物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » エリアから探す物流情報一覧 » 東北地方の物流事情 » 宮城の物流事情

宮城の物流事情

宮城県の物流事情

宮城県で会社・倉庫が多く位置する場所

宮城県の中でも物流業者が多いエリアは仙台市です。

仙台市は東北地方の中でも大きい都市。物流はもちろんですが、商業的規模も大きく、東北に支店や営業所を構える場合の候補地として仙台が選ばれるので、人の流れが多いです。人が多いと物も集まるため、物流ニーズも高まります。

物流面から見ても、仙台市は東北自動車道と常磐自動車道が交わるポイントで要所だと言えます。

関東の二方面から仙台市にアクセス可能ですが、つまり仙台市からは二つのルートで関東へのアクセスが可能です。

また山形方面、北東北、沿岸部の交通の要衝となっていることから、物流業者が多いです。

他には気仙沼市や石巻市も物流業者が多い地域です。

宮城県にある道路・交通情報

宮城県の中でもやはり仙台市が交通量が多いです。宮城県はおろか、東北地方の主役でもある仙台市は人も多いですし、物流ニーズも多いので交通量が多いです。

都市計画の一環として、仙台市の中心部には交通道路が入り込んでいないようになっています。しかし仙台市の中でも物流業者が多い苔竹IC付近は国道4号線、45号線と交差することもあり、仙台市の中でも比較的交通量が多いです。

また、仙台市は観光需要もあるので、市内は基本的に中心地に向かえば向かうほど交通量が多く、渋滞リスクが高いです。

宮城県にある物流会社・物流倉庫

仙台冷藏倉庫

仙台港の近くに3つの倉庫を構えている倉庫です。

仙台市を物流拠点に据え、人や情報、設備を最大限に活かすことでお客へのニーズにあった物流サービスの提供と提案を実践している業者です。

また、食品の取り扱いが重たるものなので安全と安心に対しての意識も高いです。

港に近い冷蔵倉庫を探している企業、安全の意識の高い倉庫を探している企業に向いています。

所在地 宮城県仙台市太白区八本松2-2-15
電話番号 022-254-1231
URL http://www.sendai-reizo-souko.co.jp/

國際物流

ドライバー教育に力を入れている企業です。安心・安全の輸送クオリティを保ったまま、約束した期日・場所に荷物を届けるという基本的な点を厳守することにこだわりを持つ業者です。

ワゴン車や2t車といったフットワークの軽い物から4tトラックやユニック、大型トラックを保有しています。

対応の良い運送業者を探している企業に向いています。

所在地 宮城県仙台市太白区茂庭坂ノ下29-4
電話番号 022-281-5931
URL http://www.kokusaikanko.jp/logistics/

丸山運送

保税蔵置や外貨保管、機密文書保管にも対応している倉庫を保有している運送業者です。

国内だけではなく、輸出入にも対応。

国内に関しては精密機器・医療機器輸送や混載定期便を行うなど、幅広い輸送・物流事業を手掛けている業者です。

輸出入を考えている企業、精密機器の輸送を依頼したい企業、医療機器の輸送を依頼したい企業に向いています。

所在地 宮城県仙台市宮城野区港4-1-2
電話番号 022-258-0665
URL https://www.the080.co.jp/

白石倉庫

宮城県だけで15拠点を構えている物流業者です。

国内輸送だけではなく、グローバル物流にも力を入れています。

普通倉庫、定温倉庫、定温倉庫から空調・除湿倉庫、賃貸倉庫、保税蔵置場、検疫燻蒸倉庫など様々な倉庫を保有しています。

様々な種類の倉庫を探している企業、流通加工も可能な倉庫を探している企業、宮城県に広く展開したいと考えている企業に向いています。

所在地 宮城県白石市福岡深谷字佐久来5-32
電話番号 0224-25-5355
URL https://www.shiroishi.co.jp/

東邦運輸倉庫

「物流のコンビニ」を掲げているように、多種多様な事業を展開しています。

共同配送から建築資材配送、国際物流や保管、マルチモーダルシフトやアウトソーシングなどを手掛けていますので、物流に関する幅広いニーズに対応できる業者です。

物流に関して相談したい企業、幅広く対応できる物流業者を探している企業に向いています。

所在地 宮城県仙台市宮城野区日の出町3-4-21
電話番号 022-284-2141
URL https://www.toho-twc.co.jp/

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー