物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » 業界別物流事情 » 日用品・雑貨の物流

日用品・雑貨の物流

日用品・雑貨業界の物流課題

日用品や雑貨業界は消費者にとって身近なアイテムたちです。

毎日のように必要とされているものもあるので、物流需要も他の業界と比較して高いです。そのため、ただ単に物流業者に依頼するだけではなく、より効率的な物流環境の構築が求められています。

特に高効率化を狙うのであれば、如何にトラックにより多くの商品を入れるかが求められますので、梱包も問われます。

形を整え、どのようなトラックであっても規則的に入荷できれば、自ずと配送効率が高くなります。

日用品・雑貨業界の物流をアウトソーシングした方が良い理由

日用品・雑貨に関してはアウトソーシングを頼った方が良いでしょう。なぜなら、需要が大きいので自社便だけで回せなくなるケースもあれば、突発的な需要に対応しなければならないケースもあるからです。

例えば日用品・雑貨は芸能人やインフルエンサーによって売り上げが変わります。テレビやSNSで紹介されることで一時的に需要が高まるケースが珍しくありません。

そのような時、すぐに対応できるアウトソーシングであれば、需要にしっかりと応えることができます。

日用品・雑貨業界の物流に必要な要件

日用品や雑貨業界の物流に適した物流会社は多チャンネルに対応している会社です。

品目が多いので、倉庫の物理的なスペースの広さだけではなく、細かく区分けして保管できるのか、保管した商品の出し入れは容易なのかが求められます。出し入れしにくい保管スペースがある場合、発送・仕分けのスピード感を損ねます。

いつどこでどれだけの需要が発生するか分からない品目が多いので、常に出荷のことを考えた保管に対応している物流倉庫が適しています。

日用品・雑貨業界の梱包・物流現場に求められること

日用品・雑貨の梱包・現場に求めらているのは正確性です。とにかく多種多様な品目を扱うことになりますので、間違いも起きやすいのですが、間違いが起きると誤配送となります。

購入者としても、日用品・雑貨は手元に届いたその瞬間から使用したいものです。手元への到着が遅れると信頼を損ねます。

実際、様々な業者で販売されている日用品・雑貨の場合、商品配送が早い業者を選ぶ消費者もいますので、商品配送を鈍化させないためにも、仕分け作業における正確さが求められます。

日用品・雑貨業界の物流会社を選ぶポイント

正確性を現す数値等を出している物流業者に依頼すると良いでしょう。ミスの比率をみれば、自社が依頼した際、どれだけミスが発生するのかある程度シミュレーションが可能です。

また、近年は物流倉庫にもDX化の波が押し寄せていますので、人間による手作業ではなく、何らかのシステムを利用しての仕分け作業を行っている物流倉庫も良いでしょう。

システムを利用している倉庫は、ミスが少ないので、より早くという消費者需要に応えることができます。

日用品・雑貨業界の特徴

日用品・雑貨は様々な商品が登場していますので、品目が多いです。一瞬同じように見えても、実は異なるケースも珍しくありません。また、日常的に使用するものなので出入りも激しいです。

業種によっては倉庫に置いている物やめったに出荷しない物がありますが、日用品・雑貨に関してはいずれも頻繁に出荷されますので、倉庫環境によって売り上げが変わります。

出荷の度に苦労を伴う倉庫と、スムーズに出荷できる倉庫とでは、一か月単位でみれば大きな違いが生まれます。

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー