物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » 物流の管理 » 物流をDX化して効率化

物流をDX化して効率化

物流はデジタル化と非常に相性がいい業種です。商品一つ一つをデジタルで管理することで、より効率的な保管や流通加工、在庫管理などが実現できます。

物流工程にDXを取り入れる理由

物流企業にとってのお客様とは、メーカーや小売業がメインとなります。クライアントに対して、物流の面でソリューションを提供するのが物流会社の仕事です。

クライアントにとって物流会社に求める作業は多岐に渡ります。消費者の手元に商品が届くまでに配送、保管、流通、加工、梱包、情報管理など、どれが欠けても効率的な物流ができません。

さらに最近ではメーカーや小売業の購買計画、オムニチャネル化、マーケティング戦略、価格戦略などにも物流は関わってきています。

そのため物流会社とクライアントのあいだのシームレスな情報のやり取りが欠かせません。

このように物流ビジネスを取り巻く事業環境は大きく変化しています。クライアントへ適したソリューションを提案するためにも物流のデータは必要不可欠です。以上のことから物流工程のデジタル化は避けて通れないものになっています。

物流工程をDX化する方法

例えば製造業の現場で部品を移動させるケースを考えてみましょう。

まずどの部品をどれだけ移動させたかを、手入力で入力します。さらに部品を乗せるための台車を次の作業場まで運んで、積み下ろします。

非常に単純なこれだけの工程にもミスが起こる要素が潜んでいます。

まず、問題となるのは手入力です。ヒトが入力するためにヒューマンエラーが起こりえます。そうすると部品が足りなくなったり、余ったりして、在庫管理に不具合が生じます。また、台車に乗せる際に部品が破損したり、間違った場所に運んだりする恐れがあります。

広大な工場で小さな部品一つを探すのは大変な作業で、深刻な時間のロスが起こります。そのためには、例えばRFIDならびに管理システムを導入して、部品管理するのも解決策の一つです。このように、どうすれば効率的な作業が実現するかを考えることがDX化の第一歩だといえます。

物流工程のDX化の課題

物流倉庫会社のすべてが、潤沢な予算を設備投資に回しているかと言うと、そうではありません。むしろ自動化やロボット化などDX化が進んでいない物流倉庫のほうが多いのが現状です。

DX化が進んでいない理由の一つとして考えられるのが、企業における組織の問題です。

企業は機能によって営業企画部、マーケティング部、システム開発部、製造部、総務部などに分かれますが、物流はこれらすべての部署に関わる業務です。したがって、それぞれの部署が垣根を越えて物流の効率化に取り組まなくてはならないのですが、そこには組織の壁があり、簡単には超えることができません。

もともと会社は事業の効率化のために作業を細分化し、部署を分けているのに、それを再統合しようとすると、色々な問題点が噴出します。

また、部署をまたぐコミュニケーションには人的なコストがかかってしまいます。言い替えると社内政治や人間関係が発生してしまうため、本来の業務とは関係のない、属人的なコミュニケーションに多くの時間が取られてしまうのです。

DX導入のコスト

DX導入のコストとしては、人的なコスト以外にも、金銭的なコストがかかります。

例えば在庫管理はシステム開発部が行なっており、売上管理は営業部が行なっている場合を考えてみましょう。

売上計上のタイミングが出荷報告の時点なのか、それとも出荷指示の時点なのかによって、理論在庫と実在庫に誤差が発生してしまい、ピッキングが空振りに終わることがあります。

それを防止するためには、DX化によって在庫と売上をバーコードで一元管理することが必要です。ところが一元管理するためには、この例だとシステム開発部と営業部の管理システムを統合する必要があります。

そうすると管理システムを変更しなくてはなりませんが、ドミノ倒し的に他の部署の管理システムも変更する必要が出てきます。

結局は全社的にシステムを変更することになり、多額の予算が必要となるのです。

物流工程のDX化による効果と事例

物流工程がDX化されるということは、現場において省人化が進むということです。これまでスタッフの手で行ってきた作業の多くが機械化されることで、物流倉庫は装置産業化していく流れになるでしょう。

人手に頼らない分、人件費の割合が低くなり、資本財のいわゆる「規模の経済」が働くようになります。つまり、多額の初期投資をおこない、システムやロボットを準備することでビジネスを制することができるということです。

実際に物流倉庫の分野ではビジネスの寡占化が進みつつあります。

昔は建坪で3,000坪あれば比較的大きな倉庫だったのですが、最近では3万坪を超える物流倉庫も出現しています。

一方で小規模ながら競争に打ち勝っている企業もあります。多くの場合、都心部に近い立地で、小規模物流に適した構造をしており、運送のラストワンマイルに強みを発揮している企業が多いようです。

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー