物流アウトソーシング会社が見つかる ブツレボ

物流アウトソーシング・3PLパートナーが見つかる! » 流通加工業務の物流アウトソーシング » 材料加工・商品組み立て の効率化【流通加工の物流アウトソーシング】

材料加工・商品組み立て の効率化【流通加工の物流アウトソーシング】

▼企業紹介はコチラ▼ 
流通加工業務の物流アウトソーシング・3PL

材料加工・商品組立の効率化

製造・建設・販売などの現場を支援

流通加工には大きく分けて、商品のラッピングや梱包、また値札やアソート商品をまとめ販売しやすくする「販促加工」と、生産活動に関わる「生産加工」の2種類があります。材料加工や商品組立は「生産加工」の代表的なサービスメニューと言えます。また、流通加工の様々なメニューの中でも生産加工の需要は拡大する傾向にあり、多くの物流会社がこの分野に参入しています。材料加工とは、物流の段階で商品の一部に手を加えることです。また、商品組立は、出来上がったパーツを一つのユニットに組み立てるイメージです。いずれも商品の付加価値を高めるとともに、その後に続く製造や建設、販売などの業務効率化をサポートしています。

物流会社が石膏ボードを加工

材料加工の具体例としては、住宅建材の石膏ボードがあります。工場から出荷された石膏ボードは通常は板状ですが、建築現場で使うには設計図の寸法に合わせて切断したり、丸くくり抜いたりする作業が必要です。しかし、これを工場や建設現場でやるのは大変です。そこで、この切断作業を請け負う物流会社が登場しています。メーカーの工場からトラックで石膏ボードを自社の加工施設に輸送。加工施設にはランニングソーやNC(数値制御)加工機などが導入されており、ミリ単位の誤差しか許されない作業をこなします。このように加工した石膏ボードは再びトラックに積まれて建設現場に搬入され、そのままの状態で建築に使われるのです。これにより建設現場の負担が大幅に軽減されます。

食品でも材料加工は普及

また、材料加工は食品の分野でも広く行われています。スーパーでは惣菜を売っていますが、店舗側が全ての調理をこなすのは時間や手間がかかります。そこで惣菜ができる前の肉や魚、野菜などの原材料を物流段階で切り分けたりして、調理しやすいよう加工するのです。店舗側には製造の生産性を良くする専門機材しか揃っていないことが多く、商品形態によって臨機応変に作業するスペースや機材、人材などが不足しています。そのため店舗とは別の物流倉庫に委託し、互いがうまく連携することで全体最適化を図っているのです。

商品組立で工場を効率化

自動車部品のユニットを製作

一方で、商品組立は、自動車部品で多くの事例があります。自動車メーカーの物流子会社では、メーカーの工場からオンラインで生産情報を受け取り、これに合わせて部品をユニットに組み立てて同期搬入しています。自動車の生産は、部品のアッセンブル(組み立て)がメインとなりますから、小さいユニットを物流段階で完成させておくと、全体の流れがスムーズになり、効率化が実現できます。こうした商品組立サービスは、メーカー直径の物流会社だけでなく、地場の物流会社でも行っていて、複数の部品メーカー(サプライヤー)から集約した製品をユニットに組み立てています。自動車部品は、メーカー工場のラインで車が流れている順番に並べ変え、ジャストインタイムに搬入していく必要があるため、製造の一部まで物流でカバーすることでサプライチェーンの全体最適化につながるのです。

加工・組立の裾野は広い

こうした材料加工・商品組立の裾野は広く、断熱・遮音材、金属部品、電気器具、アルミ建材など幅広い品目で行われています。荷主企業の効率化やコストダウンにつながるのはもちろんですが、物流会社は加工・組立をサービスに加えることで同業他社との差別化を図ることができます。物流業界は競合が激しく、多くの業者が倉庫を建設して保管サービスまで手掛けていますが、これだけでは差別化が難しくなっています。生産加工に関わることでメーカーの効率化に貢献し、自社の収益も向上させることもできるのです。近年は、アルミ建材の一つであるサッシの加工に留まらず、建築現場での取り付けまで請け負う物流会社も出ています。後継者難に直面している小規模な工務店に代わって、物流会社がワンストップサービスの体制を構築することで、自らの存在意義を高めているのです。

流通加工業務の物流アウトソーシング・3PL企業紹介Selection

現在、物流アウトソーシング・3PL企業紹介の掲載はありません。※掲載物流会社を募集中

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー