物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » 超解説:物流倉庫の設計が効率化の肝! » 物流倉庫のレイアウトまとめ

物流倉庫のレイアウトまとめ

物流倉庫レイアウトのポイント

倉庫レイアウトの設計を開始する前に、すべてのビジネス要件と、使える予算を確認することが大切です。特に保管するべき品物の分量や保管領域を計画しておきます。

また商品のタイプごとにグループ化(クラスター化)を行い、倉庫スペース全体の中で、どれほどのスペースを占めるのかを確認します。

それらの制約条件を考慮した上で、レイアウトを計画します。

レイアウトを考えるプロセスでは、何度も設計変更することがあります。これは自然なことで、最適な費用対効果の高いレイアウトに至るまでには試行錯誤が続きます。

倉庫のレイアウトを設計するときは、棚の配置、オフィスエリア、空のパレット置き場、充電ステーションなどのスペースを考えながら、目的とする機能にできるだけ多くのスペースを割り当てることが重要です。

目的とする機能は企業によって異なります。保管する機能を重視する企業もあれば、梱包やラベル張りの作業スペースに多くの面積を割り当てる企業もあります。

物流倉庫レイアウトの注意点

物流倉庫を円滑に機能させるため、商品とスタッフの流れが途切れないようにすることが重要です。荷受け、保管、ピッキング、梱包、出荷などのさまざまな作業プロセスで、非効率なルートや混乱を回避して、戦略的な倉庫レイアウトを設計しましょう。

大型倉庫の場合は、フォークリフトやパレットジャッキ、トップリフターなどのマテリアルハンドリング機器が必要となります。マテハン機器が通るサイズの間隔も計算しておきましょう。

大型の荷物の場合は、配送用のトラックまでの荷積みの導線を確保しておく必要があります。十分なサイズの導線間隔がないと、手作業で荷卸しをするはめになり、時間がかかったり、作業中の事故の原因となったりします。

ピッキングや梱包などの作業スペースは、保管エリアの内側、あるいはトラックとのアクセスポイントの近くに設置することが合理的です。

このように倉庫内のレイアウト設計によって、作業の段取りやスピードが大きく変わってきます。また一度決定したレイアウトは頻繁に変更することができないため、最初のレイアウト設計には十分時間をかけて慎重に検討することが大切です。

効率化を加速させる物流倉庫のレイアウト

まずは自社製品を使って、机上の作業フローを確認します。商品によって微妙に違いはありますが、倉庫内の作業工程は一定程度同じです。

レイアウト図面で作業導線を描いた時に、距離の短い一筆書きができたのなら、倉庫レイアウトは正解だと言っていいでしょう。

ただし、途中に狭い通路を挟んでいたり、マテハン機器をよけながら歩いたり、商品を取りに行く作業スタッフの歩行距離が極端に長くなってしまった場合などは、更なる検討が必要です。

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー