物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » 業界別物流事情 » 飲料・酒類の物流

飲料・酒類の物流

飲料・酒類に適した物流倉庫サービスについて解説します。

飲料・酒類業界の物流課題

飲料業界では、季節によって需要が異なり、特に夏場の需要が高まる業界。一般的な物流業界の繁忙期と微妙に忙しい時期が異なります。

寒い季節よりも暑い季節に飲料水ニーズが高まりますが、夏場はお中元シーズンと重なることから、物流業界全体で繁忙期です。そのため、予め忙しい時期のことを見据えた環境づくりが求められます。

場合によっては、飲料水を運ぶトラックが見つからず、売上を低下させてしまう恐れもあります。

飲料・酒類業界の物流をアウトソーシングした方が良い理由

物流業界全体で人手不足が顕著である点に加え、飲料業界の繁忙期がお中元シーズンと重なることから、忙しい時期の人手確保がより困難です。

求人広告を出すにせよ費用がかかりますが、人手が欲しいのはあくまでも忙しい時期だけであって、平時はさほど必要としていない所も多いです。

これらを踏まえると、必要な時だけ求人広告を出すことなく、人手の確保が可能なアウトソーシングを頼った方が、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

飲料・酒類の物流に必要な要件

飲料・酒類

まずは温度管理が必須条件として求められるでしょう。

種類にもよりますが、たとえば乳製品を保管するなら「冷蔵」の倉庫が必要です。他、ワインなどであれば定温が、清涼飲料水などであれば常温倉庫が必要だと言えるでしょう。

委託を検討している物流倉庫が、自社で扱っている商品に適した温度管理体制を整えているか、必ずチェックしてください。

また、賞味期限の管理方法も業者により違うため、確認したほうが良いでしょう。

ワインなど輸入品

また、輸入ワインなど輸入品を扱う場合には「保税倉庫」があるかどうかもチェックすべきポイント。保税倉庫は、保管品に対して行き届いた配慮と厳重警備が保証され、関税面でも恩恵を受けられる倉庫です。そこで乙仲(おつなか)業者と呼ばれる港湾の物流倉庫でなく、流通加工も行える発送代行業者は強みを持っています。

飲料・酒類の梱包・物流現場に求められること

飲料業界の梱包・現場に求められるのは丁重な扱いです。

例えば飲料水において、破損はすなわち損失です。破損して漏れてしまった飲料水をお客に届けることはできません。代替品を手配しなければならないので予算がかかります。

また、飲料水は重量があります。そのため、現場での運搬方法も重要です。パレットやボックスのない現場では、飲料水の仕分けが大きな負担となりかねません。重い飲料水を丁重かつスピーディーに仕分け・運搬できる環境の構築が求められます。

他にもトラックのスペックも確認したほうが良いでしょう。

サスペンションが搭載されているトラック等、商品が破損しない工夫のある運搬方法を用いることで、機会損失を減らせます。

飲料・酒類業界における物流会社選びのポイントまとめ

飲料を任せる業者としては、温度管理を中心とした物流倉庫の設備に加え、重量物の運搬にも耐え得る車両を保有している点も求められます。

もしもですが、飲料水のような重量物の仕分けに耐えられる環境が用意されていない倉庫の場合、仕分け作業に多大な時間がかかります。

重い物ではあっても他の荷物同様、スムーズな仕分けを行える環境が整えられている運送会社を選ぶことで、重量物である飲料水の物流もスムーズなものになるでしょう。

飲料・酒類業界の特徴

飲料業界は新商品が多数出る一方で、売上によって物流量が異なりますので、物流量が見えにくい部分もあります。

売上が増えれば物流も増えますし、売上が減ると物流も減ります。つまり、用意した物流環境を、必ずしも使用するとは限らない、見通しを立てにくい業界です。

一方で、夏場には飲料水の需要が高まることから、物流量が基本的に増えます。

このように、シーズンによって事情が異なる業界なだけに、物流環境の構築の難易度が高めです。

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー