自社の成長フェーズに即した物流戦略がEC成功の鍵

   

2018年。10兆円を超える伸びを見せているEC・通販市場。いまや個人から企業までたくさんの通販事業者がしのぎを削っています。初めは小さく始めた通販サイトでも、だんだんと規模が大きくなってきて業務も多くなり、日々の発送手続きに四苦八苦している…なんて方も少なくないはず。そうなってくると、コア業務を疎かにしないためにも、発送や各種雑務を代行してくれる物流倉庫(発送代行)サービスの利用を視野に入れなくてはなりません。
このサイトでは、そんな通販業務の代行サービスを検討している事業者の皆さんに向けて、為になる知識やおすすめの業者を紹介します!

2018年。10兆円を超える伸びを見せているEC・通販市場。いまや個人から企業までたくさんの通販事業者がしのぎを削っています。初めは小さく始めた通販サイトでも、だんだんと規模が大きくなってきて業務も多くなり、日々の発送手続きに四苦八苦している…なんて方も少なくないはず。そうなってくると、コア業務を疎かにしないためにも、発送や各種雑務を代行してくれる物流倉庫(発送代行)サービスの利用を視野に入れなくてはなりません。
このサイトでは、そんな通販業務の代行サービスを検討している事業者の皆さんに向けて、為になる知識やおすすめの業者を紹介します!

ポイント別【おすすめ通販物流倉庫3選】Selection

成長フェーズ「シード・アーリーステージ(0~年商4,000万円規模)」「ミドルステージ(年商4,000万~10億)」「レイターステージ(年商10億~)」に合わせて、それぞれ「スタートアップに優しい」「コストコントロールを重視」「上場企業の知名度と豊富な実績」という3つポイントで比較し、おすすめできる業者をそれぞれ選んでみました。
商品や出荷数によりますが月商300万程度(年商4,000万程度)から、自前での物流対応は難しくなり、物流戦略が非常に重要になってきます。自社の物流の効率化のため、ぜひ参考にしてください。

  1. オープンロジ

    アーリーステージの事業者向け
    (年商4,000万円まで)
    テーマは「スタートアップ」

    イメージ

    オープンロジに見積依頼

    電話問い合わせ先なし

    小ロットからOK、スタートアップの通販オーナーへ!

    • シンプルな料金体系
    • 徹底的に画一化された流通加工
    • 商品1点から物流業務のアウトソーシングが可能で、入出庫依頼などがWeb上で行える
  2. 浜松委托運送

    ミドルステージの事業者向け
    (年商4,000万~10億)
    テーマは「コストコントロール」

    イメージ

    浜松委托運送に見積依頼

    電話で物流コスト圧縮を相談する

    東京・大阪2大消費地の中心、保管・配送コストを圧縮!

    • 自社で除湿倉庫、冷蔵倉庫、保税倉庫なども完備
    • 顧客ごとに臨機応変な流通加工
    • 誤出荷率をサイトに掲示(平均40PPM)
  3. 日立物流

    レイターステージの事業者向け
    (年商10億以上)
    テーマは「知名度と実績」

    イメージ

    日立物流に見積依頼

    電話での問い合わせは個人情報保護に同意後

    3PL(サードパーティロジスティクス)の先駆者、上場企業の安心感!

    • 国内外800の拠点数で配送センターの新設にも対応
    • コンベア搬送、リレーピッキング
    • 包装設計をはじめとしたCSR、環境への取り組み

オープンロジ

イメージ

スタートアップに優しい

引用元HP:株式会社オープンロジ公式HP
https://www.openlogi.com/

特徴

小ロットからOK、スタートアップの通販オーナーへ!

日々の物流業務がオンライン上で完結。いつでもどこでもWeb上で出荷作業や在庫確認などの業務が行えます。

商品1つからという超小ロットでの利用が可能で、スタートアップの通販オーナーにぜひおすすめ。段ボールの大きさ・重さと保管日数や距離によるシンプルな料金体系で分かりやすいのがうれしいポイントです。

「OPENLOGI API」を使えば、自社システムとの連携はもちろん、他社サービスとの連携も可能となります。

スペック

オープンロジの公式サイト


会社概要

【会社名】 株式会社オープンロジ
【創業】 2013年12月25日
【所在地】

本社:東京都豊島区東池袋1‐34‐5いちご東池袋ビル9F


浜松委托運送

イメージ

コストコントロールを重視

引用元HP:浜松委托運送株式会社公式HP
https://www.itaku-unso.co.jp/

特徴

東京・大阪2大消費地の中心、保管・配送コストを圧縮!

静岡に拠点を持つ浜松委托運送。この立地的メリットを生かし、地代の削減と、関東・関西・中部圏での配送で統一した低価格&安定納期を実現しています。

冷蔵・冷凍・低温・除湿倉庫を完備し、それぞれの商品にとって最適な倉庫環境を用意。保税倉庫もあり、海外輸入品のワンストップ物流も可能。

また、誤出荷ゼロを掲げ、誤出荷率を公表しています。(堤流通センター:出荷件数約45万件のうち誤出荷18件/約40PPM ※期間:2018年1月~2018年6月)

即日発送や後払いなどの魅力的なサービスもポイントです。

スペック

浜松委托運送の公式サイト


会社概要

【会社名】 浜松委托運送株式会社
【創業】 明治31年11月1日
【所在地】
  • 本社:静岡県浜松市中区中央3‐9‐3UNビル5F
  • 西浜松駅事業所:静岡県浜松市中区森田町306‐2
  • つつみ流通センター:静岡県浜松市南区堤町904‐1

日立物流

イメージ

上場企業の知名度と実績

引用元HP:株式会社日立物流公式HP
http://www.hitachi-transportsystem.com/jp/

特徴

3PL(サードパーティロジスティクス)の先駆者、上場企業の安心感!

「システム物流」とも呼ばれる3PL。日立製作所のグループ企業でもある日立物流はその先駆者です。

生産、調達から販売、流通、アフターサービスまで、各利用者のサプライチェーンのさまざまなステージにおける物流業務を包括的にサポート。

「アディダスジャパン」の物流・倉庫業務を一手に担うことに代表される、大型店舗や企業向け物流事業に強みを持っています。

さらに、国際物流で各地の物流拠点と輸配送網にフォワーディング機能を取り入れるなど、利用者のグローバル展開をバックアップする「国際型3PL運営モデル」も構築可能です。

スペック

日立物流の公式サイト


会社概要

【会社名】 株式会社日立物流
【創業】 1950年2月
【所在地】

本社:東京都中央区京橋2‐9‐2日立物流ビル

中央株式会社

イメージ

さまざまなニーズに応える

引用元HP:中央株式会社公式HP
https://www.openlogi.com/

特徴

物流におけるソリューションに強い

フレキシブルな対応にも優れているため、多岐にわたる問題の解決と仕事の内容から作業量、倉庫スペースなどさまざまなニーズに応えてくれます。

スペック

中央株式会社の公式サイト


会社概要

【会社名】 中央株式会社
【創業】 昭和23年12月4日
【所在地】

本社:東京都墨田区東向島4-1-5

川口営業所:埼玉県川口市江戸3-3-12 他

フリーセル

イメージ

さまざまなニーズに応える

引用元HP:フリーセル公式HP
https://www.openlogi.com/

特徴

圧倒的なスピードと品質管理

大阪を拠点とし、ミスが限りなくゼロに近くなるバーコードシステムをはじめ、圧倒的なスピードと品質管理を徹底している物流倉庫業者です。

スペック

株式会社フリーセルの公式サイト


会社概要

【会社名】 株式会社フリーセル
【創業】 2004年(平成16年)11月
【所在地】

本社:大阪府東大阪市加納5丁目15-21

東大阪第2営業所:大阪府東大阪市加納5丁目15-2 他

物流倉庫・発送代行業者の選定にみるべきポイント

業務の効率化やコストダウンを図るために欠かせない、物流・発送のアウトソージング。ただ、委託できる業務範囲やサービスの詳細、倉庫のスペックなどは、業者によってさまざまです。

以下では、物流倉庫・発送代行業者を選ぶ際にチェックしたい重要ポイントをまとめてみました。ぜひ業者選びの参考にしてください!

流通の利便性

高速道路など、主要道路からのアクセスが良いかは必ずチェック!立地によっては、集荷時間が早い時間になってしまうケースなどもあります。

また、航空便や海運を利用する場合は、港に近い立地のほうが良いでしょう。運送リードタイムの短縮を図れます。

さらに、地代や発送コストなどの費用面を考えたときにも、立地は非常に重要。関東圏と地方では、その差は明らかです。

保管方法

長期にわたり商品の品質を保つためには、その商品に適した環境で保管することが重要になります。そのため、業者が保有している倉庫の種類は、要チェックポイント!倉庫の種類は主に以下の4つに分けられます。

  • 常温(多くの倉庫で対応)
  • 定温(多くの倉庫で対応)
  • 冷蔵(専用設備が必要)
  • 冷凍(専用設備が必要)

さらに冷蔵・冷凍倉庫は、温度によってC3級(10℃以下)~F4級(-50℃以下)まで7段階に分けられます。

自社で扱っている商品を保管するのに適した倉庫が完備されているか、必ず確認しておきましょう!

在庫管理

在庫管理の方法は、業者によって違いが出るポイント

入庫後に、どのような流れで棚に入れられるのか?商品はどのように積まれているか?きちんと整理・整頓されているか?ピッキング作業はどのように行われているか?など、入庫~出庫・配送までのオペレーションについてはしっかり確認しておきましょう。

取り扱い商品特有の免許

扱う商品の種類や作業内容によっては、業者側に免許が必要になる場合もあります。

たとえば化粧品・医薬品類において、製造過程と判断される業務を委託する場合には、その商品に対応した製造業許可が必要です。

自社で扱う商品・委託業務に対応した免許を持っているか、必ず確認しましょう。

料金体系

通販物流会社のサービスは多種多様にあり、その項目の詳細や、金額設定は業者によってさまざまです。また、料金表示の統一されたルールがあるわけでもないため、比較検討しにくいのが実情です。

そこで重要なのが、各社の見積もりを比較するには、1出荷あたりの費用に割り戻すことです。例をあげると、ある一定期間にかかるトータルの物流費用を、その期間での総出荷数で割れば1出荷あたりの費用を算出することができます。

あらかじめしっかり確認しておくことが重要です。

価格差や相場の把握のために、相見積もりをとるのもおすすめです。

物流倉庫サービスの料金相場は?

物流倉庫業者の料金は「保管費用」「梱包費用」「発送費用(配送費用)」のように細かな項目に分けられているのが一般的です。料金には固定費と変動費があり、変動費は出荷の数量などで変化します。

以下に、それぞれの項目について、相場を出してみました!

また、昨今のEC市場の隆盛にともなって宅配の発送料金は非常に高くなってきています。見積もりの内容に不明点がある場合は、しっかりと確認しましょう。

保管費用(固定費)

【東京】5,000~9,000円(※都内でも地域によって相場が大幅に変わる)

【神奈川・埼玉・千葉】4,000~5,000円

【茨城・栃木】3,500~4,500円

【静岡】3,000~4,000円

※冷凍・冷蔵倉庫の場合はこれより高くなります。

入庫費用(変動費)

【ケース入庫】1ケースあたり30~100円

【ピース入庫】1ピースあたり10~30円

梱包費用(変動費)

1件100円~

※ピッキング、梱包作業、納品書・送り状の印字・封入等を合わせた金額(その他ラッピングを行う場合は別途150円~)

発送費用(変動費)

【60サイズ】440円~

【120サイズ超】580円~

あくまでも目安(平均値)となりますが、物流倉庫業者の料金をチェックする際の参考にしてみてください。

いくつかの業者で相見積もりをとって、料金の妥当性を検証し、より数字が良いところとお付き合いすることをおすすめします!

物流倉庫サービスの料金について詳しくチェックする

荷主が物流で特に注目しているKPIとは?

#

流通の利便性や保管方法、料金など、物流倉庫業者選びの際にチェックすべきポイントはいくつかありますが、以下の2つの指標にはぜひ注目してください。

#

誤出荷率

お客様への配送における誤出荷がどれくらい発生しているか?をみる指標です。誤出荷には、誤数(商品個数の間違い)、誤品(商品自体の間違い)、誤発送(送り先の間違い)などがあります。

誤出荷率を数字で確認できるのが一番安心ですが、情報が得られない場合は、何か具体的に誤出荷率を抑えるための対策をとっているか?という点をぜひチェックしてみましょう。

ちなみに、誤出荷率の中央値は23ppm、平均値は94ppmというデータがあります。(日本ロジスティクスシステム協会「ロジスティクスKPIとベンチマーキング調査報告書2014」より)


棚卸差異率

名前のとおり、棚卸差異がどれぐらい発生しているか?をみる指標です。

棚卸差異率は、その物流倉庫業者の在庫管理能力を測る1つの基準になるでしょう。

データとしては、中央値:0.065%、平均値:0.48%という調査結果が出ています。(日本ロジスティクスシステム協会「ロジスティクスKPIとベンチマーキング調査報告書2014」より)


おそらくこれらの数値はほぼすべての物流倉庫業者がサイトなどで公開していないと思います。見積もりを依頼しても開示してくれるかわかりません。逆に公開している業者は非常に公明正大だと言えます。


PDF:「ロジスティクスKPIとベンチマーキング調査報告書2014」(2014),公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 JILS総合研究所

物流倉庫・発送代行業者一覧

当サイトでは、上で特徴から厳選した3社以外にも、16社の物流倉庫業者をリサーチしています。ここでは各社の簡単な特徴をまとめてみたので、気になる業者があればぜひ詳細ページをチェックしてみてください。

ECファクトリー

アパレル商材に関するノウハウの多さが強み。500ブランド以上のネット通販用データを扱ってきた豊富な実績を持っています。

イー・ロジット

365日対応で、当日出荷も可能。システムエンジニアが在籍しており、システマチックな運用設計を実現しています。

オープンロジ

シンプルな料金体系と、スタートアップや小規模事業者に強みを持ち、作業はすべてクラウド画面から操作が可能です。

共栄物流サービス(EC物流ドットコム)

2,742社との取引実績あり!豊富な過去データを踏まえた最適な提案を行ってもらえます。

クラウドロジ(スタークス)旧リピロジ

発送代行をクラウド化することで、コスト削減&高品質を同時実現。独自システム(WMS)があり、オンライン上で全業務を完結できます。

サイテキ

EC事業者でもあるため、物流会社にはできない改善の提案も可能。自社倉庫ではない(間借り)強みも謳っています。

Scroll360

通販物流30年の豊富な実績が強み。単品~数千アイテム、数万オーダーまでさまざまな出荷希望に対応してくれます。

清長(LogiMoPro)

コスト負担が少なく、小規模事業者でも気軽にスタートが可能。大手のクラウド受注管理システムと連携できるのもポイントです。

ダイワコーポレーション

独自開発の情報システム技術で商品をしっかり管理。通販代行・EC通販物流専門の「EC‐CREATOR」を展開しています。

野口倉庫

卸業務・通販業務の同時受託が可能。通販事業者専用の物流センターを持っており、効率的な出荷体制を整えているのもポイントです。

ハセガワロジスティクス

音楽分野や、広告代理店の商品サンプル・POP等が得意。簡単な料金設定の分かりやすいパックも魅力です。

浜松委托運送

浜松という立地条件を活かし、細かい流通加工や出荷波動に強く、コストパフォーマンスの高いサービスが魅力です。

ブランジスタ物流

安心の担当制で物流をしっかりサポート。冷凍・冷蔵商品にも対応しています。

ヤフーロジスティクス

保管は1商品・1個~でもOK。気軽に始められるのが魅力です。各種EC支援ツールとの連携できるのもポイント!

SBSロジコム

保管や流通加工、梱包、発送まで物流業務をワンストップで委託可能。幅広い事業者に対応するパッケージ型サービスも魅力です。

山九

他にはない珍しいビジネスモデルでトータル的なサポートを実現。世界をつなぐグローバルなネットワークも魅力です。

TBS

120種のダンボールを常備した4,000坪を超えるスペースで商品管理を実施。倉庫内スタジオで写真撮影も可能です。

日立物流

3PLの先駆者で、創業60年以上のノウハウとグローバルネットワークを駆使した、ワンストップ物流サービスが売りです。

三井物産グローバルロジスティクス

物流企業として半世紀以上の歴史あり。その専門性や商社系の強みを生かし、ロジスティクス+αの付加価値を提供しています。

中央株式会社

物流におけるソリューションに強いだけでなく、フレキシブルな対応にも優れているため、多岐にわたる問題の解決と仕事の内容から作業量、倉庫スペースなどさまざまなニーズに応えてくれます。

フリーセル

大阪を拠点とし、ミスが限りなくゼロに近くなるバーコードシステムをはじめ、圧倒的なスピードと品質管理を徹底している物流倉庫業者です。

【目的別】通販物流倉庫の選び方

よりニーズに合った物流倉庫サービスを選ぶには、自社の業務内容や扱う商品・荷物の種類などを考慮することが重要!

ここでは、EC・通販事業者向け、卸・メーカー企業向けの物流倉庫をそれぞれ紹介。選び方のポイントなどを解説します。さらに、アパレルや食品など商品・荷物別の物流倉庫についても解説していきます!

#

委託したい荷物から選ぶ

アパレルや食品、化粧品類、書籍、家具など扱う商品・荷物別に、物流倉庫サービスの選び方のポイントを解説。おすすめの業者も厳選紹介しています!

商品の種類別に物流倉庫サー
ビスを選ぶ
#

EC・通販物流サービス

EC・通販向けの物流倉庫サービスには、具体的にどのような業務を委託できるのでしょうか?業者選びの際のポイントなどもまとめています!

EC・通販物流サー
ビスを詳しく見る
デスクの写真

BtoB向けサービス

卸やメーカー企業向けの物流倉庫サービスでは、具体的にどのような業務を行ってくれるのでしょうか?業者選びの際のポイントも分かりやすくまとめています!

BtoB向けのサービ
スを詳しく見る

物流倉庫に委託できる業務とメリット

EC・通販事業者が物流倉庫サービスに委託できる、具体的な業務を紹介。

また、委託することで、どのようなメリットが得られるのかも詳しく解説しています。

物流倉庫に委託可能な業務&メリットを詳しく見る