからクレームが寄せられることがあったのも致し方ない部分でした。

改善:予約受付システムによって待機車両だけではなく全体の作業が効率化

これらの問題改善のために予約受付システムを導入。
結果、どのトラックが何時頃にやってくるのかを把握できるようになったことから庫内の事前準備がスムーズなものになりました。
また、全体的な作業の効率化が進んだことで残業時間が13%削減。前年比で50時間の減少に成功。作業そのものに余裕ができたことから、庫内作業における外装破損の削減も実現したとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1916

食品(日配品・チルド食品等)の
流通事情・物流会社の選び方

食品(常温)の物流改善事例

食品(日配品・チルド食品等)の
流通事情・物流会社の選び方

出荷量に対して追い付かなかった事務作業がシステム導入で改善された

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:増加する出荷量に対して事務作業が追い付いていなかった

とある食品企業は順調に出荷量が伸びていたとのこと。しかし、その一方で事務作業が追い付かなくなり、環境改善の検討がはじまりました。
出荷が上昇していた飲料水は夏場に需要が集中することが分かっていました。結果、トラックの長蛇の待機列ができてしまったり、それらの情報をすべてまとめる事務作業が大きな負担となっていました。特に伝搬に関してはFAX、メール等様々な方法であったことから事務員の負担も大きなもので、データ作成のためにわざわざ残業するケースも。確認作業だけでも大きな手間となっていたことで、環境改善策が叫ばれました。

改善:トラックの状況を把握することで効率改善が実現

そこでトラック予約システムを導入。
トラックの入荷は予約システムを活用してもらうことで、連絡方法が一元化。確認のためにFAXやメールを探す手間が改善されました。また、トラックがいつ入ってくるのかが分かることから庫内でも準備を行えるようになり、作業効率も改善。運送会社からの問い合わせに対しても倉庫や工場に問い合わせることなく答えることができるようになった点や、作業状況も簡単に確認できることから問い合わせそのものも減少。結果、作業効率が大幅に改善されたとのことです。


事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1123

お客からのクレームをアイディアによって改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:透明の絞り袋で見にくいことから異物混入クレームが発生

とある回転寿司業者では、絞り袋を活用してお寿司を作成していたのですが、絞り袋をカットした際、先端部の切れ端が商品に混入してしまい、かつ透明で探しにくいことから異物混入した状態のお寿司をお客に出してしまい、クレームが発生したとのこと。

改善:先端を着色することで視認性向上をもたらし、クレームがなくなった

問題解決のためにとある業者に相談したところ、絞り袋の先端を青に着色。すし店では青い食材。料理が少ないことから、先端が商品に混入した際に目視で簡単に確認できるようになったとのこと。
結果、時間の短縮やクレーム発生がなくなるなど様々なメリットがあったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so10.html

新しい環境に合う物流形態を模索して改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:新しい環境を導入することから物流形態を模索していた

とある食品メーカーは新しいセントラルキッチンの設置を控えていました。そのため、それまでとは異なる物流形態を考えていたとのこと。その際に考えたのが女性が多い点。女性従業員の比率が多いことから、女性でも扱える形を模索していたようです。

改善:同じ容量でありながら17%の重量の軽量ボックスによって作業効率アップを実現

そこでとある業者に相談した際に推薦された軽量ボックスを採用。
同じ容量のボックスと比較してもおよそ2割程度の重量の軽量ボックスとあって女性でも作業しやすく、作業効率の向上に成功。また、温度管理にも長けていたことから食材の品質維持も実現したとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/epbox03/

さらなる効率化に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:効率的に運営していると思っていた倉庫がさらなる効率化を求められてに悩んでいた

とある食品製造業者は効率化の一環として、工場内には常に必要最低限の在庫しか保有しておりませんでしたが、さらなる効率化のための方法に悩まされていたとのこと。

改善:JITシステムを導入することで問題を解決

そこでとある業者と連携。必要なものを必要な時に必要なだけ提供できるシステム、「JIT」を採用することで、配送時間の短縮など生産の効率化がもたらされたとのことです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ

ミス連発だったアナログのピッキングをデジタルピッキングで改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:アナログ作業のピッキングは手間も時間もかかってミスも多かった

160店舗以上の外食チェーンを展開しているこちらの企業では、事業の成長と共に、全国に食材を配送する物流センターにおいて、課題が多々でていたとのこと。
各店舗から発注された食材を配送するシステムは、従業員が店舗からの注文を手作業でピッキングし、配送。紙のリストを見ながらのアナログ作業だったことからミスが多かった模様。ミスはコストがかかるだけではなく、お店に食材が届かなければ仕事そのものも円滑に回りません。
また、物流センターのスタッフは多くがパートタイム。日本語が読めない外国人労働者には紙のリストでのピッキングを頼むことができず、日本人スタッフのみに任せることしかできないのでリソースの効率化とは程遠い状態だったようです。
もちろんこれまでも作業体制の改善を試みたものの、かえってミスや手間が増えてしまうなど、思ったような効果が表れず、問題解決の糸口が見いだせなかったとのことです。

改善:デジタルピッキングシステムでミスの減少とコストダウンを実現

環境改善のためにデジタルピッキングシステムを導入すると、仕分けミスが減少。また、それまでの作業時間の短縮も実現したことで、作業スタッフの削減に成功。
また、システム化された作業は外国人労働者等、日本語が読めないスタッフでも正確な作業を可能にしたことから、求人の際の作業の簡易性がアピールできるとのこと。結果、人材確保もスムーズとなり、かつ誰もがシステムの下で即戦力として活躍できる環境の構築に成功。
また、システム導入にあたっての初期投資は人件費ですぐにペイできたとのことです。

事例の物流会社:富士電機株式会社

当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:富士電機株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.fujielectric.co.jp/
products/logistics/case/case04/

車両の待機時間の長さと効率の悪さがシステムによって改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:待機時間の長さに悩んでいた

食品・外食物流の輸配送・在庫管理を行っているとある会社では、配送品質から管理品質まですべて自社管理でした。
そんなこちらの会社ですが、トラックの待機時間の長さによる効率の悪さが問題となっていたとのこと。
待機時間は平均で1時間ほど。長い場合には2時間半に及ぶこともあったようです。しかしその間列がいつ動くか分からないことからドライバーはその場を離れることもできませんでした。
また、軽トラックであれば入れるバースが開いていても、その次に並んでいるのが大型トラックの場合、入れてしまうと次がつまることから何もできないケースも。結果、入荷時間が長引いてしまうことが珍しくない、効率の悪い環境となってしまっていたようです。

改善:予約システムによって効率化が実現

上記問題の解決のために予約受付システムを導入。
バース稼働状況の確認、ドライバーの呼び出し機能など同社が求めるものが揃っていたとのこと。
結果、到着順ではなく車種・荷物の種類に合わせたバース運用が可能となるなど、一歩先を読んだ作業が可能になったとのこと、結果、業務時間を2時間削減。庫内作業に関しても繁忙期以外は削減されているとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/775

中間業者が多数いたことでコストがかかっていた問題が見直しで改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:メーカーとお客の間に多くの業者が入っていたのでコストも手間もかかっていた

とある食品メーカーでは間に多くの業者が入っていました。充填業者や資材業者、加工会社、外注加工所。これらに加えて配車センターや物流センター。手間も多く、コストもかかっていたことに悩まされていたようです。

改善:抜本的な見直しにより流れが改善した

そこでとある業者に相談。
物流・商流をまずは一度見直すことで、簡素な流れが出来上がりました。加工会社、外注加工所、配車センターに関してはカットもできましたので、コストダウンはもちろんですが、簡素な流れとなったことで対応力も早まったとのことです。

事例の物流会社:トーエイ物流株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:トーエイ物流株式会社公式サイト
掲載ページURL:http://www.toei-logistics.co.jp/jirei/food.html

自社で把握できていなかった配送状況をシステムによって改善した物流改善事例

分類:食品・外食 物流改善事例

課題:依頼した運送業者の状況が把握できなかった

給食など業務用食品を卸しているこちらの企業では荷主だけに任せるのではなく、会社としても物流状況を把握したいと考えていました。というのも、とある大雪によって配送状況が大きく乱れてしまったと共に、状況の把握だけでも時間がかかってしまったとのこと。
依頼している物流会社やドライバーに連絡を入れても電話そのものがつながらなかったことから、状況把握が困難な点に加え、会社が把握していない中で既に荷物が届けられていた案件もあったとのことで、物流業者だけに任せるのではなく、自社でもある程度状況を把握しておきたいとの思いがあったようです。

改善:システムを導入したことで運送状況を把握できた

様々なプランから動態管理システムを導入。
結果、配送状況を正確に把握できることとなり、一日およそ200件ほど寄せられる問い合わせの中でも配送に関するものであればすぐにでも回答が可能になったとのこと。
これにより、問い合わせ対応時間の減少だけではなく、災害時にもどのような配送状況となっているのかを把握できることとなり、配送先の満足度が向上したとのことです。
事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1074

食品(日配品・チルド食品等)の
流通事情・物流会社の選び方

自動車・機械業界の物流改善事例

自動車部品・機械の
流通事情・物流会社の選び方

非効率化が顕著になってきた現場を体制切り替えで改善した事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:効率的な物流システムが時間と共にかえって非効率に

とある自動制御機器メーカーでは積載効率向上など作業の効率化を求めて全国16ヵ所に分散している工場からまずは一度、一か所の配送センターに集約し、効率よく荷物を積載して配送・出荷する環境を整えました。
しかし、逆走が発生したりリードタイムが増えるなど、むしろ非効率化が顕著になってきたとのこと。良かれと思って構築した環境が悪くなっているという状態に悩んでいたとのことです。

改善:体制の切り替え・見直しでコスト削減に成功

様々なデータを見直すと、大口ユーザーが立地する一部都府県に出荷が集中しており、かつ出荷の上位10%にあたる700社に関してはほぼ毎日配送していることが分かりましたが、一方で取引先の半数以上にあたる3,000社以上とは一か月に一度程度しか配送していないことも分かりました。さらに、逆走が物流・配送コストを高めていることも確認。
これらの改善のため配送環境を見直しに着手。まずは製品を配送センターではなく、工場から直接顧客に送るシステムを構築。また、大口顧客が集中するエリアに倉庫を移転することでコストを抑えた配送業務を可能にしました。
結果、物流トータルコスト12%の削減に成功。また、配送所要日数が減った工場も確認されています。

事例の物流会社:株式会社日通総合研究所

当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社日通総合研究所公式サイト
掲載ページURL:https://www.nittsu-soken.co.jp/consulting/case-09

防錆材の油の悩みを水溶性防錆材によって改善した物流改善事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:防錆材の油の染み込みを危惧していた

自動車製品を海外に輸送していたとある企業は、油まみれの部品から油が垂れてしまい、梱包箱にしみこむ危険性を危惧していたとのこと。しかし防錆は重要なことなので、防錆油を使わない防錆対策を模索していたとのこと。

改善:水溶性の防錆材を採用することで問題を解決

そこで採用したのが水溶性の防錆材。主成分が大豆ということで安心感があり、かつ乾燥後の脱脂・洗浄も不要。こちらを採用したことで乾燥後もベタついておらず、作業がしやすいとのこと。
また、脱脂と洗浄の手間が省略された点やパーツに合わせて塗り方を選べることから使用範囲も増え、さらには希釈して廃棄できることから運用面に於いても負担が軽減するなど、問題点の改善だけではなく様々なメリットも享受しているとのことです。事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so84.html

倉庫の品質低下問題を拠点移動とシステム導入によって改善した物流改善事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:震災の影響で倉庫の品質が低下していた

とある自動車用品販売業者は拠点が東北に集中していたことから、東日本大震災の際、多くの拠点がダメージを受けたとのこと。結果、その後の販売展開に影響が出ただけではなく、倉庫の品質・在庫精度がていか。結果、荷主が自ら棚卸だけではなく品質調査に立ち会うケースもあったとのこと。

改善:拠点移動とシステム導入によって問題を解決

そこでとある業者に相談したところ、まずは拠点を移動。これにより、販売網が拡大されたとのことです。また、在庫管理システムを導入したことで荷主がわざわざ棚卸をすることもなくなっただけではなく、倉庫内の衛生管理への配慮も行き届くようになったことから倉庫内の保管制度も上昇するなど、抱えていた問題を改善できたとのことです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ

作業効率の悪さをピッキングの見直しにて改善した事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:トータルピッキングの作業効率が悪かった

とあるコンピューターパーツセンターは大口顧客への配送が多かったことから、トータルピッキングを採用していました。
しかし、出荷時には仕分けスペースが商品であふれるなど、作業効率が悪く、人・時間ともにかつ大きなリソースが割かれていました。一方で、多くの人員が投入されているものの、作業の指示を待っているスタッフも多かったようで、これらの課題をどのように解決するのかで悩んでいたとのことです。

改善:ピッキング型式の変更によりコスト削減に成功

仕向地や出荷量、顧客別配送日等を分析した結果、大口顧客だけではなく、piece単位での出荷も全体の2割を占めていることが分かりました。仕分けスペースにてpiece単位の製品までピッキングしていることから作業効率の悪化だけではなく、ミスを招いていることも判明。
そこでトータルピッキングではなく、オーダーピッキングへと変更。また、ピッキング方式の変更から倉庫内商品のレイアウトを変更。それまで行われていた仕分けエリアでの商品探しをできる限り減らし、作業時間の短縮など効率化を実現。
結果、仕分け作業効率が実現。パート・アルバイト等の人員削減に成功しただけではなく、誤出荷トータルコストで10%の削減に成功しました。

事例の物流会社:株式会社日通総合研究所

当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社日通総合研究所公式公式サイト
掲載ページURL:https://www.nittsu-soken.co.jp/consulting/case-07

物流コスト高騰を拠点集約でコスト削減に成功した改善事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:物流コスト高騰に対応できていなかった

部品メーカーから全国各地に用意されている物流拠点に保管し、さらにユーザーに配送するシステムを構築していたとあるメーカー。
しかし人件費や燃料費といった物流コストの高騰に加え、在庫が過剰傾向に。いろいろとムダがあるように感じているものの、そもそも具体的にどの部分に問題があるのかが良く分からずにそのまま業務を行っていた模様。
改めてチェックしてみると、各拠点からの仕向地が重複していたり、一日に同じ仕向地に出庫しているケースもあるなど、それぞれの拠点が独自に発注を行い、在庫を確保していたことからグループ全体でみると余剰在庫となっていたとのこと。一方で、特定ユーザーからの大量発注ニーズもあるため、ある程度の在庫も致し方ないと諦めていたようです。

改善:物流網を見直すことで物流コスト削減に成功

何が問題なのかよく分からないとのことなので、とにかく徹底的に環境を見直し。
まずは共同配送を行うことで効率化を実現。貸し切り配送車両を活用し、合わせ積みを実践。また、共同配送が可能な物・エリアは共同配送を徹底するなど、共同配送システムを再構築。
結果、運賃の削減に成功しただけではなく、CO2も28%削減に成功するなど環境面へのアピールにもつながったようです。
また、今後は運送面だけではなく、荷役作業や物流センターベースの圧縮・効率化を行うことでさらなるコストダウンを目指せる環境が整えられたようです。

事例の物流会社:株式会社日通総合研究所

当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社日通総合研究所公式サイト
掲載ページURL:https://www.nittsu-soken.co.jp/consulting/case-10

輸送コストの高さを配送管理業者に依頼することで改善した物流改善事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:一つの製品にかかる輸送コストに悩んでいた

とある部品メーカーでは、お客からの要望に対して荷物を手配・運送していました。
自社トラック、あるいは貸し切り契約での輸送にて対応していたものの、物量にかかわらずにコストが発生している点に悩んでいたとのこと。特に複数の取引先に納品すると、運行時間も長くなることからコストアップの要因となっていたようです。

改善:配送管理を委託してコストダウンに成功

物流改善のために配送管理を依頼。予め決められている納入ダイヤに従うことになるので、時間を合わせて集荷・配送となりました。結果、輸送コストの減少はもちろんですが、輸送費の透明化も可能になったとのこと。
以前は積載量がトラックの30%程度ではあっても「1台」としてカウントしていたものの、依頼後は荷物の量によるコストとなったことや時間ではなく、あくまでも量に対しての費用となったことで輸送費用の軽減につながったとのことです。

事例の物流会社:大興運輸株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:大興運輸株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.taikoh.co.jp/kaizen1/

別々の倉庫使用によるコスト高を一元化することによって改善した物流改善事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:同じ商流ながら独自契約した倉庫だったので費用がムダだと感じていた

とある自動車業者では、同じ商流でありながら独自に契約した倉庫を使用していたとのこと。これらのコストが無駄になっていたと感じていたことから、何とか合理化できないかと模索していたようです。

改善:合理化によってコストダウンが実現した

そこでとある業者に相談。同じ業界であることから、仕入れや販社の商流を一元化することによる、物流合理化が改善されました。
また、同業種を同じセンターにて運営することになったので商品横持費用や庫内管理費用の削減を実現。また、情報の簡素化や責任所在の明確化といったメリットも享受できたとのことです。

事例の物流会社:トーエイ物流株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:トーエイ物流株式会社公式サイト
掲載ページURL:http://www.toei-logistics.co.jp/jirei/car.html

国内外各地に構えた拠点の独自進行を一元化することで改善した物流改善事例

分類:自動車部品・機械部品 物流改善事例

課題:国内外の拠点が独自に動くので情報把握が困難でコストも高くなっていた

とあるオートパーツメーカーは国内だけではなく海外にも拠点を構えていました。しかし、複数あることから各種指示業務が困難になっており、物流会社間の調整も複雑で、貨物の状況紹介も複数の会社を通さなければ把握できない状況。請求業務を含め、情報の一元管理ができていませんでした。結果、物流コストが高くなっていたとのことです。

改善:一元化したことでコストダウンや物流サービス向上を実現

そこでとある業者に相談。
国内・海外共に窓口を一元化することで物流と情報の一元管理環境を構築。また、海外トレーシングシステムなどはオートパーツ専用の物流システムを構築しました。
結果、物流リードタイムの短縮によるコストや管理コストの削減に成功。グループ企業に於いて様々な一元化が可能となったことから物流サービスの向上も実現したとのことです。

自動車部品・機械の
流通事情・物流会社の選び方

精密機器業界の物流改善事例

精密機械の
流通事情・物流会社の選び方

防錆に悩まされていたもののとある防錆材によって改善した物流改善事例

分類:精密機器・コンピューター 物流改善事例

課題:F1で利用する精密部品なので少しの錆も許されない完璧な防錆性能が求められていた

とある業者はF1レースで使用するレースマシンのエンジン部品の防錆に関して悩んでいたとのこと。マシンが搭載するエンジンの保管期間は決して長くはないものの、F1という大きな舞台で使用するエンジンとあって多少の錆も許されませんでした。まさに「完璧」な状態での保護が求められていたので悩んでいたとのこと。

改善:コーテック防錆材によって完璧な防錆を実現すると共にメカニックの負担も軽減

そこでとある業者に相談したところ、コーテック防錆材を提案され、使用したようです。
すると、部品を完璧に錆から保護できる一方で開封後はすぐにエンジン部品として使用できるのでメカニックの負担も軽減。また、思ったよりも頑丈だったとのことで、長期間の製品保管にも活用しているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so27.html

120kgの重量台車のコストを改善した物流改善事例

分類:精密機器・コンピューター 物流改善事例

課題:120kgある重量台車の輸送コストに悩まされていた

とある機器メーカーは航空貨物も活用していたのですが、空の状態でさえ120kgの重量もある金属製台車に悩まされていたとのこと。特に帰りに関しては荷物が入っていない状態でさえそれなりのコストを取られたり、さらに重量であることから荷役作業が難しいなどの問題を抱えていたとのこと。

改善:軽量化により年間数千万円の輸送費削減に成功

そこで金属製の台車からプラスチック製のカゴに変更。
強度面を考え一部金属のままではありますが、大部分をプラスチックに変更することでそれまでの重量のおよそ半分の軽量化に成功。結果、年間数千万円ほどの輸送費削減に成功したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so06.html

精密機械の
流通事情・物流会社の選び方

農産物業界の物流改善事例

無人搬送車の導入で省人・省力化に成功

分類:農業・農産物 物流改善事例

課題:省力化を検討していたものの場所が狭いので設備導入が難しい

とある野菜を扱う倉庫では、下処理後の野菜をコンテナに入れ、パレットに積んでいました。
しかし、フォークリフトを必要としたことでフォークリフト免許保持者のみしか作業ができませんでした。また、コンテナの大きさが通路とほぼ同じものであったことから、コンテナが通路を塞いでしまい、作業効率も悪かったとのこと。省人化・省力化を考えようにも決して広くはない場所であったことから、大きな環境改善も行えずに悩んでいたようです。

改善:無人搬送車で感興を変えずに省人化に成功

改善のためにと無人搬送車を導入。
すると、それまでフォークリフトで行っていた作業も行えるようになったのでフォークリフト免許保持者がいなくとも作業が可能になりました。また、無人搬送車は決して大きくはないので狭い通路でも活用が可能だったとのこと。結果、倉庫環境に手を加えることなく、既存の環境のまま無人搬送車の運用が可能になったようです。
また、無人搬送車は扱いがとても簡単で、誰でも簡単にセットできる点などもポイント。ちなみにこちらの無人搬送車はメンテナンスも簡単で、かつ導入の手間もほとんどかからなかったとのことです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b001/

輸送方法に悩んでいた農家が改善した物流改善事例

分類:農業・農産物 物流改善事例

課題:輸送に適したパッケージが見つからずに悩んでいた

とある農家ではキャベツの出荷の際、サイズに見合ったパッケージを探していたものの、なかなか良いものが見つからずに悩んでいたとのこと。特に長距離輸送もあることから、良い状態を保つのはもちろんのこと、パッケージを持って作業することもあるので作業効率も求められていたとのこと。

改善:新規開発された新型オリコンを採用したことで輸送だけではなく作業効率も高まった

そこでとある業者に相談したところ、新型のオリコンを開発してくれたとのこと。
ワンタッチでの折り畳みが可能なことから作業効率の向上に成功。また、輸送時の振動にも強い作りとなったことから安全に品質保持のもとでの輸送が可能になったとのことです。

事例の物流サイト:事例の物流会社:三甲株式会社公式サイト
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

三甲株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/oricon05/

選果場まで運んでいた木箱問題を改善した物流改善事例

分類:農業・農産物 物流改善事例

課題:選果場まで運んでいた木箱は腐食や破損などトラブルが多くて悩まされていた

とある農家は農場から選果場までの輸送で悩んでいました。
それまで使用していた木製の箱は破損は腐食トラブルが多く、生産品を扱うには相応しくないと悩んでいたとのこと。また、使い勝手の悪さにも悩まされていたので改善を考えていたとのこと。

改善:木製からプラスチック製に変更したことで問題を解決

そこでとある業者に相談したところ、プラスチック製のメッシュボックスを採用。
底面がメッシュとなっていることから穴から土が落ち、鮮度を保てるなど機能性はもちろんですが、安定した段積み、管理・作業効率のアップ、さらにはそれまでのように腐食リスクがない点など様々なメリットが待っていたとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/tamacon/

使えなくなったシステムに変わる動態管理システムによって工数削減となった物流改善事例

分類:農業・農産物 物流改善事例

課題:高額な自社システムが使えなくなってしまった

東北のとある県内の農産物を集荷し、首都圏まで輸送する業務を行っているとある運送業者。それまで利用していた動態管理システムが通信回線網廃止によって利用できなくなってしまったようです。
そこで新しいサービスの導入を検討していたとのこと。実は以前のシステムは行政からの支援を受けて導入していたことから、総額で1,000万円以上かかっていたとのこと。再びそのようなシステムを自社で構築するのは難しいと考えていたものの、一方では業務の効率化というテーマもありました。

改善:安いシステムではありながら以前よりも勝手の良いシステムになった

上記問題の解決のために、新しい動態管理システムを導入。
コスト、さらには自社開発システムとのデータ連携が可能だった点から選んだとのことですが、運行管理者はドライバーの現在位置をリアルタイムで把握できることから天候や渋滞による道路状況の確認が可能になりました。
また、荷待時間・荷役作業時間の把握にも役立っているとのこと。
結果、運行管理の工数は30%ほど減少。また、運行管理者とドライバー双方のストレス削減にも役立っているとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/2037

輸出の段ボールの結露の悩みを改善した物流改善事例

分類:農業・農産物 物流改善事例

課題:輸出する段ボールに結露が発生して箱潰れ・荷崩れを起こしていた

とある農産物の輸出梱包業者は果物が入っている段ボールをストレッチフィルムで梱包して輸送していたのですが、輸送中に湿気がこもってしまい、結露が発生した。
段ボールが傷み、箱が潰れることで荷崩れが発生するなど運搬時の梱包に悩んでいたとのこと。

改善:ストレッチフィルムからエッジボードを採用することで結露が発生しなくなった

そこでとある業者の提案であるエッジボードを採用。
紙製であることから海外でも簡単に廃棄できるなど環境面に対してのアピールもばっちり。また、段ボールの中にセットするだけで、段ボール全体を覆うものではないので結露も発生せず、かつ段ボールも傷まないので荷崩れ・箱潰れの防止にも役立ったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so79.html

建築・建材・住宅業界の物流改善事例

建築・建材業界の
流通事情・物流会社の選び方

膨大な手間に悩んでいたものの丸投げすることで改善した物流改善事例

分類:住宅・設備・建築・建設 物流改善事例

課題:全国同時に配送しなければならないので手間がかかっていた

とある住宅設備メーカーでは目玉となる新製品の販売は全国の販売店に同時に配達したいとのこと。しかし、大量の荷物を全国各地に同時に運ぶとなれば費用だけではなく、配送手配や到着確認などコスト以外の部分での手間も膨大なものになったいたとのことで、環境の悪さに悩まされていたとのことです。

改善:一貫して任せることで手間を最小限にして配送業務を行えた

そこでとある業者に改善を依頼。
5トンコンテナをメインに設定し、使用できる輸送手段を総動員。また、到着確認はすべて輸送業者側が行うことで依頼主の手間を最小限に。結果、遅配などのトラブルは一件も確認されずに商品配送を完遂できたとのことです。

事例の物流会社:株式会社ニッソー公式サイト
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社ニッソー公式サイト
掲載ページURL:http://nisso-com.co.jp/case/

建築・建材業界の
流通事情・物流会社の選び方

家電・AV機器業界の物流改善事例

家電・AV機器業の
流通事情・物流会社の選び方

電気製品基盤の錆問題を梱包によって改善した物流改善事例

分類:電気製品・家電機器 物流改善事例

課題:電気製品の基盤に錆が発生して困っていた

電気製品基盤を輸送していたとある業者では、輸送先が保管する際、錆が発生することケースもあり、困っていたとのこと。

改善:梱包を変えたことで錆の改善だけではなく作業効率まで向上した

そこでパーツトレー梱包を採用。梱包・悔恨の手間を軽減できるパーツトレーは部品サイズに合わせての作成が可能なことから現場でも組み立てられました。
また、気化性防錆材が練りこまれている熱収縮フィルムと組み合わせた結果、輸送だけではなく長期保管時も錆防止となった模様。また、錆だけではなく荷崩れや埃の侵入も防止できたとのこと。1パレットで1,000個近い基盤を錆から守ることができたので、それまでの手間が大幅に削減された点に加え、製品が区切られていることから取り出しやすくなったことによる作業効率向上も実現したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so68.html

人的ミスをシステム化で改善した物流改善事例

分類:電気製品・家電機器 物流改善事例

課題:ペーパー目視確認で時間がかかりミスも多かった

常時3,000部品の入出庫作業が行われているこちらの工場では、それまですべての入出庫リストを帳票や目視確認していたとのこと。
確認ミス、取違いの発生も多々あり、それらの防止のための作業にも時間がかかっていました。
また、ピッキング作業に関しては誰もが作業を行える一方で、個人差があったことから特定のマンパワーに依存しないシステム作りの必要性も実感していたとのこと。
ベテランスタッフはミスも少なく、作業もスピーディーですが新人はそうはいきません。紙を確認しながらのピッキングは時間もかかり、一人前に育成することも困難だったようです。
これらのペーパーレス化を含め、在庫管理制度の向上等、作業環境に多々課題があったようです。

改善:タブレットピッキングシステムで作業効率化が実現

タブレットピッキングシステムを導入したことで様々な部分のデータ網の構築が可能になったことで、アナログ作業がデータ化されました。
例えば生産管理システムから入出庫予定データの抽出が可能となり、作業終了後は作業データタブレットから作業データを帳票や紙のコストカット、さらには作業効率アップを実現したようです。
特にピッキング作業に関してはこれまでは目視のみの確認でしたが、導入されたウェアラブル端末+タブレットによる視覚だけではなく体感での確認も可能となったようです。
それまでベテランスタッフのみが行っていた作業を誰もが行えるようになるなど、一定の効果が確認できたようです。

事例の物流会社:富士電機株式会社

当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:富士電機株式会社公式サイト
公式サイト掲載ページURL:https://www.fujielectric.co.jp
/products/logistics/case/case03/

防錆対策に手間取っていたものの防錆材によって改善した物流改善事例

分類:電気製品・家電機器 物流改善事例

課題:防錆対策に時間と手間がかかっていた

とある業者は大型機器を補完する前には塗装とグリースによって防錆保護を行っていたものの、機器を使用する際にはそれらを除去しなければならず、手間がかかっていることに悩んでいたとのこと。

改善:防錆材によって作業効率と長期保存が実現した

そこで防錆材を採用。防錆フィルムと防錆のクッション性能を持つフォームパッドによって大型機器を梱包。
結果、防錆成分が気化・拡散することで防錆保護層を金属表面に形成。錆びの発生を防ぐと共に、梱包するだけで出荷できる点や開梱後すぐに製品の仕様が可能になったとのこと。また、前処理や洗浄の手間が省略可・簡略化されたことで作業時間・コスト共に削減に成功し、今まで以上の長期的な防錆保管環境が実現したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so37.html

急な変化に対応できなかったものの見直しによって改善した物流改善事例

分類:電気製品・家電機器 物流改善事例

課題:急に商品が動くようになり作業効率の悪さが目立つようになっていた

急に商品の出荷が増えてきたことで梱包で使用する資材を発注しなければならなくなったり、作業効率の悪さが目立つようになってきたり、在庫切れの不安も顕在化しているなど、それまでとは異なる環境に戸惑いを覚えつつあったとある業者。

改善:発注ロットの見直し等によって作業効率の改善に成功

そこでとある業者に改善策を相談したところ、まずは箱に関して需要に基いて発注ロットを見直し。また、別注のテープを作成することで交換の手間も削減できました。結果、商品の交換頻度が減少したことで作業効率がアップしたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so39.html

長尺物の輸送に困っていたものの改善した物流改善事例

分類:電気製品・家電機器 物流改善事例

課題:長尺物の輸送のための緩衝材が多く手間もコストもかかっていた

長尺物の輸送の際、気泡緩衝材を使用していたとある業者。輸送中の破損・損傷を防ぐために丁重に梱包せざるを得ないため、作業時間はもちろんのことコストもかかっていて悩んでいた模様。

無計画で対処できなかったトラック待機問題をシステム導入によって改善した物流改善事例

分類:電気製品・家電機器 物流改善事例

課題:計画がないのでトラックの待機時間が長くなっていた

とある倉庫業者では家電業界を中心に3PLビジネスを行っていましたが、ニーズの拡大に伴い、玩具や雑貨、食品など様々な品目を扱うようになったとのこと。
そのため、一日100台以上のトラックが入庫することも珍しくなかったものの、荷積み作業計画もなくトラックが到着した順番に荷積みを行っていたとのこと。また、ピッキングはあくまでもピッキング作業として別で行っていたことから、トラックを待機させてしまうケースもあり、問題意識は持っていたものの、改善までには至っていなかったとか。
しかし、運送会社との料金交渉に於いて待機を理由に値上げを要求されたことなどから、改善に本格的に取り組み、まずは自社でエクセル管理を行った模様。多少の効果はあったとのことですが、それでもアナログ作業には限界があったことから改善策を考えていたようです。

改善:システム導入によりトラック待機時間を4割削減に成功

改善の切り札としてシステムを導入したとのこと。
すると、悩まされていたトラックの待機時間がゼロに。また、トラックの入庫が分かるので連動した作業も可能となったことからトラックの滞在時間がそれまでの平均1時間50分からおよそ1時間程度、およそ4割の減少も実現。
計画を立案することからトラックにすべての荷物が入らないトラブルもなくなったとのこと。
エクセル使用時と比較しても工数が削減されただけではなく、共通システムを活用するOKとで現場での円滑なコミュニケーションも可能となったようです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1054

家電・AV機器業の
流通事情・物流会社の選び方

卸・小売り業界の物流改善事例

卸・メーカーの
流通事情・物流会社の選び方

在庫増加に伴う外部倉庫との連携非効率をを補完商品変更によって改善

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:在庫増加の外部倉庫利用による非効率化

とある日雑商品メーカーでは工場倉庫にて商品を保管していたものの、在庫の増加により、自社倉庫だけでは対応できず、周辺にある外部倉庫を利用することになりました。結果、自社工場と外部工場の移動だけでも大きな手間となるなど作業の効率が悪いのではないかと思うようになった一方で、「ムダな作業をしている」との問題意識を持っているものの、特に改善もせず、そのまま作業を行っていました。

改善:倉庫内レイアウトの変更によって作業の効率化を実現

調査をすると、工場内には低頻度の商品が多く、逆に外部の倉庫が高回転していました。固定ロケーションでの保管であることから、ロケーションサイズと必要在庫量にギャップが生じたり、移動ラック設備があってもラックの開閉に時間・手間がかかることから上手く活用されていないなど、様々な問題があることが分かりました。
そこで、まずは低頻度の商品を外部倉庫へと移動。自社工場にスペースをもたらし、さらには適正保管量をデータから計算したうえでの倉庫内レイアウト変更。シミュレーションツールも導入するなど、環境改善の結果、外部倉庫への移動量20%削減に成功。また、工場・外部倉庫の入出庫の削減にも成功。つまり、作業の効率化をもたらしました。

事例の物流会社:株式会社日通総合研究所

当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社日通総合研究所公式サイト
掲載ページURL:https://www.nittsu-soken.co.jp/consulting/case-06

トラックの待ち時間をシステムによって改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:トラックの待ち時間の長さに悩まされていた

とあるメーカーでは、在庫管理・配送から小売りチェーンとの共同配送事業まで幅広いジャンルを展開しています。
全国に40以上の事業所を展開するなど、積極的に事業を展開する一方でとある問題に悩まされていた。それはトラックの待機時間です。自社のドライバーの荷待ち時間は国土交通省が発表している平均時間よりも長いことが判明。環境を改善しなければならないと実感していたとのこと。

改善:システム導入によって待ち時間の改善と作業効率化を実現

状況改善のためにと予約システムを導入。それまでは午前や午後の始業時にトラック待機が発生しやすかったものの、平準化されたことで待機時間が大幅に改善。また、トラックがいつ入るのかが分かったことで倉庫内の作業効率も向上。さらには作業効率向上に伴い人件費の削減も実践できたようです。
それまではトラックがいつ入るか分からない中での庫内作業だったことから具体的人員計画が難しかったものの、予約システム導入により、入庫するトラックが把握可能となったことで庫内作業も効率化。結果、他の主要拠点への導入も検討されているようです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1130

販売機会損失問題を予約システムで改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:車両待機が販売機会の損失を招いていた

とある通販事業者はテレビでの通販事業を展開。物流センターを保有し、保管から出荷まで一元管理していました。テレビ番組放送後のタイムリーな出荷を実現しているのも、すべて自社で行っているからこそ。
一方で多くの車両を受け入れていたことからトラック待機ができてしまうことも珍しくなく、特に繁忙期ともなればトラックによる長蛇の列ができてしまっていたとか。その一方でドライバー不足にも悩まされていた同社。待機時間が長くなると、次の仕事を控えたドライバーが荷下ろしせずに帰ってしまうことも。結果、商品入荷の遅延など販売機会の損失を招いていました。

改善:予約システムの導入で効率化を実現

テレビ通販という特性上、スピード感が重要である点から、安定した商品供給のために予約システムを導入。
導入当初は戸惑うことも多々あったとのことですが、次第に利便性の良さに多くの人間が気付くようになると、大型車両の荷下ろしに必要な時間の算出も可能となったとのこと。
また、様々なデータが抽出でき、かつ可視化されたことでデータにもとづく具体的改善策の検討も行えるようになったとのこと。また、次第に多くの人が慣れてくるとスムーズな運用も可能になり、予約が定着したことで適切なバース割り当ても行えるようになり、システム導入時に掲げた待機時間ゼロの実現が見えてきたとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1133

同じボックスで見分けがつかないことに悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:すべて同じ色のボックスで何が入っているボックスか分からなかった

とあるアウトレットコスメ専門店の委託倉庫業者は、それまで使用していたオリコンでは効率が悪かったことで悩んでいた模様。何が収納されているのか分からないことに悩まされていたようです。

改善:7種類のカラーバリエーションで一目で整理できる環境が整えられた

改善を模索していたところ、色付けされたカラーボックスを導入。
7色のバリエーションのおかげで品目毎に色分けが可能となったとのことで作業効率が大幅に改善。また、フレーム構造のおかげで耐衝撃性も良く、破損件数が少なくなったことでボックスそのものを長く使用できるようになったとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

三事例の物流サイト:甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/madocon05/

トラック待機問題が予約受付システム導入で改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:トラックとバースの非効率作業に悩んでいた

とある家電量販店では店舗への在庫供給を2つの拠点で行っています。
そのうちの1つのセンターでは1日およそ200台の車両を受け入れているものの、どの車両が何時に到着するのか把握できていませんでした。全体の台数は把握していたものの、時間までは把握できていなかったことから、急に車両が集中することも。また、トラックだけではなくバースの稼働状況の把握も難しいことから、バースの車両呼び出しも行えませんでした。特にセンターは規模が大きく、50以上の入荷バースがあることから、目視にも限界がありました。

改善:予約受付システム導入で待機時間がほぼゼロに

上記課題改善のために予約受付システムを導入。
庫内にバース管理オペレーターを用意。このスタッフはPC画面を見ながら庫内で予約システムを操作。また、システムのおかげで納品車両がどのような状況なのかも一目で分かるようになり、結果、庫内作業もスムーズになったとのことです。
予約率は60%となっており、事前に納品車両を把握できる点、さらにはバース稼働状況が可視化された点など大きなメリットがあったようです。特に待機時間に関しては予約の段階で平準化が可能となったことから、ほぼ発生していないとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1121

「納品したくないセンター」の汚名をシステムによって返上・改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:早いもの順だからこそ車両待機の行列に悩まされていた

企業向けに文具や事務用品をスピーディーに届けているとある企業。
全国に9か所の拠点を持ち、高い知名度を誇っているサービスではありますが、「納品したくないセンター」といった不名誉な評価もあったようです。
というのも物流センターでは先着順に入荷受付をしていたことから、朝の受付開始時には全体の3割ほどの入荷車両が集中。倉庫の作業シフトともマッチしておらず、効率の悪さに悩まされていました。

改善:長い待機時間がシステムによって改善

問題解決や悪評を返上すべく、受付システムを導入。
結果、平均待機時間は12分まで短縮。1時間以上の待機発生率は3%台にまで改善しているとのことです。これは入荷の平準化や実績のデータ化により、分析が可能となったことで経験則ではなく、データに基づいた対策が取れるようになったからとのこと。
システム導入当初の目的は車両の待機時間の短縮でしたが、バース稼働率の向上、PDCAサイクルの向上といった様々な生産性も向上しているとのこと。また、待機時間の削減によってCO2の排出量削減にもつながっているとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。
事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/974

検品時間の長さでトラックの運行本数にも制限があった問題を改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:検品に時間がかかっていたことでトラックの運行本数が増やせなかった

とある香料製造・販売業者では検品作業に最大で2時間もかかるなどどうしても時間がかかってしまっていたことからトラックの運行本数もそれに準じたもので、一日に最大でも2運行しかできず、大量出荷に対応することができずにいたとのこと。
また、多品種で小ロットの出荷が多いもののラベルの表示が分かりにいことから、商品知識のある作業員がいない時には誤出荷が多いことにも悩んでいたようです。

改善:ハンディターミナル導入で検品時間を大幅短縮。運行本数の増加が実現した

問題解決のためにとある業者に相談したところ、ハンディターミナルの検品作業を提案されたとのこと。
早速導入すると、検品時間が10分と大幅に短縮され、トラックが一日3運行可能になったとのこと。
また、バーコードでの検品のため、商品知識のない作業員であっても正確な作業が可能になったことで属人化も解消。誤出荷がゼロになったことで取引先からの信頼面はもちろんですがコストの面でもメリットがあったとのことです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ

在庫管理の悪さに悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:在庫管理に悩みつつも改善ノウハウもなく悩んでいた

とある描画用マーカー・インク販売業者は商品の保管環境の悪さに悩まされていたとのこと。毎回品質調査のために荷主が立ち会うなど手間がかかっており、かつ在庫制度が低いことから棚卸の際には人員・日数ともにかかっていたとのこと。このような問題があるとは認識していても、倉庫管理ノウハウがなかったことから改善するための仕組みも分かっていたなかった模様。

改善:現場からの改善提案によって様々な環境の改善に成功

そこでとある業者に相談。まずは定期的な倉庫内清掃を行うことで倉庫ない環境を改善。また、在庫管理システムを採用することで在庫制度も高まり、一斉棚卸の必要性もなくなり、倉庫作業員が1名、30分で行えるようになったとのこと。また、常に現場から改善提案をもらうことで積極的に改善できる環境も整えられたようです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ/

発注データが取れない問題を改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:発注データが取れないため状況の把握さえできていなかった

日用品雑貨を販売していたとある業者は、新規での取引を行いたいと思っていても取引先からのデータを受信するためのシステムがなかったことから、店舗への納品個数を把握できずにいたとのこと。また、納品の際に必要となる統一伝票が発行できないなど、業務に支障をきたしていたようです。

改善:新システムによって発注の把握が可能になった

そこでとある業者から推薦されたシステムを採用。業者が発注データを受信し、在庫数を加味して自社に知らせてくれるシステムが構築されたことで店舗別の納品数が把握できるようになり、かつ発注データを基にした統一伝票の発行も行えるようになったとのことです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ

全国に拠点が多々あることで悪化していた効率を段階的統合して改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:全国に多々ある拠点がそれぞれ独自に動くので効率が悪かった

とある小売業者は全国に多くの拠点を持っていたことから在庫状態の適正な管理が難しく、どこも過剰在庫になってしまいがちだったとのこと。また、それぞれの拠点の配送ルートでの重複も多く、ロスの多さにも悩んでいたとのことです。

改善:統廃合によって業務の効率化に成功すると共に今後のビジョンも描けた

拠点をまとめたいと考えていたものの、急な拠点統合はかえって混乱をきたす恐れがあるとの判断から、まずは4拠点を1センター程度に統合。
その際配送ルートも見直し。結果、まず在庫管理が簡略化されたことで過剰在庫がなくなったとのこと。さらには配送ルートの重複が軽減されたことで業務の効率化も実現されるなど、業務全体が最適化されたとのこと。
また、拠点の統合はあくまでも段階的なものであって、今後の拠点統合に関するアドバイスももらえた助かっているとのことです。

事例の物流会社:株式会社アイビーカンパニー
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社アイビーカンパニー公式サイト
掲載ページURL:https://www.ivycompany.co.jp/case.html

生産量が増加して倉庫の問題が顕在化したものの改善した物流改善事例

分類:小売り・卸売 物流改善事例

課題:生産量増加で倉庫を借りることになると倉庫代や運送費で利益が削られた

とある酒造メーカーは生産量の増加に伴い、倉庫を借りて保管するようになっていたとのこと。しかし倉庫のレンタル代や倉庫への運賃代が加算されることとなり、利益が削られていたことに悩んでいたとのことでした。

改善:環境改善により倉庫容量がアップ。結果、倉庫代の削減に成功し利益を確保

そんなときにフォークリフトの更新を迎えたので環境改善はできないかととある御者に相談。
すると、これまでにはない保管ラックを勧められたので採用。
以前は8枚が限界だったパレットも18枚保管できるようになるなど保管効率が向上。倉庫代の削減にも成功し、物流コストが半分以下になったとのことです。

事例の物流会社:トヨタL&F
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

トヨタL&FYoutubeチャンネル
掲載ページURL: https://www.youtube.com/watch?v=V37R9CIPHVc

卸・メーカーの
流通事情・物流会社の選び方

アパレル・繊維業界の物流改善事例

アパレル・ファッション業界の
流通事情・物流会社の選び方

倉庫内作業の負担が台車によって改善した物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:平置きにしていたので作業が負担だった

とあるアパレル業者の物流倉庫では、床に直接段ボールを置いて保管していたとのこと。
そのため、先入先出の時には全ての段ボールを移動しなければならないなど、大きな手間、そして時間がかかっていたとのこと。また、床への直置きは段ボールや商品を傷つけてしまう恐れがあったことから、慎重な作業が求められました。結果、スタッフにとって大きな労力になってしまっていたとのこと。

改善:台車の活用で作業が容易になった!

そこで段ボールの下に積み重ね可能な台車を採用。結果、段ボールの移動がスムーズになったと共に、平置きではなく台車の上に於いての保管となったことで商品の衛生面も改善したとか。段ボールの持ち上げ作業に関しても地面からではなく、多少高さが出たことで作業員の負担も軽減されたとのこと。
さらに、台車は使用しない時には積み重ねての保管が可能なことから場所を取らずに台車を保管できるとのこと。移動だけではなく、倉庫内の掃除も楽になるなど、様々なメリットを享受しているようです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b002/

段ボールから引き出しケースに変更して作業環境が改善した物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:段ボールでの保管のおかげで時間と手間がかかっていた

とあるアパレルの物流倉庫では倉庫での商品管理は段ボールで行っていました。しかし、中身を確認する時、商品の出し入れ時、さらには棚の奥にある段ボールを取り出すときなど、作業の度に大きな負担となっていました。段ボールの重さもさることながら、関係ない段ボールまで移動しなければならないなど、作業の手間・時間共にムダがあると感じてたとのことです。

改善:引き出しケースを採用したことで時間と労力が大幅に改善

そこで導入したのが引き出し式ケースです。
透明のボックスは外から中身を確認できるので出し入れすることなくある程度中身の確認が可能になりました。また、引き出し式なので上に棚が乗っていても出し入れ可能。段ボールのようにわざわざ上の物をすべて下げる必要がありません。
また、専用カートに乗せていることで移動もフレキシブルなものとなり、配置・レイアウト変更も簡単に行えるようになったとのことです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b003/

検針前後の分類の手間がパーテーションで改善された物流事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:検針前後の分類ができなかった

とある繊維製品の保管・物流加工業者では、検針前と検針後の商品が混ざることで困っていたとのこと。倉庫内の柱の間にネットを張り付けるなど工夫を行っていたものの、商品の移動が難しい点やスペースを無駄にしているなど、効率の良い作業とは言えませんでした。特に変動する商品の在庫に対応することができずにいたとのことです

改善:パーテーションの活用で場所の問題も解決

環境改善のため、パーテーションを導入。エリアを区切ることで、検針前後の製品置き場が明確になりました。また、パーテーションにはキャスターが用意されていることから、パーテーションの位置変更も簡単に行えます。容量の変化に応じて移動を簡単に行える環境となったことで、レイアウトの自由度も高まったとのこと。
さらにはパーテーションのフレームを明るい色にしたことでパーテーションの区切りも分かりやすく、検針前後の商品だけではなく、作業員もどこでどちらの作業を行っているのか認識しやすくなったとのことです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b004/

トラックの待機時間問題がシステムによって短縮された物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:トラック着車の重複や待機時間の長さに悩んでいた

カジュアルファッション専門のチェーン店業者は、調達から物流まで一括管理しています。
国内6か所に構えた自社物流拠点では全国1,400の店舗とECサイトと連携。在庫管理から流通加工、配送まで行っていますが、荷受け業務の効率化が大きな課題だったようです。
納入量が増えると着車時間が重複してしまい、トラックの長時間待機も発生。一応はデータを取ってはいたものの、アナログなものであったことから調整策はおろか改善策も見当たらなかったとのこと。

改善:システムによって平均待機時間が20分も短縮

そこで予約システムを導入。以降、コンテナドレージやチャーター便に関しては事前予約をお願いすることになったのですが、結果、車両の平均待機時間は38分から18分に短縮。
また、予約状況に応じた庫内作業が行えるようになったとのこと。人数配置も最少人数で可能となったことから人件費の抑制にも成功。メールや電話でやり取りしていたことがすべてシステムで行われることになったことから誤入力もなくなり、予約内容と実際の作業データの一元化も可能となるなど多くのメリットが待っていたようです。


事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1819

店舗スタッフの負担を与える物流の悪さが改善した物流改善事例

分類:アパレル・繊維 物流改善事例

課題:在庫が全国に分散していたことから管理業務の負担が大きかった

とあるアパレル業者は在庫管理スペースが全国に分散していたことから作業の煩わしさだけではなく、コストも高まってしまっていたとのこと。また、小売店のスタッフにとって大きな負担となっていたことから、販売業務だけに集中できる環境ではなくなっていたとのこと。

改善:店舗で行っていた業務を委任することでコスト削減と効率化を実現

まず、それまで店舗で行っていた検品や検収を物流センターで行うことにしました。そして商品の保管・配送ルートも見直し。全国にある仕入れ先メーカーとの情報連携も開始。
結果、店舗スタッフの作業が軽減されることになりましたので、小売業務のみに専念することができたとのこと。また、物流がスムーズ化されたことでコスト削減も実現したとのことです。

事例の物流会社:株式会社アイビーカンパニー
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社アイビーカンパニー公式サイト
掲載ページURL:https://www.ivycompany.co.jp/case.html

アパレル・ファッション業界の
流通事情・物流会社の選び方

エネルギー・化学業界の物流改善事例

棚卸の負担に悩まされていた問題を改善した物流改善事例

分類:エネルギー・化学 物流改善事例

課題:棚卸で毎回在庫が合わないなど常に大きな負担を強いられていた

工業用潤滑油の輸入販売を行っていたとある業者では多くの在庫を扱っていることから棚卸の際、毎回在庫データがあっていなかったとのこと。棚卸の際には営業販売業務を中止し、かつ大人数で倉庫に足を運ぶなど手間がかかっていたとのこと。さらには在庫が合わないと思っていたものの、後日倉庫内で発見されることもあり、その場合は事後処理にも時間がかかるなど大きな負担となっていたようです。

改善:在庫管理を委託することで負担が軽減された

そこで物流管理を業者に委ねたところ、日々の在庫管理が徹底できたことでそれまでの多人数x長時間x数日間x年2回だった棚卸が1人x数時間x半日x年1回に改善されたとのこと。
また、棚卸業務の負担が軽減されたことで、営業販売にリソースを割くことが可能になったようです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ

在庫管理に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:エネルギー・化学 物流改善事例

課題:従量制と個数制の異なる管理体制で悩まされていた

とあるガス用の配管材料や工具等を販売していた業者は、仕入れと在庫管理は重量性でありながら販売は個数管理をしていたことから、在庫には常に誤差が生じていたとのこと。
メーカーコードを自社コードに置き換えての管理は手間がかかるだけではなく、熟練倉庫担当者がいない時には大きな労力となり、業務に支障をきたしていたとのこと。また、物流拠点が一か所しかなかったことで販売エリアに制約があるなどいくつかの問題点に悩まされていたようです。

改善:個数管理の徹底と対応表の作成で問題を解決

そこでとある業者に相談。まずはすべての商品を個数管理へと変更。さらにメーカーコード対応表を作成してもらったことで誰もがオーダーが可能な環境も構築。また、拠点を別のエリアに設けたことで営業エリアが拡大。結果、販売実績も上がったとのことです。

事例の物流会社:株式会社篠崎運送倉庫
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社篠崎運送倉庫公式サイト
掲載ページURL:株式会社篠崎運送倉庫公式サイトへ

トラックの受付という課題をシステム化によって改善した物流改善事例

分類:エネルギー・化学 物流改善事例

課題:ドライバー同士のトラブルに発展するほど入出庫が混雑していた

とある危険物倉庫事業を展開している業者は、長距離トラックの輸送も珍しくなく、朝の受付が始まる前の時点で既にトラックが10台以上も並んでいる状況があったとのこと。
さらに、並び順が不明確なため、ドライバー同士でのトラブルが発生したり、周辺の他の倉庫の入り口を並びのトラックが塞いでしまうといった事態が発生するなど、問題に悩まされていたようです。

改善:システム導入によって庫内が整然とした

改善策を検討した結果、受付システムを導入しました。
導入後は完全にシステムだけに依存するのではなく、システムの受付順は番号制にするなど上手くアナログな部分も取り入れるなど独自に工夫。結果、ドライバー同士のトラブルもなくなり、現場が混乱することもなくなったとのことです。
また、トラックが順番に入ることから構内の安全性が高まった点もメリットとなったようです。それまでは順不同で随時トラックが入ってくることから、構内の安全性は高いとは言えない状況でしたが、入出庫がシステム化されたことで無駄な時間がへり、トラブルや混乱も減るなど現場環境の改善につながったとのこと。また、改善のためのデータも集まりやすいので、さらなる改善もイメージしやすいとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/
case_study/1200

マテハン関連の物流改善事例

ここでは物流業界の中でも、特にマテハンに関しての物流改善事例をご紹介します。
改善前にどのような問題があり、環境を変えることでどのように改善されたのか等を掲載していますので、物流環境の改善を考えている方にとって参考になるはずです。

作業の負担がスリムカート採用で改善された事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:女性が多いので作業の負担が増えていた

とある物流会社のピッキング作業では女性労働者が多かったことから、重い荷物を持つ作業が大きな負担となっていたようです。また、ピッキングの際には台車を使用していたものの、リスト表や伝票を置く場所がないことから地面に置いてしまい、コンテナの中が乱雑になってしまっていたようです。
さらに、平台車に関してもコンテナよりも大きなものであったため、通路幅が狭くなり、かつコンテナの入れ替えの重労働さも含め、効率の良い作業ができていなかったとのこと。

改善:スリムカートで負担が軽減された!

そこでスリムカートを導入。通路幅よりもコンパクトなサイズであることから、通路幅の占有率が減少。また、高さもあることからかがんでではなく、直立に近い形での運用も可能となったことから作業スタッフたちの疲労度も軽減。さらにコンテナには伝票ボックスが用意されたことで、それまでのように乱雑に地面に置くのではなく、カートにセットできるようになりました。
結果、作業効率がたかまったとのこと。また、作業負担の軽減はもちろんですが静かで扱いやすいカートは現場からも好評とのことです。

事例の物流会社:矢崎化工株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:矢崎化工株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.solutions-navi.com/case2/b006/

欧州市場参入で抱えた問題を改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:欧州市場のラインに適合せずに悩まされていた

とある業者は欧州市場への参入を果たしたものの、これまで使用していたコンテナでは現地のラインでは上手く活用することができず、トラブルまで発生してしまっていたとのこと。

改善:新型コンテナの開発で欧州市場のラインに適合、洗浄性も改善

そこでとある業者に相談したところ、新規のコンテナを開発。
こちらは底面リブの高さが0.5mmと従来のものと少々サイズが異なりました。しかし、現地のライン適正があったことでラインのトラブルが解消。さらには洗浄性も高いことから汚れの問題も改善され、品質の向上にも繋がったとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/sn06/

木製パレットに悩んでいたものの紙製にて改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:木製パレットの様々な問題点に悩まされていた

とある倉庫業者は木製のパレットに悩んでいたとのこと。重く作業性が悪い点に加え、いずれは産業廃棄物となる点や、釘打ち作業にも時間がかかっているなど、改善したいと思っていたものの、改善策が見当たらずに困っていた模様。

改善:紙製にすることで軽量化とコストダウンを実現

そこでとある業者から推薦された紙製のパレットを採用。段ボール仕様となっていることから段積みが可能なほど強度もあり、かつ釘打ちも行う必要がなくなったことで作業効率もアップ。また、誰でも梱包できるようになった点もメリットとのことで、50%の軽量化に伴い、50%の作業効率アップ、およそ13%のコストダウンに成功したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so59.html

コンテナの荷崩れ問題をとある部材で改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:コンテナの中で荷崩れが起きており解決策が見出せなかった

とある業者はコンテナ内の荷崩れに悩まされていたとんこと。木材を使用してラッシングするなど対策を講じてみたものの、担当作業者によってクオリティが出ることから効果が一定ではなく、かつ作業にも一貫性がないことから問題を解決できずにいたようです。

改善:とあるベルトを活用することで誰が作業しても効果を確認できるようになった

しかしとある業者から推薦されたベルト工具を活用すると、作業内容の標準化に成功。結果、経験値の高い熟練作業者ではなくともクオリティの高い固縛が可能になったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so07.html

コスト削減方法が分からなかったもののとあるアイディアで削減に成功した事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:コスト削減を目指すも方法が分からない

既にデジタルピッキングシステムを導入していたこちらの倉庫。作業補助としてローラーコンベアを設置するなど、倉庫内作業環境に力を入れていることが分かります。
一方で、もう少しコストを削減したいとのことでしたが、これ以上何をすればよいのか分からなかったとのこと。人員に関しても、作業量の予測が難しい業務であることから、ある程度余剰とも思える人員を確保しておかなければならない事情もあるなど、どのような方法があるのか検討がつかずに悩んでいたようです。

改善:作業環境の見直しにより生産性アップ

良かれと思って設置されていたコンベアですが、こちらを一部撤去し、ピッキングカートを活用したピッキング方式を採用。結果、作業動線の効率化をもたらし、生産性が向上。また、商品のレイアウトも変更。引当頻度順に配置することで、作業者の歩行負担も軽減。
結果、従来通りの人員でありながら、およそ11%の作業コストの削減に成功。作業動線の向上がもたらす作業の効率化によって、それまで人によってバラつきが見られた生産性も安定。
特にコンベアは結果的に動線を遮り、ピッキングの歩行距離増加を招いていただけではなく、コンベア上での待ち時間が多発するなど問題が多かったことから、必要だと思っていたものを一部撤去することで、環境改善に成功しました。

事例の物流会社:株式会社日通総合研究所
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社日通総合研究所公式サイト
掲載ページURL:https://www.nittsu-soken.co.jp/consulting/case-08

頓雑だった倉庫が管理システムによって改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:倉庫が頓雑だったがために作業効率が悪かった

とある業者は倉庫管理が頓雑しており、商品が乱雑に置かれていることから動線も悪く、作業時間の長さや適正な人員配置を困難にしていました。人件費や物流コストの上昇につながっている点だったこともあり、問題改善に乗り出したとのことです。

改善:システム化によって人件費・物流コスト削減に成功

まず、倉庫管理システムを導入することで在庫状況を正確に把握できるようになりました。出荷状況や商品部類に応じたレイアウト変更を実施することで、動線もより効率の良いものとなりました。また、一日の作業スケジュールが可視化されたことで、その日の作業に必要な道具は何かや必要な人員も見えてきたとのこと。
結果、人件費・物流コストの削減につながったとのこと。作業の効率化もさることながら、在庫状況の把握や商品管理の最適化など、目に見えない部分での効果も多々実感しているとのことです。


事例の物流会社:中京陸運株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:中京陸運株式会社公式サイト
掲載ページURL:http://www.chukyorikuun.com/
service/case/warehouse.html

扱いに困っていた倉庫内カートを改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:誰に相談してよいか分からない倉庫内カートに困っていた

キャリーカートを持っていたものの、有効活用ができていないと悩んでいたとある倉庫業者。作業効率を上げたいとは思っていても、どのような形で改良すればよいのか等を含め、どこに相談すればよいのか分からない状況が続いていたとのこと。

改善:倉庫内カートにちょっとした工夫を凝らすことで作業の効率化を実現

そこでとある業者に相談し、カート用の取っ手&ホルダーを装着。相談先が見つからずに悩んでいたので相談にのってもらえただけでもありがたかったとのことですが、さらに取り付け作業をまとめて依頼ができたので手間の省略にも繋がった模様。また、実際にとても使いやすいことも好評のようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so12.html

フォークリフトの事故に恐れていたものの改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:フォークリフトが事故を起こしたら大きな問題が懸念されていたものの賃貸倉庫なので改善策がない

とある倉庫業者は庫内でフォークリフトを扱っていましたが、エレベーター付近での扱いに気を付けているとのこと。エレベーターにフォークリフトで進入する際、衝突の危険性があったとのこと。また、衝突してもしもエレベーターに何かがあった場合、原状復帰のための費用が大きな負担となってしまったり、作業そのものが停止するなど大きなデメリットが懸念されていました。

改善:特注パイプ枠を設置することで衝突リスクが軽減

そこでとある業者に相談したところ、まず、エレベーターの前に特注パイプを設置することで衝突の心配性が軽減。また、鈴を用意し、フォークリフトの存在を知らせることで接触を未然に回避。ちなみにこちらの倉庫は賃貸物件であることから、大幅に手を加えられずに悩んでいたものの、ちょっとした設置のみで高い効果を実現できた点が助かったとのこと。また、いろいろな取引先に問い合わせを行ったものの、なかなか思うような回答を得られなかった中で有効な方法を提案してもらえた点も助かったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so13.html

アナログのピッキング作業でミスが多かったものの改善した物流改善事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:アナログ作業なので担当者によって作業品質に差があった

流通部門の出荷作業を行っていたとある倉庫では、ミスが多く、効率も悪かったとのこと。目視での確認作業は作業担当者によるクオリティの差を生んでしまい、ミスが出ると取引先に謝罪に足を運ぶ時間もかかっていたとのこと。

改善:システムを導入したことで属人化解消に成功した

業態改善のために物流管理システムを導入。
間違えるとアラームで知らせてくれることから誰が作業しても高品質の作業が実現し、ミスも軽減。それまでおよそ1週間かかるとされていた新人教育が1日で終えることもできるようになるなど、庫内作業の効率化を実現したとのことです。


事例の物流会社:富士通株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

富士通株式会社Youtubeチャンネル
掲載ページURL:https://www.youtube.com/watch?v=OIGm_MT2dpI

倉庫の保管が非効率で悩んでいたが改善された物流事例

分類:マテハン機器 物流改善事例

課題:倉庫に荷物が増えると効率が悪化。さらには空調設備の設置などにも悩まされていた

とある倉庫業者では倉庫の床に段ボールを直に於いていたとのこと。荷物が少ない時には自由度がたかかったものの、在庫が増えると荷繰りが発生し、効率も悪化するなどの悩みに直面。
また、夏場になると温度調整が求められることとなり、効率の悪い倉庫では空調設備を置く場所にさえ困っていたとのこと。

改善:システムを導入したことで効率化を実現

そこでとある業者から新型の保管棚を提案され、採用。
これにより、保管効率が10%~20%アップしたとのこと。また、在庫管理システムも導入されていることからミスが軽減されただけではなく、ある程度自動で場所を示してくれるので荷物を探す時間が軽減。作業時間の短縮につながったと共に、それまで10人で行っていた作業を7人で行えるようになったとのことです。

事例の物流会社:トヨタL&F
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

トヨタL&FYoutubeチャンネル
掲載ページURL:https://www.youtube.com/watch?v=lHYSFMw57wk

流通加工の物流改善事例

流通加工業務の
現場事情・物流会社の選び方

長期保管に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:長期間保管できる倉庫がないので屋外で保管できないか悩んでいた

とある倉庫では複数の大型機器の長期防錆保管を検討していたものの、保有している倉庫では保管スペースが確保できなかったので屋外での保管を検討。しかし屋外での保管は条件も悪いことから、何か良い手はないか思案していたようです。

改善:フィルムを活用することで屋外での保管に成功

そこでとある業者から推薦されたコーテック防錆材を採用。
防錆材としての性能もさることながら、耐候性の高さから悪天候も苦にせず、かつ紫外線からも守る耐UV性、さらには耐久性も保持。
フィルムで機械全体を放送した後はヒートガンにてんつ収縮加工することで、海岸付近の悪条件ではありながら数か月後の開梱では全く問題なく作動したとのこと。結果、保管費用およそ5,000万円の削減に成功したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so29.html

冷蔵環境の悩みを改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:工場内の冷気の問題で作業員が悩まされていた

とある冷凍加工業者では、常に倉庫内に冷気を放出していなければなりませんでした。そのため、冬場は労働者に大きな負担を強いており、環境改善を願う声が多々出ていたとのこと。

改善:新型のスノコを採用することで冷気だけではなく埃の問題も解決できた

そこでとある業者に相談したところ、発砲素材のスノコを提案されたので採用。
結果、冷気を抑えることに成功しただけではなく、足元の埃の付着も軽減。また、掃除しやすくなったことから配送用コンテナに異物が混入されることも防止できるなどのメリットも得られたようです。


事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/epsunoko02/

ボックスパレットの品質に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:ボックスパレットでは錆や効率の悪さ懸念されていた

大手自動車部品メーカーとの取引が決まったものの、これまで使用していたボックスパレットでは輸送効率が悪い点や、空のボックスを屋外に保存していると錆に悩まされるなど、搬送部品の品質低下などが懸念されていたとのこと。

改善:新型ボックスを採用することで悩みが解消された

そこでとある業者に相談し、新型のパレットを採用。従来の鉄型ボックスパレットよりも半分ほどの重量となったことで輸送効率がアップ。また、鉄製ではないので錆が発生せず、自動車部品の品質保持にも繋がり、取引先からの信頼を得ることに成功したようです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/conpalleter2/

ガラスの運搬に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:ガラスの運搬は作業の手間がかかっていた

ガラス輸送専用の木製ラックに関して回収と廃棄に悩まされていたとある業者。木製ラックが廃棄コンテナに入らないことから、解体しなければならなかったものの、一枚ずつ養生を行わなければならないことから解体作業に時間がかかっており、さらには重量もあることからユニックでのハンドリングに影響が出ていたとのこと。

改善:梱包を見直すことでコスト・作業効率などが改善した

そこでとある業者に相談したところ、包装材の見直しを提案されたようです。ガラスが自立・固定できる緩衝材を採用。結果、ガラスは差し込むだけになり、一人での作業も行えるようになったとのこと。また、マンパワーに頼らないことから誰が作業を行っても同じクオリティとなるなど梱包が簡略化され、さらには耐久性もアップ。廃棄もゼロになるなど様々なメリットがあったようです。
作業効率のアップだけではなく、回収費用が安くなるなどコスト面でもメリットがあったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so01.html

メーカーからの高い要求をとある製品によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:半年保管する製品の防錆をどうすべきかで悩んでいた

製品の輸送時、納入先にて保管する際、防錆保護手段が必要でした。しかもメーカーからは半年ほどの保護期間が求められていました。製品にダメージを与えないだけではなく、作業員の健康面にも配慮した防錆製品と、少々高いハードルが求められて悩んでいたようです。

改善:フィルムを併用することで長期間の防錆を実現

問題解決のためにとある業者に相談。
そこで提案されたのがコーテック防錆材でした。また、フィルムによって上部を閉じることで木製パレットを密封。こちらの防錆フィルムを使用してから2年間、一度も錆のトラブルが発生しておらず、メーカーからのニーズに応えることもできたようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so28.html

シートを突き破る家具をエッジボードで改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:家具がシートを突き破り破損が出てしまっていた

とある家具輸送業者は、家具の上下に段ボールシートを使っての梱包を行っていたとのことですが、輸送中の振動により、家具の角の部分が段ボールシートを突き破ってしまうことがあり、破損してしまうケースがあったとのこと。
お客に届けるための家具が破損してしまっては信用・責任問題にも発展しますし、破損部分が修理できない場合、家具は廃棄処分せざるを得ないなどコスト面においても大きな負担となっていました。

改善:エッジボードを使用することで破損防止が実現した

そこでとある業者に相談したところ、エッジボードを家具に合わせてカットして使用することに。展開された段ボールシートに家具を載せ、さらにはエッジボードを活用することでより強固な梱包にしたとのこと。
結果、家具へのダメージが軽減されたことでクレームが大幅に減少。また、自社の木材カット機でも活用できるので利便性も悪くない点や、PPバンドの食い込みからも保護できるなど、様々なメリットがもたらされたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so47.html

ロール品の輸送に苦慮していたものの梱包箱によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:ロール品の輸送で破損が多かった

ロール品の輸送を行っていたとある業者は、高機能ロールが輸送中に損傷してしまうことに悩まされていました。商品が傷つくことで信頼問題に響くだけではなく、保険費用も膨大なものになってしまっているとのこと。費用・信用共に悩まされており、輸送・保管効率を上げたいと考えていました。

改善:専用の梱包箱でロール紙の安全な輸送が可能になった

そこでとある業者に相談したところ、ロール品専用紙製梱包箱を案内されたとのこと。
こちらの製品は段ボールで設計されていることから原紙を収納できる一方で、800kg/本の強度を実現していることからロール紙保護も実現。また、保管スペースが従来の半分になったことで保管費用の削減が可能になり、輸送効率も30%ほどアップ。また、製品損傷の防止が可能になったことから保険費用の削減に成功。そして何より、製品が安全に納入されるようになったことから、納入先からの信頼度が高まるなど、様々なメリットが待っていたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so03.html

保管効率の悪さをポリゴンによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:フレコンバッグの状態の保管効率の悪さに悩まされていた

とある積載物をパレットに載せてフレコンバッグにて保管しているものの、荷物のすわりが悪いことで段積みができず、効率が悪かったとのこと。また、保管効率のみならず出し入れの効率も悪く、作業に支障をきたしていたとのこと。

改善:紙製梱包で補完効率がアップし、安全性も確保できた

そこでとある業者に相談したところ、グローウォール・ポリゴンを提案されたので採用。こちらはフレコンバッグの保管用紙製スリーブで、16角形であることから強度も高かったとのこと。
パレットに置いたフレコンバッグにこちらのグローウォール・ポリゴンを被せることで、2段、あるいは3段と段積みが可能になったとのこと。
また取っ手がついているので持ち運びしやすく、作業性も高まったとのことです。結果保管コストの削減につながっただけではなく、安全かつ簡単な作業も実現したようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so64.html

部品の錆びに悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:輸送時に部品が錆びてしまうことに悩んでいた

とある時計部品メーカーは保管や輸送の際、その都度防錆フィルムを使用していたものの、いくつかの部品からは錆が確認されてしまい悩んでいたとのことです。

改善:防錆材によって鉄・非鉄ともに問題を解決できた

そこでとある業者から推薦されたコーテック防錆材を使用。
すると、防錆剤の中に入っていた部品には全く錆が発生していなかったとのこと。また、鉄・非鉄に関わらずに素晴らしい結果を残したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so36.html

輸送の際の熱の問題を改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:輸送時のコンテナの内部の熱問題に悩まされていた

とある輸送業者は暑さに悩んでいた模様。
夏場の海上輸送や赤道地域への輸送する場合、コンテナ内の温度は50度にまで上昇。輸送中の製品に対しても悪影響を及ぼすケースもありました。特に飲料水や熱に弱い電子部品のダメージは相当なものだったものの、保冷設備等は輸送コスト増加になるなど採用が難しかったとのこと。特殊な設備を使うことなく改善できないかと悩んでいたようです。

改善:発砲ボードと段ボールによって熱の問題を改善

とある業者から発砲ボートと段ボールの組み合わせを提案され採用。
発砲ボードは断熱性の高さだけではなく、外部からの衝撃緩和効果もありました。また、ポリエチレン製であることから使用後は紙と分別しての廃棄も可能で、さらにはシンプルに組み立てられるなど何かと都合がよかったとのこと。
試しに使用してみたもののとても良い状況だったことから、本格的な導入を検討するに至っているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so62.html

梱包の手間とコストに悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:梱包に時間とコストがかかるなど効率の悪さに悩んでいた

とあるパーツ業者は、部品を緩衝材に包んで輸送していたことから梱包資材だけではなく作業の時間がかかる点にも悩んでいたとのこと。専用のパレットを使用していたことからこちらの制作時間、さらには廃材が増えている点など様々な悩みを抱えていたようです。

改善:とあるケースを採用することでコストも時間も軽減することに成功した

問題解決のためにとある業者に相談。
すると、とあるケースを推薦されたので採用。
こちらのケースは水濡れに強いだけではなく頑丈とのことなので雨天時の作業効率アップが実現。また、屋外保管での段積みも可能になったことからスペースの有効活用、さらには廃材量も3分の1に削減。パレットの制作や横持時間がなくなったことで作業時間は半減するなど、様々なメリットが待っていたようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so05.html

鉄道の輸送に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:鉄道の輸送で雨風による傷に悩まされていた

鉄道の海上輸送を行っていたとある業者。鉄道を雨風から守りたいと思っても、通常のシートでは破れてしまうことも珍しくなく、鉄道そのものが傷つくなど、対応に苦慮していたようです。

改善:性能の異なる二つのシートによって安全に輸送できるようになった

そこでとある業者から推薦されたラップを採用。
表面には雨や風だけではなく紫外線も防ぐ高機能シートを使用し、裏面は傷を防止できる柔らかいシートのダブル加工。これにより車体を保護しての輸送が可能となったことで、他の車両の輸送にも採用したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so82.html

パレットのコスト問題を紙パレットで改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:木のパレットを変更しようにもコストの問題で頓挫していた

物流コスト見直しに迫られていたとある業者。普段は木のパレットを使っているものの重く、かつ扱いにくい点に加えて周辺の作業員に対しての危険性も危惧。プラスチックパレットの導入を検討したものの、コストが高いので採用できないとのこと。

改善:紙パレットを採用することでコストダウンと安全性確保を実現

そこでとある業者に推薦された紙のパレットを採用。
軽量の紙ではあっても丈夫なので長期製品保管も可能で、さらには紙なので基本的に安全で、かつ木片を気にする必要がなくなったことから作業員からも高い評価を得ているとのこと。
また、プラスチックよりも安価であることからコスト削減にも繋がるなど多くのメリットが待っていたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so63.html

太陽光パネルのゴミ問題を梱包によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:太陽光パネルを梱包するゴミ問題に悩まされていた

とある太陽光パネル業者はその扱いに悩んでいたとのこと。
なぜなら、太陽光パネルは基本的に段ボールにて二枚一組で梱包されていることから、施工現場では開梱の手間、さらには段ボールの大量のゴミ問題に悩まされていたとのこと。
ゴミを片付けることができないままの設置作業は作業効率も悪いなど効率の悪さに悩まされていたようです。

改善:紙製桁材の採用でゴミ問題だけではなく作業効率まで改善された

しかしとある業者に提案された梱包を採用。紙製桁材はパネルを20枚から30枚同時に梱包が可能。パネル同士のこすれ防止のためにはコーナーパッドに角装着することで梱包だけではなく開梱時の作業も効率化。強度だけではなく、短時間であれば水滴も問題にしないこちらの素材を採用したことで開梱の手間が簡略化され作業時間の短縮に成功。
また、ゴミの量に関しては従来の10分の1まで削減できたことで環境面のアピールにもつながったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so66.html

段積みできない原反を段積みできるよう改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:段積みできない原反の積載効率が悪くて悩んでいた

タイに輸出していたとある業者は、フィルム原反を俵積みしていたものの、1パレットに10本しか積載できない効率の悪さに悩んでいたとのこと。結局は回数をこなすことになるので運賃も高くなるなど、積載問題が悩みの種だったようです。

改善:紙のパッケージで段積みを可能とし積載効率が高まった

そこでとある業者に相談した際に推薦されたフィルムロール梱包を採用。
こちらは原反を重ね積みできる紙製のケースなので1パレットに12巻積載可能になり、かつ段積みが行えるようになったことから積載効率が上昇。また、一人でも作業が行えるようになったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so65.html

盆栽の輸送で悩んでいたものの紙板材にて改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:盆栽の輸送トラブルが頻発して悩んでいた

とある盆栽輸送業者はトラブルに悩んでいました。盆栽は専門の梱包業者に依頼する必要があるものの、それでも上手く固定できずに輸送中に枝が折れるなどのトラブルが発生することが頻発。対応に苦慮していたようです。

改善:紙板材を採用することでトラブル軽減とコストダウンに成功

問題解決のために悩んでいたところ、とある業者に紙板材を勧められて採用。
紙板材はカッターでカットができることから、鉢の固定が行いやすく、様々な形の盆栽の固定化に成功。
また、自社で梱包が可能なものであることから、外注費用のカットにも成功。コストだけではなく、時間の短縮も実現するなどのメリットもあったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so67.html

大型プラントの輸出の悩みを改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:大型プラントの輸出方法で悩んでいた

大型のプラントを輸送しているとある業者は、海上輸送の際に製品を雨風から守る必要があったものの、大型製品ということで、木枠梱包が困難だったとのこと。また、ブルーシートの場合、海上輸送では破損リスク、さらには破片が海上にゴミとなって落ちてしまうリスクなどもありました。

改善:ドクターシュリンクフィルムのリパックによってコストも期日も抑制に成功

そこでとある業者に相談すると、専用のドクターシュリンクフィルムを提案され、採用。
従来の木枠と比較するとコストは10分の1。また、施工日数に関しても5分の1とコスト・期日ともに抑制に成功。また、木材と比較するとゴミも少ないことから開梱作業も楽だったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so81.html

流通加工業務の
現場事情・物流会社の選び方

重機の錆に悩まされていた工場が防錆剤によって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:重機の錆問題に対して決定的な対策を講じることができずにいた

とある工場は沿岸部に位置していることから、重機の錆問題に悩まされていたとのこと。沿岸部という立地から、短期間でも深い錆ができるものの、対策を講じにくいことから何もできずにいたとのこと。専門業者にメンテナンスを依頼すると高額な費用となるものの、どうすればよいのか打開策を見つけられずにいたとのことです。

改善:防錆剤を使用することで自社での防錆が可能になった

そこでとある業者に相談すると、防錆剤を勧められた模様。自社での塗布が可能な防錆剤を使用したことで錆の防止が実現。錆び落とし作業が不要となった点や、塗布作業は決して難しいものではいので経験のない人間であっても作業を行えるとのこと。
また、天然成分なので危険性もなく、自社で安心して利用できる点や、屋内外を問わずに使用できることから、問題解決となったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so23.html

巨大設備の保管に迷っていたもののフィルムによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:巨大設備の保管方法について悩まされていた

とある製造業者は10m×5m×5mの巨大大型設備を製造したものの、出荷までおよそ半年の間が発生してしまう問題に直面。屋内で保管しなければならないものだったものの、ここまで大きなものを半年も保管できるだけのスペースはなく、倉庫を借りることを検討。しかし費用の高さから、解決策を見いだせずにいたようです。

改善:フィルムを採用することでコストダウンと品質保持の両方を実現

そこでとある業者に相談したところ、シュリンクシートを提案されたとのこと。
こちらは沿岸部での屋外保管にも耐えられる丈夫なものであったことから屋外での保管を実現。結果、倉庫を借りる必要がなくなりコストダウンを実現。
もちろんフィルムの破損もなく、追加コストもかからなかったとのこと。
もしも屋内に保管していた場合、何か所も移動しなければならなかったので費用も発生していた模様ですが、その費用を抑えることにも成功したようです。


事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so52.html

属人的な防錆加工をフィルムによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:防錆の塗布は作業者によってクオリティが異なりコストがかかるケースも

こちらの輸送業者は海外の工場に部品を輸送する際、防錆油を塗布していたものの、作業員によってムラができるなど属人的な作業になっていたとのこと。また、その際に錆が発生することもあり、サビ落としのために業者を呼ぶなど別のコストが発生するケースなど、様々な問題に悩まされていたようです。

改善:フィルムを使用することでクオリティの均一化と外部委託コスト削減に成功

そこで錆対策として気化性の防錆フィルムを採用。
塗布するものではなく、フィルムへと変更したことで誰が作業を行ってもクオリティに差が出ることがなくなっただけではなく、それまで使用していた防錆は塗布や脱脂、さらには洗浄が必要だったもののこれらがすべて不要になったことで手間とコストが削減。また、サビがなくなったことで錆落としの外注コストも不要となり、さらにはフィルムは目視での確認も容易になったことからミスの削減にも成功するなど、環境改善を実現したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so83.html

梱包のコスト高を梱包材変更で改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:梱包材のコストが高いので見直しを迫られていた

とある業者は紙製輸送容器に関しての見直しに迫られていたとのこと。というの段ボールパレットは構造が複雑なことから製造コストが高くなり、かつ作業者が二人は必要とのことで人件費もかかるなど、問題に悩まされていたようです。

改善:新しい梱包材のおかげでコスト削減に成功した

これらの単価を抑える方法を模索していたところ、紙製包装設計品を提案されたとのこと。
本来こちらの紙製包装設計品は寸法・重量が不揃いのものをランダムに入れる際に使用していたものとのことですが、こちらを上手く活用することでコスト削減を実現したとのこと。
特に1人でも貨物を並べられるなど、作業がおよそ半分になったことでコスト削減だけではなく梱包スピードもアップするといったメリットも確認できているようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so69.html

包装器具の問題を改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:透明性が低い容器は見栄えも悪く中身を傷つけてしまうこともあって悩んでいた

とある食品加工メーカーでは、それまで透明性が低い容器にて梱包していたものの、中身が見えない点から商品の見栄えが悪く、かつ段積み用のリブによって中にある商品を傷つけてしまうこともあったようです。

改善:透明性の高いプラスチック容器にて包装することで問題を解決

そこで小型プラスチックに変更。すると、商品の見栄えが良くなり商品の高級感の演出に成功。また、中に突起物がないことから作業性を維持しつつ、商品の品質保持にもつながったとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/sancase/

緩衝材の問題に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:段ボールカットによる隙間埋めは手間がかかり統一感もなかった

とある倉庫では資材の緩衝材として段ボールとプチプチを使用していたのですが、その都度段ボールをカットする作業が必要になる点や、統一化されたものではなく、あくまでも作業者の直感的なものなので作業者が変更すると梱包の仕様そのものまで変わってしまうことに悩んでいました。

改善:エアー緩衝材の導入で手間も軽減し誰が作業しても均一化された

そこでとある業者に相談すると、エアー緩衝材を提案されたとのこと。
採用すると、誰が作業を行ったとしてもほぼ同じ仕様となるなど作業の統一化に成功。また、段ボールのカットの手間もなくなったことから作業効率も向上。特に作業者の中には女性もいたことから、段ボールのカットのように力も不要での梱包が可能になったとのこと、さらには作業が統一化されたことで製品の見栄えも向上。結果、企業イメージのアップにもつながったようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so09.html

流通加工業務の
現場事情・物流会社の選び方

防錆材を入れてもサビで悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:防錆材を入れているのに梱包製品が錆びてしまって困っていた

とある業者は気化性防錆フイルムを使用していたものの、製品がサビてしまって悩んでいたとのこと。シリカゲルも使用しているものの、効果があるのか不明だったことから、防錆梱包に関しての見直しを迫られていました

改善:補助剤を活用することでサビがなくなった

そこでとある業者に相談。すると、コーテック気化性防錆フィルムを提案されました。
防錆効果が高いとされているこちらの防錆フィルムの使用と共に、シリカゲルではなく気化性防錆パウダーが入っているポーチを追加したことで、内部には気化性防錆材が充満する環境となりました。
結果、製品のサビがなくなったことを確認できたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so85.html

段ボールの強度に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:段ボールが潰れることで商品価値そのものも低下することを懸念

とある輸出業者は段ボールに悩んでいたとのこと。海外へ野菜か果物を輸出すると、海上輸送では湿気に、航空輸送では結露にそれぞれ悩まされていたとのこと。結果、段ボールの旧度が損なわれてケースがつぶれやすくなり、商品にまで影響が及ぶリスクが懸念されるなど、段ボールそのものに悩んでいたようです。

改善:エッジボードの採用で段ボールが潰れなくなり商品価値の低下も減少

そこでエッジボードを採用。
エッジボードを段ボールの内側にセットすることで段ボールの強度がアップしただけではなく、段ボールの箱がずれることも抑制。箱破損のクレームが減少しただけではなく、積載率アップによって輸送コストの削減も成功。また、箱潰れが少なくなったことで荷受けしてもらいやすくなった点や商品価値の低下も減少するなど、様々なメリットが待っていたようです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so50.html

梱包作業の把握ができなかったものの機器導入で1名で最終検査まで可能に

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:作業効率が悪く何をしているのかさえ把握できない

梱包作業の工数を正確に把握できていなかったのも、工数が多々あり、かつ梱包のための箱が場所を取っていることから狭い場所での作業を強いられていたとのこと。製造のために段ボールを用意すると、作業場に段ボールが山積みになってしまう状況で実際の作業コストの把握さえできない状態だったとか。
また、細かい部分を把握できていなかったがために、段ボールの箱が足りなくなってしまったとき、検査から梱包までの流れが止まってしまっていたとのことですが、この問題は日常的なものだったとのことです。

改善:機器導入によって1名体制が可能に

それまでは2名体制で行っていた最終検査が、機器の導入によって1名で可能になったとのこと。また、それまで検査と梱包合わせて1台3分少々かかっていたものが、2分台でおこなえるようになり、1日あたりおよそ1時間ほどの工数削減効果が表れたとのことです。
また、作業がよりスムーズになったことで、作業の途中で止まってしまったりといったこともなくなり、管理側も作業の工数・工程の把握が可能になったとのこと。
さらに作業場そのものがすっきりしたことから見た目も整理できた点もメリットになったようです。

事例の物流会社:株式会社トヨコン
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社トヨコン公式サイト
掲載ページURL:https://www.toyocongroup.co.jp/case-other001/

紙製のパレットで起きていた問題を改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:紙製のパレットでは輸送中に箱が壊れてしまった

様々な考えから、木製のパレットを使用せずに段ボールで発送していたとある業者。しかし、輸送中に段ボールが破損するトラブルが発生していたとのこと。パレットの使用を検討したものの、燻蒸処理、さらにはパレットをいずれ処分しなければならない費用等を踏まえると、良い答えが出なかったとのこと。

改善:様々な製品を組み合わせることで破損リスク軽減に成功

そこでとある業者に相談すると、APPAパレットを提案されたとのこと。
角はエッジボードにて補強。また、PPバンドによる結束、ストレッチフィルムを巻くことで箱全体を梱包したパレットは、強度も十分。また、人の手で持ち上げるのではなく、あくまでもフォークリフトの使用が前提となったことから製品は存立が減少したとのこと。また、APPAパレットは箱同様紙製であることから輸出先での処分も問題とならず、製品寸法に合わせたことで輸送費コストも想定内に収まったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so61.html

輸送保管効率の悪さを改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:1段しか置けないロール状の輸送保管に悩まされていた

とある業者はこれまで梱包は木のパレットに製品を直に置いていました。しかし、ロール製品の場合1段しか積めないことから輸送保管効率の悪さに悩まされていました。

改善:段ボールスリーブを採用することで2段で運べるようになった

そこでとある業者に相談したところ、段ボールスリーブ仕様を提案されたとのこと。
結果、それまで1段だったものが2段で積めるようになったとのこと。また、製品を出し入れしやすいようにとスリーブ形状も工夫することで梱包の工数も削減。
結果、輸送効率が向上しただけではなく、製品出し入れの際の作業性も向上したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so58.html

屋外での保管に悩まされていた鉄道車両をシートによって改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:屋外で保管する鉄道車両の保管コスト・手間がかかっていた

とある鉄同車両製造会社は、電車の車両を出荷まで保管しなければなりません。しかも出荷までは長い場合は半年程度もあり、その間屋外で保管することから赤外線、傷など劣化防止のための対策が求められました。
特注のブルーシートを被せての保管を行っていたものの、1両梱包するだけでも2日間必要で効率の悪さに悩んでいたとのこと。手間も費用もかかれば、現場は雪の多いエリアだったことから、雪の重みでシートが破れてしまうこともあったとか。さらにはそこから水が浸入するなど、効果的な手段を講じることができずに悩まされていたようです。

改善:とあるシートを採用することで屋外保管が可能となり保管費用削減に成功

そこでとある業者に相談し、耐候剤入りシュリンクシートを導入。
風雪のシート破れ・異物混入を防ぐためにフィルムを熱収縮。製品に密着させることができるこちらの製品はそれまで利用していた特注ブルーシートよりも安く、かつ最後にいたで塞ぐ必要がないので梱包時間も大幅短縮を実現。シートの破損がなくなったことから屋外での長期保管も可能となり、保管費用の大幅削減に成功したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so51.html

輸送効率の悪さを流通加工導入によってコストダウンに成功した改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:加工後の製品の収容効率が悪く輸送費用が高くなっていた

とある部品メーカーでは完成品の状態によって積載効率が変動していたとのこと。
特に最終工程に曲げ加工がある場合、どうしても積載効率が悪くなってしまっていたものの、運ばなければならないものである以上、積載効率が悪い中でも輸送しなければならず、輸送コストが高くなっていたとのこと。また、自社で加工を行っていたことから部品・製品の在庫もある程度確保しておかなければならず、在庫に関しても膨らんでいた模様。

改善:流通加工から依頼することで輸送効率が改善

そこで流通加工まで依頼することに。最終加工した商品ではなく、加工途中の形の良いものを輸送。最終工程、そして組み立て工場への輸送を依頼することで、収容数が大幅にアップ。輸送効率の向上と共に、輸送費用のコストダウンにも成功。納品先近くの依頼先のセンターを利用することでリードタイムの短縮も実現。在庫の削減にもつながるなど、様々なメリットを享受できるようになったとのことです。

事例の物流会社:大興運輸株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:大興運輸株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.taikoh.co.jp/kaizen2/

パレットの重量と釘に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:加工・梱包 物流改善事例

課題:パレットから突き出た釘が荷物を突き刺したり重量から取り扱いに悩んでいた

とある業者はこれまで木製のパレットを利用していました。頑丈さに関しては問題なかったものの、突き出してしまった釘が鉄粉を入れているフレコンバッグに刺さったことからクレームが発生。また、重い木製パレットは現場も扱いにくく、大きな負担となっていたことから生産性も低下していたとのこと。しかしながらパレットのコストを上げるだけの余裕もなかったとのことです。

改善:紙製パレットによって重量を半分に実現。釘の不使用からクレームもなくなった

そこでパレットをハニカムボード(紙製)に変更。20㎜の厚さのハニカムボードを2枚貼りして強度を保持。また、トラックの荷台の汚れを想定。特に濡れていると大きな問題になりかねないことから底シートには耐水段ボールを使用。結果、木製パレットよりも半分の重量となり、かつ釘の使用をやめたことからクレームもなくなり、かつ自社の環境対策にも貢献するなど様々なメリットを享受しているようです。


事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so60.html

アナログな環境がシステム化によって改善された物流改善事例

分類:その他 物流改善事例

課題:紙のノートで字が読めなかったり入庫に手間取ったりしていた

国内物流センターだけではなく、国際的な輸送事業を行っているこちらの会社では、それまでトラック受付を紙のノートで行っていたとのこと。そのため、クセ字で読みづらく、電話番号を記入してもらっていても判別できずに連絡取れない状況となってしまったケースもあったり、個人情報管理の観点からノートを置いたまま事務所を離れることができないなどの問題がありました。
また、その点以外にも車両の待機時間の問題もあります。
それまではいつトラックがやってくるのかは分かりませんでしたので、トラックの待ち時間が頻繁に起きており、平均で1時間半ほどになってしまうことも。
このように、解決すべき課題が多い状況に悩まされていたとのことです。

改善:システム化によって判別不能文字がなくなりシステマチックな環境が構築された

そこで問題解決のためにとあるシステムを導入。
すると、まずクセ字ではなく電子データとなったことで文字の識別ができないといったことがなくなりました。結果、ドライバーとの摩擦がなくなり、円滑なコミュニケーションの構築が可能となりました。
また、どれだけ込んでいても待機は30分以内となったことで荷受け時間の延長もなくなるなど、様々なメリットが確認できているようです。


事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/427

本のニーズの変化で従来環境に悩まされていたものの改善した物流改善事例

分類:その他 物流改善事例

課題:オリコンのサイズとニーズにずれが生じて効率の悪さに悩んでいた

とある書籍業者は無店舗販売を行っており、業績を伸ばしていました。しかし、内訳を見ると個人宅への配送が増えていた一方で、一軒当たりの物量は少なくなっていたことから、従来稼働していたオリコンは大きすぎてしまい、効率の悪さに悩まされていました。

改善:ハーフサイズのオリコンによって問題が改善された

そこでとある業者に相談したところ、従来のオリコンと平面積は同じでありながら高さを抑えたハーフサイズのオリコンを開発してもらいました。
2種類のオリコンを活用できるようになったことから運賃効率が向上。また、折りたたまれている状態であってもどちらのオリコンなのかが瞬時に判断できることから作業効率も高まったとのことです。

事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:三甲株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/oricon06/

輸入した商品を沖縄から北海道のすべてのお客に当日配送可能となった物流改善事例

分類:その他 物流改善事例

課題:輸入した商品をその日のうちに届けたい

とあるメーカーは輸入した商品を当日にお客に納品したいとの理想を掲げていたものの、納品先は沖縄から北海道。その点でどうすればよいのか悩んでいたようです。

改善:輸入した商品を当日の22時までにすべて届けることができた

とある業者に委託したところ、依頼を受けた業者は緻密な計画を立案。
まずは関空で受け取った荷物を倉庫へと持ち帰ると路線便や航空便、チャーター便を駆使して午後から随時発送。当日20時までには99%の納品を完了させ、さらには22時をもって全研の納品の完了となったとのことです。

事例の物流会社:株式会社ニッソー
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社ニッソー公式サイト
掲載ページURL:http://nisso-com.co.jp/case/

トラック渋滞が納品方法変更によって改善した物流改善事例

分類:その他 物流改善事例

課題:トラックの受付待ちで長蛇の列ができて非効率だった

とある化粧品メーカーでは朝から納品を行うため、荷受場には納品車両が多く待機している状態となっていたとのこと。これにより待機時間も長く発生してしまうなど効率の悪い環境に悩まされていたようです。

改善:納入方法変更がトラックの台数削減・渋滞解消を実現した

そこでとある物流業者に相談。
まずはJIT(ジャストインタイム)納品を採用。必要なものを必要な時にだけ受け入れる体制により、入庫車両の減少に繋がり、車両の渋滞が緩和されました。
また、資材を一元管理したことによって発注業務の簡略化も実現。さらには車両台数が削減されたことで、CO2の削減にも繋がったとのことです。

事例の物流会社:トーエイ物流株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:トーエイ物流株式会社公式サイト
掲載ページURL:http://www.toei-logistics.co.jp/jirei/make.html

労働者不足の将来不安をシステム導入によって改善した物流改善事例

分類:その他 物流改善事例

課題:労働者不足から新しい環境の構築が求められた

国内ホームセンター事業において6番目の規模を誇るこちらの起業。関東地方を中心に店舗展開していることから、物流センターもいくつか保有。その中で労働者不足に悩まされていたことから、将来を見据えた無人化・自動化をコンセプトとしたセンターを立ち上げることにしたとのこと。
例えばそれまでは入荷状況が当日になるまで分からない状況となっていたとのことですが、自動化のためにはこれらのスケジューリングも必要だと考えました。

改善:システム導入・自動化によって実績に基づく改善要求が出せるようになった

労働者不足の問題に直面していたことから属人的なものとしてはリスクも高まることからシステム化を導入。
バース管理をシステムで行える点やガラケーに対応していた点が好評とのことで、庫内作業に関しても計画通りに進めることができる点やトラック到着時間のデータを取得できるようになったことから取引先に対して、実績に基づく改善要求を出せるようになったとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/
case_study/1131

流通加工業務の
現場事情・物流会社の選び方

その他の業界の物流改善事例

入荷受付場所がないセンターも入荷受付サービスで問題解決

分類:その他業界 物流改善事例

課題:入荷受付場所がないセンターでどのように受付を行うのかで悩んでいた

とある物産ロジスティクス会社では、将来を見据えて新しいセンターを構築しました。幹線輸送の物流拠点として大きな役割をと考えてのものでしたが、新しいセンターでは入荷受付場所がないことが分かりました。
これまでのように予約せずに順番通りに受付をと考えた時、オペレーションそのものを変更しなければならず、大きな問題となることが予想されました。
また、事務所の人員も少ない点からシステムで解決できないかを模索していたようです。

改善:事前予約サービスで受付場所がなくても問題なし

環境改善のために事前予約サービスの導入を決定。既に他のセンターでは導入していたことから、信頼感もあったとのことです。
センターだけではなく、ドライバーや事務所、さらには倉庫内やサプライヤーなど物流に携わる人すべてに方針を伝えなければならなかったものの、理解してもらえたとのこと。
結果的に多くの人間からの同意を得てシステムを導入し、入荷受付場所がないセンターではあってもスムーズな業務を行えているとのことです。
また、ドライバー側も予約することで待機時間がほぼゼロになるメリットがあるだけではなく、庫内作業の効率化、事務所と庫内のコミュニケーションの円滑化など、様々なメリットがあったようです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu公式サイト
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1128

カゴ車では通過できない狭い通路の問題を改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:通路を通れないカゴ車の問題で悩まされていた

とある物流センターでは倉庫内の移動の際、大型のカゴ車で商品を移動していたものの、通路が狭いことから、移動の際に支障をきたすこともあったとのこと。

改善:従来よりも細長い台車を採用することで問題を解決できた

そこで新しい搬送用什器を採用。それまで利用していたカゴ車よりも細長いことから狭い通路でも移動が可能になったとのこと。また、一般的なカートと比較しても短い点が特徴であることから取り回しが良いにも関わらず、キャスターそのものは比較的大きなφ130を採用したことで移動もスムーズとのことです。事例の物流会社:三甲株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流会社:三甲株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.sanko-kk.co.jp/consulting/case/sancartrack/

倉庫内での事故が頻発していたものの角当てによって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:倉庫の角当てが見にくくフォークリフトが商品を突き刺す事案が多々発生していた

角当てにクラフト色のものを使用していたものの、貨物と同系色で見分けがつきにくく、フォークリフトが商品を突き刺してしまう事案が多々起こっていて困っていたとのこと。

改善:目立つ角当てに変更したことで安全・品質管理双方が改善

そこで問題解決のためにエッジボードを採用。
虎柄や紅白柄など目立つ柄のエッジボードを角当てに採用したことで見た目ですぐに判別できるようになり、注意喚起効果の高まりから商品へのダメージが軽減されたとのこと。倉庫内の安全・品質管理双方に於いてメリットを実感できているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so42.html

作業スペースの狭さをロールスタンドによって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:作業スペースが狭く効率の悪い作業を強いられていた

新たに通販事業を始めたとある業者では、ノウハウがなかったことから作業スペースをあまり確保できなかった模様。結果、従来の倉庫の一角で作業を行わざるを得ず、緩衝材、テープといった資材を大量に使用せざるを得ないことから作業性の悪さに悩まされいたとのことです。

改善:ロールスタンドを採用したことで作業効率がアップした

そこで採用したのが緩衝材ロールスタンド。
梱包に必要な資材である緩衝材ロールスタンドのディスペンサーを配置。省スペースでの活用が可能だったことから作業性が向上したとのこと。また、梱包資材をカッターで切ることも可能なので生産性も高まり、荷物の上げ下げが減ったとのこと。年齢関係なく、スムーズな作業が実現した模様です。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so40.html

割高な旧式システムを最少システムに変えてコスト削減に成功した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:無線の費用が高くなっていた

とある海上コンテナの内陸輸送業者はそれまでGps搭載の営業無線を利用していました。しかし、無線そのものは利用していないことから位置情報取得のみを利用。すると、費用の高さがネックとなっていることに感じていました。

改善:動態管理システムによってコストが半分以下に

問題・課題解決のために動態管理システムを導入。2つのシーンで有効活用しているとのこと。
まずは配車担当による活用。次のコンテナはどれにするのかや車両の現在位置と荷主の情報を元に判断できるようになりました。
また、インランドデポでも活用しています。コンテナの置き場所次第でその後の作業動線が大きく変わってしまいますが、確認しながら効率的な作業を可能としました。
結果、コストは半分以下に収まりながらも車両の回転率は25%アップしたとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1944

ラッシングの作業性の悪さを改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:ラッシングを二人で行うので作業効率の悪さに悩んでいた

海上輸送業者はドラム缶輸送の際、作業性が悪いことに悩んでいた模様。
基本的に二人での作業となることから作業効率も悪かったことに悩まされていたようです。

改善:ベルトを採用することで一人でのラッシングが可能になった

そこで問題解決のためにとある業者に相談すると、とあるベルトを推薦されたので採用。
これにより、一人での作業が可能になったことで生産性が高まったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so77.html

スマホの限界からシステムを導入して改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:スマホではいろいろなストレスがドライバーに負担を与えていた

一般貨物と軽貨物を扱っているとある運送会社では、案件の多くがスポット運送となっていることからも、フットワークの良さが特徴。そのため、案件を受けた際に車がどこにいるのかが重要でした。
そのため、常にスマホを車に設置していたものの、スマホも安くはない点や常に電源を入れていなければならないのでドライバーとしても余計な気を使わざるを得ないなど、スムーズな作業とは程遠い環境だったようです。

改善:システムによって管理が可能になり業務量の抑制につながった

問題解決を図るべく、配送案件管理システムを導入。
リアルタイムでの軌跡が見えることから端末が外れてしまった場合、すぐにドライバーに連絡できるようになった点や速度管理も可能なのでスピードの出しすぎの抑制にもつながったとのこと。
複数の車両を一つの画面で確認できることから、案件を受けた際、どの車両に引き受けてもらうのかもわかりやすくなったとのこと。効率化をもたらし、業務量に関しては3分の2以下になっているとのこと。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/607

運送会社の人手不足をシステムによって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:依頼していた運送会社の人手不足で自社に影響が出ている

世界230の拠点で事業を展開しているとあるメーカーは、物流に関しても環境を整備していました。
とある工場では1日37台、95便を管理し、さらには毎月運行ダイヤも変更するなど、より良い環境を追求していたのですが、運送会社の人手不足から、それまで連絡を取っていた管理者さえトラックに乗るようになってしまい、問い合わせに対しての対応が遅くなっていたとのこと。

改善:動態管理システムを導入したことで自社での管理が可能となった

そこで輸送会社に頼らないトラックの動態管理をということで、動態管理システムを導入。
結果、ダイヤ変更の際の検証時間がおよそ半減。ダイヤが守られていない場合の見直し、さらには運航データの即時確認が可能となったことから、効率の良い運行も可能になったようです。
また、輸送会社に頼らないことから輸送会社や仕入れ先に対しての提案・確認も行いやすくなったとのことです。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1035

老朽化したシステムをクラウドシステムに変えて改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:自社設計システムが古くなっていた

プロダクションの機能子会社としてグループの物流を管理しているとある会社では自社システムを開発し、運用していました。
当初こそシステムを運用することでそれまでよりも効率の良い環境を構築できていたのですが、歳月と共にシステムでは対応できない点も増えていた点に悩まされていたとのことです。

改善:クラウドシステム導入によってシステム改修が不要になった

そこでクラウドタイプの新しい運行システムを導入。
すると、クラウドタイプということで新しい機能も随時追加されていき、かつ機能が多いことで設定内容の自由度も高く、決して大きくはない、およそ1日10台以下の受け入れ台数になることもあるバースでも十分に運用できるものだったようです。
自社システムをコストをかけて改修するよりもリーズナブルかつスピーディーに対応できたとのこと。また、それまではスケジュール管理のみだったシステムが商品情報取得、さらには台数や時間といった細かいデータを取得できるのでデータの振り返りが行いやすくなったと共に、他のセンターへの導入も検討しているとのことです。

事例の物流会社:株式会社Hacobu
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:株式会社Hacobu公式サイト
掲載ページURL:https://movo.co.jp/case_study/1155

目視できない素材を風力選別機によって改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:目視できない素材をどうすべきかで悩んでいた

とある業者は天然有機石灰の製品化のために小石や砂利、薄貝いった素材の選別作業をと思ったものの、目視での選別が不可能とのこと。効率の良い作業をと思っても、目視が不可能である以上お手上げ状態だったとのことです。

改善:風力選別機の導入によって選別精度が上昇した

そこでどうにかならないか業者に相談したところ、風力選別機を導入。
製品かを踏まえ、インバータにて制御できる風力選別機をコンベアにて一連稼働。結果、小石や砂利の選別精度が上昇したことで生産性も向上。また、製品の付加価値も高まるなど問題解決と共に様々なメリットを享受しているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so21.html

配置の悪さから生まれる作業員の負担を改善した物流改善事例

分類:その他業界 物流改善事例

課題:作業環境が悪いことで作業員の負担が大きく、効率も悪かった

とある業者は倉庫内作業に於いて、作業台の高さが作業員にマッチしていないことから作業の際に負担があったとのこと。また、正確性を求める作業にも支障をきたすなど、改善策を模索していたとのこと。

改善:レイアウト等を変更したことで作業効率が改善された

そこでとある業者に相談したところ、台車の高さや位置を変更することで負担減少による作業効率改善を実現。作業者は歩数が減少したことで肉体的な負担も軽減されるなど、様々な改善効果を得られたとのことです。

事例の物流会社:パナソニック
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

パナソニックYoutube
掲載ページURL:https://www.youtube.com/watch?v=CGDkZr7O-s4

物流ゴミ処理界の物流改善事例

大型船のゴミ問題を圧縮機によって改善した物流改善事例

分類:ゴミ関連 物流改善事例

課題:大型船の大量のゴミが臭いや虫問題を生じさせていた

とある輸出業者はタンカー、ガス運搬船、自動車運搬船など大型船を多々保有。これらの船は一度出港すると一か月から二か月は陸地に接岸しないことから、いつも船内のゴミ問題に悩まされてていたとのこと。
場所の問題もあれば、不衛生な点からハエが発生したり臭いに悩まされるなどゴミ問題に苦慮していたようです。

改善:圧縮機によってゴミを圧縮することで虫・臭いの問題の改善に成功

そこでとある業者に相談したところ、圧縮機を導入。
圧縮機によってゴミを減容化させることでハエなど虫の発生や臭いの問題も軽減。船内のゴミ問題に貢献してくれているとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so56.html

かさばるゴミ問題を改善した物流改善事例

分類:ゴミ関連 物流改善事例

課題:ゴミがかさばり、運搬だけで処理コストがかさんでいた

とある工場ではゴミの処理に悩んでいました。ゴミをフレコンバッグに分別して処理していたものの、かさばるゴミが多いことからゴミ保管所はすぐに満杯となってしまい、運搬車が何度も運搬を行う必要性に迫られていることからゴミ処理コストも高くなってしまっていたとのこと。

改善:新しい手法によりゴミの運搬の効率化に成功した

そこでとある業者に相談し、新機器を導入。
ゴミを圧縮することができる新機器によって、バラバラだったゴミも圧縮して梱包が可能になり、効率化が実現したとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so55.html

大量のゴミ問題を圧縮機によって改善した物流改善事例

分類:ゴミ関連 物流改善事例

課題:大量のごみが見た目、そしてコストの問題を生んでいた

とあるビル管理者はゴミの量に悩まされていたとのこと。
およそ100店舗ほど入店しているオフィスや店舗からのゴミの量は大量で、1週間ほどで保管所を一杯にしてしまっていたとのこと。結果、保管場所が雑になってしまって見た目の悪さにも悩まされたり、コストそのものも増大するなど悩まされていたようです。

改善:圧縮機によってゴミ収集車の稼働を減少させコスト削減に成功

そこでとある業者に相談したところ、圧縮機を推薦されたので採用。
また、圧縮したゴミも保管しておかなければならなかったことからクロス紐掛けが可能な圧縮機を採用。
結果、10分の1に圧縮が可能となり、圧縮率4分の1を記録。それまで毎週呼んでいたゴミ収集車が、圧縮機導入以降は一か月に一度で済むようになったとのことで経費削減が実現しただけではなく、ゴミ保管庫の見た目の改善にもつながったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so54.html

ストレッチフィルムのゴミ問題を改善した物流改善事例

分類:ゴミ関連 物流改善事例

課題:パレットのストレッチフィルムのゴミ問題に悩まされていた

とある食品工場では、自動倉庫のパレットの保管物にはストレッチフィルムを使用し、荷崩れ防止対策としているものの、フィルムの梱包作業時間がかかること、さらにはゴミになってしまうことに悩んでいました。

改善:パレットカバーによってゴミの削減に成功しただけではなく企業イメージもアップ

そこでとある業者に相談したところ、ストレッチフィルムから特注パレットカバーを提案されたので採用。
絞り調整機能もあることから荷崩れ防止に関しては問題なし。また、帯電防止素材なので異物混入も防止。作業時間はストレッチフィルムの半分ほどで、さらには継続的に使用できることからゴミの削減にも成功。
異物混入リスクの低下と共に、ゴミの減量による企業イメージアップにもつながったとのこと。また、初期費用はおよそ10カ月でペイできたなど、コスト面でも役立ったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so08.html

大量の廃棄段ボールを改善した物流改善事例

分類:ゴミ関連 物流改善事例

課題:大量の廃棄段ボールの扱いに悩まされていた

とある倉庫では大量の廃棄段ボールに悩まされていました。
段ボール廃棄場まで一日に何往復もして運んでいたとのこと。また、廃棄場まではリフトの行き来も多いことから、危険性も伴っていたとのこと。

改善:廃棄段ボールのためのコンベアを設置することでいつでも廃棄が可能となった

この問題の解決のために、コンベア設備を設置。
カゴ車による搬送ではなく、コンベアに段ボールを置くことで廃棄口まで自動で搬送できる環境が実現。大量の段ボールも、わざわざカゴ車を利用することなく、すべてその場で廃棄が可能となったことから移動の手間が減少するだけではなく、段ボールをため込む必要性もなく、ゴミが出た瞬間に廃棄が可能な環境が実現しました。また、作業の効率化だけではなく、リフト作業の影響もなくなったことで事故の心配もなくなるなど安全面でのメリットもあったとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so17.html

大量のゴミの搬出に悩んでいたものの改善した物流改善事例

分類:ゴミ関連 物流改善事例

課題:大量のゴミのおかげで作業効率が悪かった

スーパーやホームセンターといった業態の新店舗施工、改装、閉店の際に解体・搬出を行っていたとある業者は現場から持ち帰った養生材、資材といったゴミ問題に悩まされていたとのこと。
一度に大量のゴミがでることもあるので何度も搬出しなければならないケースもあり、対処に困っていたとのことです。

改善:とある機器を導入したことで搬出回数や人件費の抑制に成功

そこで業者に相談した際に勧められたのがパワープレス。
ボタン操作だけで圧縮作業が可能なこちらの機器を導入したことで一度に多くのゴミを圧縮できるようになったとのこと。
結果、搬出回数はそれまでの2分の1から3分の1に減ったとのこと。また、搬出回数の減少に伴い、時間的な手間だけではなく燃料や人件費、さらには排出CO2量の削減など様々なメリットが待っていたとのことです。

事例の物流会社:もりや産業株式会社
当事例の詳細は下記URLページに掲載されています。

事例の物流サイト:もりや産業株式会社公式サイト
掲載ページURL:https://www.moriyas.co.jp/solution/so72.html

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー