物流パートナーが見つかる ブツレボ

物流パートナーが見つかる!|ブツレボ » 物流の管理 » 物流の効率化

物流の効率化

物流工程を効率化する方法

物流に携わる人であれば、誰もができるだけ安全に、リードタイムを短く、お客様のもとに商品をお届けしたいと考えています。そのため長年にわたっていろいろな技術革新が行われ、物流は日々進化しています。

デジタルピッキングシステムでミスからの二度手間を防ぐ

例えば正確にミスすることなく効率的にピッキングするための工夫として、「デジタルピッキングシステム」を導入している物流倉庫があります。

「デジタルピッキングシステム」とは、棚に小さな表示モニターが取り付けられており、ピッキングするべき商品名や数量を作業スタッフに伝える装置です。

自動仕分けで作業時間を短縮

また、輸送するエリアや店舗別に品物を分別する仕分け作業も効率化されています。

以前は店舗名の書かれたダンボール箱の中に商品を手作業で積み込んでいましたが、最近ではソーターと呼ばれる機械を使った自動仕分けが多くの倉庫で導入されています。

ソーターにはバーコードを読み取るカメラが装備され、ものすごい速さで荷物が振り分けられていきます。

倉庫のレイアウト設計システムで働きやすさを追求

効率的に作業をするための倉庫レイアウトを設計するシステムもあります。

このシステムは、倉庫内に保管されている商品の種類や、体積、重量、ピッキングされる頻度などのデータをもとに、どこにどの商品をどれだけ置くのが最適なのかを計算してくれます。

そしてその計算結果をもとに倉庫内部のレイアウトを設計してくれるのです。

倉庫管理システムで工数削減

さらに、倉庫内業務向けの情報管理には、倉庫管理システム(Warehouse Management System、WMS)があります。

WMSはバーコード読み取り機を使って、ロケーション管理、在庫管理、ピッキング、検品、出荷などの倉庫内での作業をリアルタイムで見える化します。

さらにWMSには従来はバックオフィス機能であった、納品書や帳票の作成も同時に行う機能があります。これによって管理部門の人件費の削減やプロセスの工数削減にもつながります。

【業界別解説】物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方

各業界の特徴や潮流、おさえておくべき要件などを説明したうえで、物流アウトソーシング会社・3PL企業の選び方を解説。
コスト削減&付加価値創造を実現できる物流パートナーを見つけましょう。

物流倉庫おすすめバナー